世界遺産アユタヤと水上マーケットを1日で巡る贅沢ツアー[早朝出発&ランチ付]

World heritage and floating market b12

閉店・移転、情報の修正などの報告

一度は見てみたい人気の水上市場と世界遺産アユタヤを1日で巡る贅沢なツアー、初バンコクの方には必見の2大観光スポットを完全網羅します。

サワディカップ バンコクナビです。最近タイ・バンコクの特集番組が良くテレビで放映されていますよね、放映がある日はナビも勿論テレビの内容をチェックしています。そんな中、最も印象に残るのが、運河の上を小船が行き交い色々なものを買うことが出来る水上マーケット、そして石で出来た仏像の頭部だけが木の根っこに取り込まれ、永遠に取り出すことができなくなってしまったインパクトのある光景が見られる世界遺産アユタヤ、ずばりこの2箇所ではないでしょうか。位置も方向も全く異なるこの2箇所、一般の方では中々1日で廻ることは出来ません。この2大観光スポットを超ベテランの日本語ガイドが効率良く案内するとっても贅沢なツアーをご紹介します。

水上マーケットの由来

水上マーケットの手前 塩田が広がる風景

水上マーケットの手前 塩田が広がる風景

最初に訪問するのはダムヌンサドアク水上マーケット。バンコクから南西へ約80kmほどの場所に位置し、市内から車で1時間半ほどの距離にあります。途中左手にバンコクの海が臨め、太い幹線道路の両側には塩田が広がります。この辺りの土地は海と反対方向の陸地側に入って行くとかなり細かい運河が網の目のように走っています。昔バンコクは「東洋のベニス」と呼ばれるほど細かい運河網が発達していました。その時代の運河は「交通」と「運送」という都市には欠かせない重要なインフラの一部を担っていました。しかし時代と共に道路が整備され、電車やバスと言った公共交通機関の発達と共に大半はその姿を消してしまいましたが、この場所では今でも当時の姿を残しています。そして人々の生活に最も欠かせない物資の補給という目的から市場へと発展し、ありとあらゆる物が船の上で売買されるようになりました。これが「水上マーケット」の由来であり、今に引き継ぐ歴史でもあります。

早朝出発

水上マーケットのツアーは、他のツアーと比べやや朝早い出発となります。というのはこの場所が海に近いため、漁師が捕ってきた魚が集まる魚市場が近くにあり新鮮なものが朝の早い時間帯に手に入り易いこと、また野菜は朝涼しい時間帯に収穫されることが関係しています。元々は人々が食料を買いに来る「生鮮市場」であったため、日本の魚市場と同じく早朝が最も活気のある時間帯になるからです。新鮮なものを少しでも早く庶民の台所に運ぶという目的が市場の機能であり、それが発展し今では衣服や雑貨など、何でも買うことの出来る市場になりました。売る人買う人入り乱れ、最も市場が活況を呈するのが朝8時から10時までの間、運河の狭いところでは船による「渋滞」が発生するほどの盛り上がりを見せます。
出発は早朝

出発は早朝

一番活況のある時間帯に到着します

一番活況のある時間帯に到着します

スピードボート

スリムな船体のスピードボート乗船体験付

スリムな船体のスピードボート乗船体験付

この地域、運河を交通手段としている場所のため、道路は細い道が多くツアーバスはあまり奥までは入っていきません。市場のかなり手前で車両を降りスピードボートに乗船して運河を走り市場へ向かいます。スリムな船体のスピードボートは名前の通りエンジンを回せばかなりの速度で水を割いて走ります。運河の細いところで別の船とすれ違う時はスピードを落とし波が立たないようゆっくり進みますが、運河の広いところに出ればエンジンを全開にして勢いよく走ります。途中、運河の両脇に建つ高床式住居を眺め、手漕ぎの船で商品を運ぶ行商のおばちゃんにも出会うことがあるでしょう。ちょっとしたアトラクションに乗った気分が味わえます。
市場に向かう行商のおばちゃんに遭遇

市場に向かう行商のおばちゃんに遭遇

結構細い運河も走ります

結構細い運河も走ります

市場の中心

市場の中心に着くと船を降り、運河の両脇にある商店街のような場所に向かいます。ここも市場の一角ですので、色々なものが販売されています。船の上で作るタイ風ラーメンや豚の串焼き、お菓子など食べ物も沢山ありますので、色々トライしてみて下さい。
またオプションで手漕ぎのボートに乗船して市場内を見て廻ることも可能です。
運河が船で渋滞

