シーラチャー タイガーズー

Sriracha Tiger Zooสวนเสือศรีราชา

閉店・移転、情報の修正などの報告

虎200頭、クロコダイル10万匹!のんびりした普段の様子から手に汗握る白熱のショーまでをくまなく楽しめる動物園。

サワッディーカー!バンコクナビです。
ナビが今回ご紹介する「シーラチャー・タイガーズー」は、バンコクとパタヤの中間、シーラチャーにある動物園。ここは「タイガーズー」と名前がついていながら、トラのみならず、クロコダイルや象や他の動物たちもいて、自然に近い環境でのんびりくつろぐ様子が見られたり、かと思えばどきどき&感動のショーもあるという、盛りだくさんの動物園。普通の動物園では物足りない!というあなたにぴったりなんです。では早速、みなさんを「シーラチャー・タイガーズー」へお連れしましょう。
【入り口】
敷地を入ると、トラの人形のバックに「SRIRACHATIGER ZOO」の文字。入場料は大人350バーツ・こども200バーツです。こども料金の基準は身長制。身長140センチメートル以下の子はこども料金、100センチメートル以下のこどもは無料です。お子さん連れの場合は、トラや豚の絵が描かれたかわいい身長計でチェック!
「クロコダイル」「タイガー」「エレファント」など各ショーのスケジュールもボードで確認しましょう。
【クロコダイルBBQ】
入り口の軽食屋さんでクロコダイルのバーベキューを発見!怖いもの見たさ…ならぬ怖いもの食べたさ(本当はただの食いしん坊!)で、おそるおそる購入&試食。口に入れてすぐは牛肉の脂味のような食感だと感じましたが、ただならぬ弾力でなかなか噛み切れず、飲み込むのに苦労しました。5本100バーツは高いのやら安いのやら。
【クロコダイルBBQ】
入り口の軽食屋さんでクロコダイルのバーベキューを発見!怖いもの見たさ…ならぬ怖いもの食べたさ(本当はただの食いしん坊!)で、おそるおそる購入&試食。口に入れてすぐは牛肉の脂味のような食感だと感じましたが、ただならぬ弾力でなかなか噛み切れず、飲み込むのに苦労しました。5本100バーツは高いのやら安いのやら。

~ クロコダイル ~

【クロコダイルの池】
ではまずクロコダイルの池から。無数のクロコダイルが、水に半分つかった状態で眠っていたり、背中を太陽に向けて気持ちよさそうにひなたぼっこをしていたり。お客さんはその上に架けられた桟橋から足元のクロコダイルたちを眺めます。園内には、何と10万匹のクロコダイルがいるのだそう。これだけの数のクロコダイルを1度に目にする機会は人生でそうはないはず…とその光景を目に焼き付けようとしましたが、今夜の夢に出てくると困るので、そうそうにして切り上げました。

【クロコダイルショー】 09:00/10:30/13:00/14:00/15:00/16:00/17:00
クロコダイルのショーです。男性と女性のふたりのクロコダイル使いさんがショーを行います。まずは、水中に散らばっているクロコダイルたちを集めます。この時点でナビのひやひや度はかなり高かったのですが、次にナビの目の前で繰り広げられた光景は…!
そっと口を開けて…

そっと口を開けて…

頭が入りました!どきどき!

頭が入りました!どきどき!

「あー怖かった~!」

「あー怖かった~!」

~ タイガー ~

【タイガーショー】 11:00/13:30/15:30
次にやってきたのはタイガーショーです。トラたちの綱渡りやダンスなどが見られます。トラをまるでただの大きな猫のように意のままに操るには、相当訓練が必要なんでしょうね。網の向こうにいるとわかっていてもなんだか緊張します。
クライマックスが、トラの火の輪くぐり。ぐっと体を反らせてタイミングを計り、すっと火の輪の中に吸い込まれるように飛び込んでいく華麗なジャンプに、ナビは思わず感動!

