スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ツアー・手配 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


ロイヤルレイクサイド ゴルフクラブ

Royal Lakeside Golf Club

閉店・移転、情報の修正などの報告

ゴルフコースのLCC ローコストでありながら全面改修済みの素晴らしい海沿いコース 風と芝を読む目が必要な戦略的ゴルフコース

こんにちは、バンコクナビです。
ロイヤルレイクサイド ゴルフクラブはバンコクからパタヤのある東方向へ車で丁度1時間の距離にある18ホール、パー72のゴルフコースです。オープンは1993年、日本の住友建設により造成され、当初はレイアウトや芝の状態など色々問題がありましたが、2011年に全面改修が施され、素晴らしいコースに生まれ変わりました。
ゴルフ場全体としての特徴は、優雅で豪華なクラブハウス、洗練された雰囲気のレストラン、清潔で明るい雰囲気のロッカールームといった優良な設備に加え、戦略性の高い18ホールを併せ持つという、とてもローコストゴルフコースには思えない点にあります。まるでどこか高級リゾートのゴルフコースを訪れた、そんな感覚を味合わせてくれるゴルフ場それが現在のロイヤルレイクサイド ゴルフクラブです。
クラブハウスは中央に巨大なドームがあります

クラブハウスは中央に巨大なドームがあります

高級感溢れる車寄せ

高級感溢れる車寄せ

到着からチェックイン~ロッカーまで

ドームの下はとても広い空間になっています

ドームの下はとても広い空間になっています

車寄せからクラブハウスへ入ると巨大なドームの真下になります。円形に広がった空間と高い天井を眺めながら一際明るいプロショップ内へお進み下さい。レセプションカウンターがありますので、ここでチェックインを済ませ、ロッカールームへと向かいます。ロッカー入り口にはゴージャスな雰囲気のバーカウンターもあり、ゴルフコースは社交場でもあるということを再認識させられることでしょう。そして太陽の光が煌々と差し込む明るいロッカーで着替えを済ませ、ゴルファーモードのスィッチをオンにして下さい。
プロショップ内で受付をお願いします

プロショップ内で受付をお願いします

ここでチェックイン

ここでチェックイン

ロッカー前にあるバーカウンター

ロッカー前にあるバーカウンター

広く明るいロッカールーム

広く明るいロッカールーム

スタート前

着替えが終了し、時間がある場合はコーヒーを飲んだり、練習グリーンでパッティングの練習をしたり、人それぞれの過ごし方があるかと思います。タイでのゴルフはコース以外に、「温度」との戦いもありますので、できるだけ「外」の温度に慣れておくことが必要です。
コーヒータイムも出来れば屋外席でお取りください。またクラブハウス前に大きなパッティンググリーンがありますので、ロイヤルレイクサイド ゴルフクラブのグリーンの早さを確認しておくのも大事です。何より落ち着いてスタート時間を迎えることが最も重要です。
テラス席でコーヒーを飲まれるのも良いでしょう

テラス席でコーヒーを飲まれるのも良いでしょう

クラブハウス前にある大きなパッティンググリーン

クラブハウス前にある大きなパッティンググリーン

グリーンの早さに慣れておく必要があります

グリーンの早さに慣れておく必要があります

キャディが準備を整えて待機しています

キャディが準備を整えて待機しています

コース概要

ロイヤルレイクサイド ゴルフクラブはバンパコン川という大きな川がバンコク湾にぶつかる河口傍に造られたゴルフコースです。クラブハウスを中心にアウトコースとインコースが左右へ翼のように広がっているレイアウトとなっています。コース全体を取り囲むように周りには運河が走っているため、「水」だらけのゴルフ場と思われる方もいるかもしれませんが、要所で上手に水を取り込んだコースという印象です。また海風が吹き込むゴルフ場でもあるため、ホール毎に異なる向きの風が吹くだけでなく、この風が芝目にも微妙な影響を及ぼしているようで、砲台状のグリーンは見た目以上に複雑な曲がり方をします。
フェアウェイは全体的にはフラットな地形ですが、微妙なアンジュレーションがあり、ラフは深く粘る草質のためフェアウェイを外すと思いのほか苦戦を強いられます。
ホールレイアウトも真っ直ぐ、ドッグレッグ、スネークフェアウェイと多彩で、飽きることが無くあっという間に18ホールが終了してしまう、そんなコースと言えるでしょう。
唯一の難点は雨季の水はけにありますが、雨が降らなくなる10月以降から5月まではとてもきれいで面白いゴルフコースです。

