スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ビューティー 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


センターポイント マッサージ&スパ(サイアムスクエア3支店)

Center Point Massage & Spa Siam Square3 Brunch

閉店・移転、情報の修正などの報告

  • センターポイント サイアムスクエア スプリングプロモーション

    パッケージ スパ1、スパ4、スパ5を通常価格から25%オフ!
    スパ1 4,500baht⇒3,375baht
    スパ4 4,200baht⇒3,150baht
    スパ5 4,600baht⇒3,450baht
    その他のパッケージメニューは20%オフ
    ~2017年5月31日まで

  • ★スパとの契約によりナビの予約確認書をご持参されない場合、ディスカウントは出来ませんのでご注意下さい。

タイの若者文化の中心地「サイアムスクエア」内にある本格的スパ BTSサイアム駅から徒歩3分の好立地 センターポイント マッサージ&スパ(サイアムスクエア3支店) 

サワディカー バンコクナビです。 突然ですがシティスパと言うと何を連想されますか?
そのまま日本語に直せば「街スパ」、要は街中にあるスパですよね、ではこれの反対と言うとホテルスパになるのでしょうか。 では街スパとホテルスパの違いは?と訊かれて回答出来る方、いらっしゃいますか? 実は「税金」の面で大きな違いがあります。一般的にホテルスパの場合、料金表示方法が○○baht++と言う記載になります。++の意味は税金とサービスチャージを表し、税金は消費税7%、サービスチャージは10%になります。つまりメニューの料金が1,000baht++の場合、実際に払うのは1,000baht+100baht(サービスチャージ)の合計に7%の消費税が掛かって1,177bahtになってしまいます。この違い、結構大きいと思いませんか? これに対し街スパは消費税込みでの料金表示になっている上、サービスチャージは“チップ”という形になります。少なくともチップに税金が掛からない分だけは確実に街スパの方がお得ということになります。今回なんでこんな話をしたかと言うと今まで安心して行ける街スパをご紹介できていなかったエリアがあるからです。

タイ・バンコクの中心 サイアムエリア、サイアムパラゴンやマーブンクロン、サイアムスクエアなどを総じてこの呼び方をするのですが、このエリア、今まではホテルスパしか紹介できていませんでした。
今日ご紹介するのはバンコクで4店舗、シーロムスクンビットにも同じ名前の店舗を開いている系列店ですが既存店の口コミを見ても「リピ確実」とか「リピ希望」などと書かれているとても評判の良いお店、「センターポイント マッサージ&スパ サイアムスクエア3支店」です。

最初に注意

その前に唯一の欠点を先に述べておくことにしました、最後まで読んだ方が「なぁ~んだ」とならないようにするためです。実はこちらのサイアムスクエア3支店、トリートメントルームにはシャワーブースしかありません。スパ天国のバンコク、真っ赤な花びらが白いお湯に浮かんだバスタブに肩まで漬かるイメージを持たれている方、「外が暑くても構わないっ、絶対にバスタブに入りた~いっ!」という方、残念ですが不可能です。建物によっては水道の配管だったり床の重量制限だったりと色々な理由があるようですが、兎に角こちらのお店のトリートメントルームはシャワーのみ! ご了解頂ける方のみ、続きを読んで下さいね。

スパの場所

“タイの若者文化の発祥地”、“タイの流行の発信地”などと言った形容句が決まって付けられるサイアムスクエアはサイアムパラゴンの向かいからマーブンクロンの手前まで約300メートルの幅と150メートルほどの奥行きを持つ長方形の土地ですが、この場所はタイの東大と呼ばれるチュラロンコーン大学の所有地であり、昼間は同大学の学生で賑わい、夕方から夜になると若者が続々と集まってくる原宿のような街です。ブティックやレストラン、ブランドショップなどが連なり、最近では新たに建てられた「サイアムスクエアワン」というショッピングモールも中央に位置しています。街の中は碁盤の目ではありませんが中央を東西に貫く一本の道と南北に走る数本の道で構成されていて、それぞれの道に番号が振られています。センターポイント マッサージ&スパ サイアムスクエア3支店はその名の通り、3番路に面しています。BTSのサイアム駅から徒歩3分ほど、詳しい行き方は写真で紹介します。
BTSサイアム駅4番出口 4番出口は改札フロア中央にあります

BTSサイアム駅4番出口 4番出口は改札フロア中央にあります

4番出口向かって右方向の階段を降りてください

4番出口向かって右方向の階段を降りてください

階段を降りて50メートルほど先に「3」の路地があります 目印はワトソン

階段を降りて50メートルほど先に「3」の路地があります 目印はワトソン

曲がってから40メートル先左手 間口は小さいお店です

曲がってから40メートル先左手 間口は小さいお店です

深夜まで

このように昼夜を問わず賑わう街、当然ながら夜も長いのですが嬉しいことに営業時間に関しては他の支店同様、オープンは朝10時ですが終了時間は規定がなく、「ラストチェックイン22時30分」となっています。これは22時30分までにチェックインすれば2時間のメニューでも3時間のメニューでも受けられるという意味、従って夕食の直後の施術は身体に悪いので、少し時間が経ってからという方、普通のお店では閉店時間を過ぎてしまいますが、センターポイント マッサージならば深夜になってもサービスを受けることが出来るということになります。