【岩場】
大きな岩場のほら穴にトラがいっぱい!タイガーズーの主役であるトラは、ぜんぶで200匹。じゃれあったりあくびをしたりとくつろいだご様子のトラさんたち。こんなに自然な状態のトラを見られるのは珍しいです。
下にある水場では、トラたちがじゃれあって水遊びをする、ほほえましい様子が見られました。

~ 象 ~

【エレファントショー】 11:40/14:30/16:30
タイといえば象。エレファントショーへやってきました。サッカーをしたりバスケットボールをしたり、二歩足で歩いてみたり綱渡りをしたりと多才。ナビのできない逆立ちをされたときには、心の中で「参りました」宣言。大きな拍手を送りました。でも綱渡りの最中にしっぽがくるん!と丸まっているところをみると、やっぱり怖いのかなぁ?

【象のマッサージに立候補】
「誰か象と遊んでくれる人はいませんか?」との呼びかけに、冗談半分で手をあげてみると、なんと象使いさんはナビをご指名!うれしはずかしでステージへ。敷かれたシートの上に寝そべると、すかさず象が踏み踏みマッサージ。気持ちのよいはずはないものの、意外なソフトタッチでした。そのあとは、ナビの上をまたいで何往復も行ったり来たり。ひやひやするやら楽しいやら…。複雑な気持ちでしたが、よい思い出になりました。
あとで、ショーを見ていたこどもに、「あ、象のおねぇちゃんだ!」と指を指されるおまけつきです。
踏まれたくはないけどスキンシップはしたい、という場合は、ショーの後にきゅうりかバナナを1袋30バーツで買ってあげましょう。ちょうどタイの小坊主さんたちも来ていました。

【エレファントミュージアム】
隣にはエレファントミュージアム。象の等身大の人形や説明ボードがありました。
【タイガーエジュケーションセンター】
トラの赤ちゃんと一緒に写真が取れるときいて、タイガーエジュケーションセンターにやってきました。中は博物館のようになっていて、いろいろな展示物があります。

豚のおかあさんにトラの赤ちゃん、トラのお母さんにトラ柄の服を着た豚の赤ちゃん…!
あぁ頭がこんがらがってきました!
赤ちゃんタイガーを抱っこ!
1回150バーツでトラの赤ちゃんと写真を撮れます。すこし大きめの猫を想像していたナビですが、6ヶ月のトラは、“元”赤ちゃん、もう立派なトラです。とはいえまだこども、すごい勢いでミルクを飲むのに圧倒されました。
300バーツで赤ちゃんと写った写真がプリントされたTシャツが作れます。
ワニやトラに関する統計や生態の特徴がわかるパネルが展示されています。 ワニやトラに関する統計や生態の特徴がわかるパネルが展示されています。

ワニやトラに関する統計や生態の特徴がわかるパネルが展示されています。

ワニやトラに関する統計や生態の特徴がわかるパネルが展示されています。

ワニやトラに関する統計や生態の特徴がわかるパネルが展示されています。

ワニの学校でした☆

ワニの学校でした☆

【ピッグショー】
計算のできる豚くんのショーです。賢いなぁ!
【さそり女出現!】
さそりを全身に貼り付けたさそり女の出現です!毒は抜いていないんだそう!
【その他】
ワラビーやうさぎ、ポニーやラクダもいるミニミニ動物園もありました。
いかがでしたか?
狭い檻の中に閉じ込められて、動物が澱んだ目で行ったり来たりしている動物園とは違い、いきいきとした様子の動物たちが間近で見られる「シーラチャー・タイガーズー」。パタヤへのお出かけの際に立ち寄るのはもちろん、わざわざ行く価値も十分ありだと感じました。 以上バンコクナビがお送りしました。

タイガーズーのあるシーラチャーは、チョンブリー県、パタヤとバンコクの中間にあります。パタヤからは車で30分、バンコクからは2時間弱です。

記事登録日:2009-04-22

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2007-06-22

スポット更新日:2009-04-22

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供