1月のタイ・バンコク 【2011年】

1月のバンコクってどんな月?

サワッディ-ピーマイカー!!(=明けましておめでとうございます) バンコクナビです。2011年が始まり今年も一年が始まるバンコクです。正月は年末と正月を家族と過ごすために故郷に帰る人やバンコクでにぎやかな過ごす人もいて新年の喜びが鳴り止まない一ヶ月です。1月のバンコクはどんな月でしょうか?タイでの役立つ情報はもちろんのこと『1月のバンコク』は一体どんな月なのかみていきましょう!!

・1月の天気
・タイの暦
・1月のバンコクのイベント
・1月のタイ各地のイベント(バンコクを除く)
・知って得情報
・1月のおすすめスポット

1月の天気


気温 最高36.3最低17. 9℃
平均温度27.8℃
平均湿度64℃
降雨日数1回

タイの暦12月から続く涼しさそのままに過ごしやすい天気が続きます。12月は急な大雨がニ度ほどあり、天気の行方が読めないタイの天気です。念のために傘は常備していたほうがよさそうです。

◎1月の服装
朝晩の冷えで鳥肌が立つような日もあり、Tシャツだけでなく、薄いカーディガンや長袖、簡単に巻けるストールなども持ち合わせていたほうが便利。短パンばかりでなく、長ズボンも持っていくと良いでしょう

タイの暦


タイの1月は祝日のお休みがありません。下記は祝日ではありますが、休日ではありませんのでご注意を!!

1月08日 子どもの日 วันเด็ก Children’s Day

1月16日 教師の日 (ワン・クルー) วันครู Teacher’s Day

1月のバンコクのイベント


●12月31日~1月1日 Bangkok Countdown/セントラルワールド前駐車場
2010年不幸な惨事に巻き込まれたバンコクの大型ショッピングセンター・セントラルワールドで、毎年恒例のカウントダウンライブが開催されることが決定。今年も豪華な48組のアーティストの出演が決まっていて大盛り上がり間違いなし。当日はチャンネル7が生中継を行いテレビの前でもアーティストたちと一緒に新年をお祝いしましょう!
開催日時: 12月31日(金)18:00~1月1日(土)01:00
開催場所: セントラルワールド前駐車場

●12月15日-1月15日 Winter Sale2010 /ラチャプラソン地区
代表的なラチャプラソン地区5つのショッピングセンターで冬のセール2010を開催しています。約300店を超える店舗で一般のファッションにブランド、家庭雑貨など最大70%OFFのセールです。
開催場所:Amarin Plaza、CentralWorld、Erawan Bangkok、Gaysorn、President Tower Arcade

1月のタイ各地のイベント(バンコクを除く)


●1月7日-1月9日 The Royal Trophy 2011/ホアヒン・ブラックマウンテン・ゴルフクラブ
ホアヒンのブラックマウンテン・ゴルフクラブで今回5回目となる「ロイヤル・トロフィー2011」が開催します。ヨーロッパ選抜とアジア選抜で競い合うツアーは各国からの注目が集まる大会です。

●1月29日 ピマーイ歴史公園ミニライト&サウンド/ナコンラチャシマ・ピマーイ市、ピマーイ歴史公園
タイの東北部に位置する約千年前のクメール帝国時代に建てられたというクメール遺跡。その中でも一番大きな遺跡がヒピマーイにあります。イベントはこのピメール遺跡を舞台にした音と光のショーです。

※イベント情報が発表され次第[最新イベント&ニュース]に掲載していきます 。

お正月のバンコク

タイでは、普段バンコクに住む人も大晦日と正月は地元で過ごすのが普通です。年末年始は道路がいつも以上に混雑に見舞われ、旅行者も注意が必要です。そして、いよいよ新年を迎えた1月のバンコクですが、新年を迎えた朝からタイの人々は大忙し。1月1日の朝は1年の中でも托鉢を行う一番大切な日の一つで、用意してある食べ物や飲み物を歩いて廻ってくる僧侶にお供えします。この日ばかりは朝の苦手な人も今年一年の幸福と健康を祈り托鉢します。朝の仏事のあとはさらに大きなお寺へ行き、僧侶のお経を聞き、何百人と集まる僧侶に列を作って再度托鉢をします。この日にお供えする食べ物は、綺麗なお米を小さな袋に小分けにしたものや、飲み物、そのほか各自用意したお菓子や、お金をお供えします。お米は前日から一つ一つ手作業で家庭ごとに準備をします。さすが仏教国、朝から夜まで仏事で忙しいタイのお正月です。

知って得情報!

<こどもの日と教師の日>

休日がない1月のバンコクですが、それでも大切な祝日が二つあります。1月8日の「こどもの日」と16日の「教師の日」」 
子供の日
タイにも『こどもの日』があります。毎年1月の第二土曜日が『こどもの日』で、日本のような飾り物はありませんが、「こども」のための日です。学校毎に歌やダンスの発表会をしたり、こどもの好きなお菓子を配ったりします。家族でもこどものために旅行へでかけたり、アミューズメントパークへ出かけたりします。この日ばかりはワガママをいっても許されるそうです。

教師の日
1月16日の教師の日(ワン・クルー)は、6月1日の教師に感謝を捧げる日(ワン・ワイ・クルー)とはまた違います。6月1日の生徒が教師に感謝を捧げる日ということに対し、1月16日は教師のための日で教師自身が心を休め良い教師になることを誓います。夜は教師同士で夕食をする人います。

1月の祝日(カレンダーに載らない祝日)

タイには休日でなく、さらにカレンダーに載らない祝日があります。
02日 こどもの日 Childrens Day
13日 航空の日 Thailands National Aviation Day
14日 森林保全の日 National Forest conservation Day
16日 教師の日 Teachers Day
17日 ラムカムヘーン大王の日 King Ramkamhaeng the Great Day
17日 乳牛の日 National Dairy Day
25日 軍隊の日  Royal Thai Armed Forced Day

1月のおすすめスポット

◎チェンマイ旅行&各地方旅行

涼しさが増していくバンコクですが、この時期は『旅行へいく』ための月だとタイの友人が教えてくれました。暑がりなタイの人々は涼しいときに活発的になり国内旅行にでかけていきます。場所はより「北」を目指す人が多く寒さを求める傾向があるようです。中でもチェンマイは人気があり、南国タイであっても長袖を着ないと寒い天候が人気の秘訣です。また、チェンマイには寒さのほかにも伝統的な織物や陶器など芸術的な面からも注目を浴びています。アートを愛する人々が世界中から集まり、日本人の在住者も年々増えています。

◎寺院

正月を迎えたタイに旅行にくるのなら必ず訪れほしいのが寺院です。今年一年の幸運と健康を祈りにはどこの国いても同じです。せっかく仏教国タイに来たのであればタンブン(徳を積む)しに寺院を訪れてください。バンコクには有名なワットプラケオやワットアルンなど、タイ各地にも多数の寺院があります。天気も旅行者の味方をしていますので、寺院巡りをするなら断然1月です!!


いかがでしたか?1月のバンコクは時間があればほかの都市にも出かけていきたい天気です。バンコクはもちろん制覇して時間があれば近隣都市にでかけていくのも楽しそうです。以上、バンコクナビでした!


上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2010-12-28

その他の記事を見る

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供