アロマオイルとスクラブ

1階の受付 店内ではスリッパに履き替えて頂きます

1階の受付 店内ではスリッパに履き替えて頂きます

1階の受付でチェックインの手続きを済ませた後、使用するアロマオイルとスクラブをお選び頂くことになります。
アロマオイルは6種類、「Energizing」、「Lavendar」、「Lemon」、「Naomi」、「Balancing」、「Relax」
スクラブは4種類で「Greentea」、「Almond」、「Nani」、「Jasmine Rice」といったラインアップ。
どれも香りは控え目でナチュラルなものでした。お店側の説明では香料が多いと肌に負担が掛かるため、極力香料の含まれていないものをチョイスしていて、お肌が弱い方でも安心して使用頂けるとのこと、香りが良ければいいというものではない事を改めて認識させられてしまいました。
アロマオイルは5種類

アロマオイルは5種類

スクラブは4種類

スクラブは4種類

店内へどうぞ

店内へどうぞ

1階正面奥のオブジェ

1階正面奥のオブジェ

トリートメントルーム

トリートメントルームの内訳は2名様一緒に施術受けられるカップルルームが2部屋、セラピストとマンツーマンになるシングルルームが4部屋という内訳です。ナビで予約出来るのはパッケージメニューのみ、従ってナビのお客様は全てこのトリートメントルームをご利用頂くことになります。
トリートメントルームは広いお部屋ではありませんが、逆にこじんまりしている分、落ち着き感があります。また鍵の掛かる引き出しが全室に装備されていることもあり、施術中の気持ち良さから眠りこんでしまっても安心、ゴージャスでも豪華でもないCITY SPAながら前述したように評判の良さが伺える装備です。


ツイントリートメントルーム
カップルルーム

カップルルーム

シャワーブースは完全シースルー

シャワーブースは完全シースルー

枕部分

枕部分

うつ伏せでも呼吸が楽なドーナツ枕

うつ伏せでも呼吸が楽なドーナツ枕

シャンプー、コンディショナー、ボディソープが備え付け

シャンプー、コンディショナー、ボディソープが備え付け

ロッカーと鏡台

ロッカーと鏡台

ヘアードライヤーは全室にあります

ヘアードライヤーは全室にあります

引き出しは鍵付き

引き出しは鍵付き


一人用トリートメントルーム
シングルルーム

シングルルーム

真横にシャワーブース

真横にシャワーブース

シャワーブースは結構広いです

シャワーブースは結構広いです

シャワーブースの脇に鏡台スペース

シャワーブースの脇に鏡台スペース

こちらはオレンジ色の配色 

こちらはオレンジ色の配色 

全室内装は異なります

全室内装は異なります


フェイシャル専用ルーム(2人用)
パッケージメニューにファイシャルが含まれている場合、こちらの部屋に移動する場合もあります

パッケージメニューにファイシャルが含まれている場合、こちらの部屋に移動する場合もあります

日焼けは早く対処するのが一番だそうです

日焼けは早く対処するのが一番だそうです

写真はお店に提供頂きました

写真はお店に提供頂きました


タイ古式マッサージやフットマッサージは予約不可ですがウォークインならば施術可能だそうです。
フットマッサージルーム(2人用)
2名様用のフットマッサージ室 窓はありません

2名様用のフットマッサージ室 窓はありません

間違い無く寝ますね

間違い無く寝ますね


フットマッサージルーム(6人用)
写真には写っていない部分もありますが6人用のお部屋

写真には写っていない部分もありますが6人用のお部屋

間に衝立があるのは嬉しいですね

間に衝立があるのは嬉しいですね

鍵の掛かる引き出し

鍵の掛かる引き出し


タイ古式マッサージルーム(6人用)
6名様まで一緒に受けられるタイマッサージルーム

6名様まで一緒に受けられるタイマッサージルーム

やっぱり街のマッサージ店とは雰囲気が違います

やっぱり街のマッサージ店とは雰囲気が違います

写真はお店に提供頂きました

写真はお店に提供頂きました


場所柄、時間前に早く着きすぎた人でもお茶やスイーツを食べながら時間を待つこともできるし、ウィンドウショッピングで時間を潰すのも良し、また終了時刻が遅めになっても 人が多く治安が良い場所なので、安心してご利用頂けるスパです。タイの若者ウォッチングも楽しめるサイアムスクエア内にあるセンターポイント マッサージ&スパ、ご予約 お待ちしています。以上バンコクナビでした。


記事登録日:2016-11-17

ページTOPへ▲

主なメニュー

メニュー 所要時間 価格
スパ1 150分 4,500 (バーツ) → 3,375 (バーツ)
スパ2 210分 5,000 (バーツ) → 4,000 (バーツ)
スパ3 210分 5,500 (バーツ) → 4,400 (バーツ)
スパ4 150分 4,200 (バーツ) → 4,200 (バーツ)
スパ5 150分 4,600 (バーツ) → 3,450 (バーツ)
関連タグ: サイアムスクエア

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-11-17

利用日
女性 男性