運河が船で渋滞

何でも売っています

何でも売っています

小腹が減ったらタイ風ラーメンをどうぞ

小腹が減ったらタイ風ラーメンをどうぞ

朝採れたスイカですね

朝採れたスイカですね

お菓子もあります

お菓子もあります

昼食後は古の都 世界遺産アユタヤを見学

タイの庶民の暮らしぶりを水上マーケットで垣間見た後は一旦バンコクに戻り昼食を摂ります。内容はインターナショナルビュッフェですので、お好きな食べ物を沢山お召し上がり下さい。

世界遺産アユタヤ

日本では源氏による鎌倉幕府が終わりを告げ、足利一族による室町時代とほぼ同じ年代の1351年から約400年の間、栄華を誇った古の都がアユタヤです。度重なるビルマ(現ミャンマー)との戦争を経た後、最終的にはビルマの大軍勢により壊滅的な破壊を受け、焼け残った煉瓦の廃墟だけが残されました。その面積は広大で、これらの遺跡群は1991年世界遺産に登録されました。

ワットロカヤスタ

寝釈迦は仏陀が入滅するときの姿と言われています

寝釈迦は仏陀が入滅するときの姿と言われています

北枕で横たわる27メートルの寝釈迦が横たわる仏教寺院の廃墟です。この寝釈迦以外の建造物は全て破壊され、残された座位仏像も首の部分が切り取られており、戦争の虚しさ、哀しさを物語っています。

ワットヤイ チャイモンコン

アユタヤ王朝の初期、アユタヤの初代王ウートン王により修行僧の瞑想場として建立され、その後第19代王ナレースワンがビルマ軍との戦争に勝利したことを記念して高さ72メートルの仏塔が建てられました。市内からやや離れた場所に位置しているため、他の寺院とは異なり戦禍から逃れることが出来、仏塔は当時のままの状態で保存されています。仏塔内部には仏舎利(仏様の骨)が納められていると言われ、途中まで登ることが出来ます。階段は急ですがアユタヤの広大な土地が一望できますので是非登ってみて下さい。
高さ72メートルの仏塔

高さ72メートルの仏塔

途中まで登ることが出来ます

途中まで登ることが出来ます

寝釈迦もあります

寝釈迦もあります

ワット プラ・マハータート

廃墟となっているワット マハタート

廃墟となっているワット マハタート

アユタヤ王朝が成立して間もなく建立されたと言われていますが、誰が建立したのかが確定していない謎の多い寺院です。ビルマ軍に破壊された後、境内には沢山の仏像が残されていましたが、その頭部は全て切り取られ首の無い状態でした。また境内にある菩提樹の根元には石で出来た仏像の頭部が木の根に取り込まれ、永遠に取り出すことが出来ないと言われています。アユタヤ王朝が崩壊した後はバンコクに遷都され次の王朝が始まりました。このため長い年月、誰もこの地を訪れなかったことを表しています。
全ての仏像の首が切り落とされています

全ての仏像の首が切り落とされています

首の部分は金で出来ていたためビルマ軍が持ち去ったとの伝説

首の部分は金で出来ていたためビルマ軍が持ち去ったとの伝説

境内にある菩提樹の根に取り込まれた石仏の頭部

境内にある菩提樹の根に取り込まれた石仏の頭部

永遠に取り出されることはないでしょう

永遠に取り出されることはないでしょう

ワット プラ・シー・サンペット

アユタヤ王朝の初代王が王宮と定めた場所で、スリランカ様式の美しい3基の仏塔が残されています。この仏塔の内部にはそれぞれの時代の王の遺骨が納められていると言われています。
3基の美しい仏塔が並ぶワット プラ・シー・サンペット

3基の美しい仏塔が並ぶワット プラ・シー・サンペット

それぞれに王様の骨が納められています

それぞれに王様の骨が納められています

エレファントグラウンド

アユタヤ王朝時代に騎馬として活躍した象が飼育・調教されており、オプション(約300バーツ前後)で象乗りを楽しむことが出来ます。当時は戦闘用であった象の上からアユタヤ遺跡を眺めるのも格別です。
エレファントグランドで自由行動

