スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

コミュニティ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

トンブリの寺院、ワット・クンチャン、ワット・パークナムを訪ねる

旅行の時期 2017年09月

View111

photo
週末にトンブリ地区のワット・クンチャン、ワット・パークナム寺院を参拝、訪問しました。掲示板情報に簡単な報告を投稿していますので、そちらも参考にしてください。
BTSウタカート駅で下車。
photo
BTS駅下の運河に架かる橋。運河はワット・クンチャンとワット・パークナムまで続いています。運河の東の小径を北へ進みます。
photo
あみだくじのような小径を道なりに行くと右手に中国系の廟がありました。
最後に突き当たったら左へ進むと歩道のある通りに出ます。
photo
違うソイへ入ったら運河で行き止まりでしたが、軒先で洗い物をしていたお母さんが教えてくれました。ソイ28を入るとすぐワット・クンチャン寺院です。
トウモロコシ型の仏塔(プラーン)の後ろにはワット・パークナムの白い仏塔も見えています。
photo
境内へ入ると右手にビルマ風の白い寝釈迦仏、でも寝ていないじゃん。
白い御身体を起こして、涅槃というより艶めかしい。
photo
一角に水晶宮という建物。
photo
なにやら真剣に占ってもらう僧がいました。
photo
ミャンマーシャン州風の伽藍の動物像に注意が向きました。
photo
貢納されたらしい女神(メートラニー)像と動物像が楽しく興趣が感じられます。
photo
寺院の破風には赤い鳥人クートに乗って剣を持った神像。
photo
白い大仏にはピッサヌロークの仏像風の後光が付いています。
photo
こちらはナーガに守られた奇妙な神像。
ナーガは通常7つの頭を持っていますが、ここのは9つ。
photo
いったん境内を出て白大仏の左手にある橋を渡ります。
photo
橋の上から振り返ると大仏の背後に運河を向いた涅槃仏。
狭くないですか。
photo
民家の軒先のような細い参道へ入ります。
取り壊された瓦礫の向こうには隣接寺院の水上経蔵が見えます。

photo
ぐるっと回りこんでワット・パークナムの白い仏塔に出会います。
photo
靴を脱いで地上階の入口から中へ入ります。
週末はエレベーターが利用できます。
まずは5階の天井画のあるホールへ。
photo
これがワット・パークナムの美しい天井画です。
緑の仏塔の中には金色の仏像。
photo
天井画の一つひとつの花の中には、それぞれの世界があるように感じます。
壮大な宇宙観を表現しているかのようです。
photo
正面に回ってもう一枚。天井画を取り巻く仏画や周囲の様子もわかりますね。
photo
正面の祭壇。
緑の仏塔の周囲に水晶の蓮花と守り神のナーガ。
photo
下の階は博物館のようになっています。
金色製品や仏具には興味が持てず、地上階へ。
地上階の民具は身近なものがあり、伝統医学の文物に興味が惹かれました。
photo
帰路は寺院の建物沿いに進み、一方通行路のタクシーの降車ポイントでソンテウに乗せてもらいました。車はいったん近くのソンテウ・ターミナルへ入り、集客中の別のソンテウに乗り換えさせてくれました。
photo
車はバス通りを通り、タラートプルー市場をぐるっと回ります。気が付いたら、タイ国鉄線のタラートプルー駅のプラットホームが見え、踏切でした。
カメラを出すのに手間取り、撮り遅れました。

ソンテウは前方は見にくいので・・・。
photo
ソンテウはBTSタラートプルー駅まで運賃7THB。
クローン・バーンルアンにも行くことができましたが、今日はここまで。
スカイトレインで帰路につきます。

記事登録日:2017-09-17

ページの管理人ろっきいさん
ろっきい photo
  • 掲示板 298件
  • コメント 1,077件
  • アルバム 1,156枚
  • 旅行記 177件
日本との行き来のゲートタウンとしてバンコクを利用しています。バンコクの町の不思議な魅力は感じますが、屋内は冷房がきつく外は暑くて汗をかきます。
空気は汚れているし、バンコクに長居は無用です。