1番522ヤードパー5 HC5

まっすぐなフェアウェイ 左OBです

まっすぐなフェアウェイ 左OBです

スタートホールはやや距離の長いロングホール、まっすぐなフェアウェイで左右には木が茂っています。左はOBですので力んで引っ掛けないようにご注意下さい。ティショットの落下地点には左右にクロスバンカーが待ち受けていますが、スタートホールですので距離よりも気分良くフェアウェイにボールを置いておきたいところです。グリーン周りも特にこれといったトラップは無く、ガードバンカーさえ注意すればパースタートが切れるホールです。
セカンド地点

セカンド地点

左のバンカーだけは避けたいところ

左のバンカーだけは避けたいところ

2番383ヤードパー4 HC11

左に池が広がる2番ホールは距離の短いミドル、右ドッグレッグです。ドライバーが飛ぶ人は打ち過ぎるとフェアウェイを突き抜ける可能性がありますので、当日の距離確認が重要です。セカンドは軽い打ち上げになるため、ピンの根元が良く見えず距離感を出しにくいホールです。
2番は左が池の右ドッグレッグ

2番は左が池の右ドッグレッグ

グリーンは軽い打ち上げになります

グリーンは軽い打ち上げになります

3番185ヤードパー3 HC17

3番は初めて迎えるショートホール、バンカー越えです。グリーンは横長でかなり盛り上がっている砲台ですので、使用するクラブによっては止まらないこともあるでしょう。砂漠のようなバンカーのプレッシャーを跳ね返し、兎に角1オンしたいところです。
目の前に広がる砂漠のようなバンカー

目の前に広がる砂漠のようなバンカー

かなり広いグリーンです

かなり広いグリーンです

4番404ヤードパー4 HC9

右に池がある4番は右の林の先から右へ曲がるセミドッグレッグ、ここは距離を出しておく方が有利なホールで、フェアウェイも広いので思い切ってドライバーを振って行きましょう。狙いは右の林越えです。
狙いは右の林の左側

狙いは右の林の左側

かなり段差のある二段グリーン

かなり段差のある二段グリーン

5番424ヤードパー4 HC13

見た目通りまっすぐのフェアウェイを持つ5番、フェアウェイ右手は中間地点から池に接します。途中からダウンスロープになっているため、距離も稼げますが、飛ぶ人はそのまま池へ入る可能性もありますので、狙いはやはりフェアウェイ左、バンカーの右当たりというところが無難です。正面にクラブハウスが見える、1番美しい景観のホールです。
まっすぐなフェアウェイの5番 美しいホールです

まっすぐなフェアウェイの5番 美しいホールです

かなりうねりのあるグリーン

かなりうねりのあるグリーン

7番543ヤードパー5 HC1

フルバックで543ヤード、レギュラーティの白ティからでも508ヤードの距離のあるロングホール。しかもフェアウェイはスネーク状に左右へ曲がりますので、グリーンに乗せるまで気を抜くことが出来ません。さすがHC1と言いたくなる難しいホールです。
左右から迫る木も結構なプレッシャーになります

左右から迫る木も結構なプレッシャーになります

レイアウトで難易度を上げている分、グリーンは比較的フラット

レイアウトで難易度を上げている分、グリーンは比較的フラット

10番544ヤードパー5 HC6

後半のスタートホールはやはり長いロングホール、左には池が広がり、右からは林が迫ります。池に沿ってバンカーが広がっている上、フェアウェイもバンカー方向に向かって傾斜がありますので、フックボール系の人は要注意です。グリーンはかなり盛り上がった砲台グリーンですので、アプローチでは出来るだけ短い番手のクラブが使えるよう、距離も方向性も必要とされるホールです。
狙いはフェアウェイど真ん中

狙いはフェアウェイど真ん中

砲台グリーン

砲台グリーン

11番367ヤードパー4 HC4

距離が無い分、何かある、その通りのホールで、グリーン手前には30ヤード以上の幅で池が入ってきていて、池越えのアプローチとなります。フェアウェイ右から攻めれば池の幅も狭くなるので当然狙いは右方向となりますが、フェアウェイが池を回りこむようなレイアウトのため方向性も取り難く、狙い通りに打つのは容易ではありません。多少時間を掛けてもしっかりアドレス方向を定めて打たなければいけないホールです。距離が関係ない分、セカンドを一番得意なクラブで打てるようにティショットを打つマネージメントの方が良い結果を生みそうです。
狙いはフェアウェイ右方向