エレファントグランドで自由行動

オプションで象乗りをお楽しみ下さい

オプションで象乗りをお楽しみ下さい


水上マーケットとアユタヤ、昔を今に残す2大観光名所を効率的に見て廻り、象乗り体験も出来る贅沢なツアー、大変人気が高く毎日沢山のお客様に参加頂いており、日によっては満席になってしまうほどの人気ツアーです。是非お早めにご予約、お申し込みください。

記事登録日:2015-03-16

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    kaorui7757

  • photo

    kaorui7757

  • photo

    kaorui7757

  • photo

    kaorui7757

  • photo

    ももみ

  • photo

    ももみ

  • photo

    ももみ

  • photo

    ももみ

  • photo

    eitetu

  • photo

    eitetu

ページTOPへ▲

送迎場所

ピックアップ対象ホテルのロビー(バンコク市内)

※通常はご宿泊先ホテルにてピックアップとなりますが、ピックアップの出来ないホテルにご宿泊の場合、お近くの集合場所へお越しいただく事がございます。
※ピックアップ場所・時間は「予約確認書」に記載されておりますのでマイナビからログインの上必ずご確認ください。

【注意】ピックアップ対象ホテルは当日の予約状況によって異なるため予約頂く前の確認はできません。

スケジュール

時間
06:30 ホテルを出発
08:40~09:00 エンジンボートで水上マーケットへ移動
09:10~09:55 ダムヌン・サドゥアク水上マーケットを見学(約45 分)
12:00~13:00 昼食(インターナショナルビュッフェ予定)
13:10~13:30 ワット・ロカヤスタを見学
13:40~14:00 ワット・ヤイ・チャイ・モンコンを見学
14:10~14:40 ワット・プラ・マハータートを見学
14:50~15:20 ワット・プラ・シー・サンペットを見学
15:30~16:00 象乗り場で自由行動(約30分)オプションで象乗り(7~8分、目安300          バーツ)ができます。
18:30頃 インターコンチネンタルホテルまたはBTSサラデーン駅付近で解散      (ご希望の解散場所を当日のガイドにお申し付けください)

注意事項、その他条件

※ツアー時間はホテルの場所や交通渋滞により変動があります。
※露出度の高い服装(上は半袖もしくは長袖、下は踝がかくれるものは可)及びかかとを固定するストラップの付いていないサンダル(ビーチサンダル等)では、王宮及び寺院には入れませんのでご注意下さい。
※水上マーケットではオプションで手漕ぎボート乗船が出来ます。 (料金は200~500バーツ、乗船人数により異なります。)
※交通事情、気象条件、規定の人数に満たない場合、その他のやむおえない事情により運行を遅延、中止する場合が御座いますので、予めご了承下さい。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2007-02-23

利用日
大人 子供

関連記事

旅のプロフェッショナル JTBとナビの共同企画<br>水上マーケットと世界遺産アユタヤ 2大観光地を完全網羅

旅のプロフェッショナル JTBとナビの共同企画
水上マーケットと世界遺産アユタヤ 2大観光地を完全網羅

旅のプロフェッショナル JTB(タイ支店)とバンコクナビの共同企画により催行されるダムヌンサドアク水上市場とアユタヤ世界遺産の旅 1日で2大観光地を網羅するオススメツアー

世界遺産と水上市場1日観光!ダムヌンサドアク水上マーケット&アユタヤ遺跡

世界遺産と水上市場1日観光!ダムヌンサドアク水上マーケット&アユタヤ遺跡

東洋のベニスと呼ばれる運河が発達したバンコク郊外のダムヌンサドアク水上市場と世界遺産アユタヤ。タイの誇る2大観光地を1日で巡ります

アユタヤ

アユタヤ

タイの中心都市として417年続いたアユタヤ王朝の都『アユタヤ』。世界文化遺産に登録されている古都には壮大な歴史遺跡が残されています。

欲張りプラン 人気の水上マーケットと午後から世界遺産アユタヤ(象乗り付)

欲張りプラン 人気の水上マーケットと午後から世界遺産アユタヤ(象乗り付)

欲張りな1日プラン! 人気のダムヌンサドアク水上マーケット観光の後、午後のアユタヤを見て回ります。午前と午後2つのツアーに同時参加出来る便利なツアー 無料の象乗りも併せてお楽しみ下さい。

ダムヌンサドアク水上マーケット

ダムヌンサドアク水上マーケット

左右に熱帯の木々が茂る水路を、野菜や果物を載せた小船が行き来する水上マーケット。売る側も買う側も声高らかに交渉し、活気溢れるマーケット。