サイニャブリ象まつり@laos

旅行の時期 2018年02月

View569

photo
ルアンパバーン・国際バス乗り場からナーン行の中型バスを利用。
排気管が高くなっていて、道路が冠水しても走れます。
photo
メコン川西岸のサイニャブリへ。所要2時間30分。
フェリーで渡っていたのは昔のこと。船着き場の跡が見えます。
photo
サイニャブリのウトムポーンホテル。
photo
サイニャブリの象まつりはたいてい2月半ばの週末に行われます。
2018年は2月17~19日の土・日・月曜日でした。
photo
川では水浴びさせていました。
photo
お客さんを乗せて一仕事した後、身体を冷やします。
photo
気持ちよかった。
photo
会場には露店の物売りがでています。
photo
各地の特産品を販売するブースもできています。
こちらはタイルー族の象の村、ビエンケオから。
photo
どこに体重を載せているのでしょう。
photo
象の親子。
photo
子象ははにかみ屋さん。
photo
お仕事。
photo
象乗り場。
photo
翌日は国際バスでルーイへ。サイニャブリ発10:20、ルーイ着17時。所要6時間40分。始発のルアンパバーンからは9時間の道のり。
この日はラオスの担当で韓国製のバス。
窓は埃っぽく清掃が行き届いていませんでした。

記事登録日:2018-02-21

ページの管理人ろっきいさん
ろっきい photo
  • 掲示板 418件
  • コメント 1,322件
  • アルバム 1,788枚
  • 旅行記 275件
日本との行き来のゲートタウンとしてバンコクを利用しています。バンコクの町の不思議な魅力は感じますが、屋内は冷房がきつく外は暑くて汗をかきます。
空気は汚れているし、バンコクに長居は無用です。