狙いはフェアウェイ右方向

セカンドを得意なクラブで打てるマネージメントが必要

セカンドを得意なクラブで打てるマネージメントが必要

12番200ヤードパー3 HC14

視界に移る砂の面積が非常に高い、ビジュアルからプレッシャーを掛けてくるショートホールです。グリーン右にあるガードバンカーはかなり深さがありますので、ショートしても良いから左方向へ打ち、徹底的にバンカーを避けたいホールです。
グリーンはかなり広いので、アプローチが得意な人は寄せワンを狙う方が距離感を出し易いかもしれません。
右のガードバンカーは絶対避けたいところ

右のガードバンカーは絶対避けたいところ

かなり広いグリーン

かなり広いグリーン

15番177ヤードパー3 HC18

4つあるショートホールの中で一番距離の短いホールです。その分池越えで、しかもグリーンはバンカーに囲まれているという、ショートだけはしてはいけないホールです。
バンカーも深い上、傾斜もきつく入ってしまった時点でダブルボギーも覚悟しなければならないホールです。何が何でも芝の上にボールを落として下さい。
池を越えても深いバンカー

池を越えても深いバンカー

ドロップエリアから

ドロップエリアから

18番563ヤードパー5 HC2

しっかりドライバーを振って行きましょう

しっかりドライバーを振って行きましょう

4つあるロングホールのうち、最も距離のあるロングホールで、白ティからでも522ヤードの長~いパー5です。左前方に見えるクロスバンカーから先がゆるく左へ曲がり、フェアウェイも広いので思い切ってドライバーを振れる最終ホールです。
ティグラウンドとグリーンの中間には小川が走り、グリーンは大小8個のバンカーに守られています。フェアウェイはグリーン手前を除き比較的アンジュレーションが少ないので、きっちりフェアウェイウッドを打ってパーを取り締めくくりましょう。
グリーンとティの中間地点に走る小川

グリーンとティの中間地点に走る小川

大小8個のバンカーに囲まれたグリーン

大小8個のバンカーに囲まれたグリーン

清潔なバスルームと洒落たレストラン

冷房の効いたレストランで頂く美味しい料理の数々

冷房の効いたレストランで頂く美味しい料理の数々

18ホール終了した頃にはかなり大量の汗で身体はベトベト、清掃の行き届いたシャワーブースで汗を流し、冷たい飲み物で喉を潤すのもゴルフの楽しさの一つです。ロイヤルレイクサイド ゴルフクラブのシャワーブースはホテルのようなレインシャワーが設置されていますので、頭からたっぷりのシャワーを浴びてクールダウン。その後は冷房の効いたモダンな雰囲気のレストランで各種のお料理と飲み物でリフレッシュ、バンコクに在住する日本人駐在員も多く利用するこのコースは日本料理の種類も豊富で、良い味を出しています。
バスルーム

バスルーム

頭から大雨のようなシャワーを浴びれるレインシャワー

頭から大雨のようなシャワーを浴びれるレインシャワー


ロイヤルレイクサイド ゴルフクラブはバンナートラッドというあまり渋滞しない道路を使うので、プレイ後もほぼ時間通りにホテルへ戻って来ることが出来ます。2011年の改装後はコースの良さにローコストの魅力が加わり一段とプレイする人が増えたようです。
比較的無風なバンコク近郊のゴルフ場の中で、『風』を意識しながらプレイする数少ないリンクスコース、是非一度プレイをしてみて下さい。以上、バンコクナビでした。
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2013-09-27

ページTOPへ▲

送迎場所

ピックアップ対象ホテルのロビー(バンコク市内)

ピックアップ先では、担当者が迎えにあがります。ロビーにてお待ちください。
通常は宿泊先ホテルにてピックアップとなりますが、ピックアップの出来ないホテルにご宿泊の場合、お近くの集合場所へお越し頂くことがあります。
ピックアップ場所、集合時間は「予約確認書」に記載されておりますので事前に必ずご確認ください。

スケジュール

内容
ホテル出発
 ↓
現地ゴルフクラブ到着
 ↓
ホールプレイ
 ↓
ホテル到着
関連タグ: ゴルフ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-04-16

利用日
大人 子供