【2012年1月 閉店済み】ブア スパ

Bua Spaบัว สปา

閉店・移転、情報の修正などの報告

ブア スパは2012年1月を持って閉店・CLOSEとなりました。

こんにちはバンコクナビです。マッサージやエステ・スパの利用者が年々増えているそうですね。仕事・育児・学業・経済上のストレス、また環境汚染や食品の問題、生活するだけでも疲れる時代になり、私たちはストレス発散の場所をいろんな形で必要としています。その中の癒しの選択肢の中にスパ・トリートメントが上位に来るのではないでしょうか。本日ご紹介するブア・スパは目から入る緑、体で感じる空間、安心するサービス、そして満足のトリートメントを兼ねそろえた、現代人の溜まった疲れを解消できるステキな場所。スクンビットソイ53の奥にひっそりとたたずむそこは、まさに都会の隠れ家という名前がしっくりくるところです。
まず心が洗われるような緑
一軒家スパにふさわしく、やしの木を基調として南国の木がスパを覆っています。今入ってきたスクンビット通りが海を越えた場所にあるかのよう。ここだけ時がとまったような静かな場所です。
柔らかな物腰のスパスタッフ。 柔らかな物腰のスパスタッフ。

柔らかな物腰のスパスタッフ。


身も心も純粋に
ブア・スパの「ブア」は蓮の花。仏教国では大切にされている花、「無垢」という意味があります。ブア・スパでリフレッシュし、帰るころには身も心も純粋に、無垢になってお帰りいただきたいという気持ちがこめられています。店名になっていることもあり、お店の至るところに蓮の花がディスプレイしてありました。また蓮の花言葉は「休養」「沈着」「神聖」「清らかな心」など。まさにスパにぴったりのネーミングですね。

フレッシュ&ナチュラルなメニュー
最近体に塗布するスパ・トリートメントのプロダクトの自然さ、新鮮さを謳うスパはたくさんありますが、ブア・スパではできるだけお客様がご来店してからプロダクト作りを始める、作り置きゼロ体勢。どれくらい新鮮かというと、メニューを決め、部屋への案内を待っている時に「今プロダクトをお作りしているので少々お待ちください」というくらい新鮮です。

タイに伝わる自然美容法
美容とハーブの大国として有名なタイですが、同じ東南アジア・バリ島も古くから自然の美容法を有することで有名。ブア・スパではオープン前にバリでも調査を行いハーブの調合など良い情報を集めたそうです。そのため、嫁ぐ娘に母親が施すスクラブ、ジャワニーズスパイススクラブや髪と頭皮のトリートメント・クリームバスなどバリ風のメニューがあるのもユニーク。さらにジャスミンライス、タイハーブ、トマト・ヨーグルト、オートミールのスクラブや、オイルを使用しないオレンジハニーのマッサージなど独自のブレンドトリートメントがたくさんあります。

肌で感じる空間の癒し
広々と取ってある待合室。ガラス張りの室内からは池や緑がふんだんに目に入ってきてとてもやさしい空間。タイとバリの木のインテリアが体を落ち着かせていきます。
部屋への道も一歩一歩が癒しへの序曲

部屋への道も一歩一歩が癒しへの序曲


■ トリートメントルーム(カップルルーム)
コンパクトにまとめられたカップルルーム。広すぎず狭すぎずちょうどいい大きさです。施術台の顔を伏せる穴もしっかりとクッションがついています。またマネージャーが日本人のため気になるところがきっちり押さえられています。貴重品を入れる棚があり、さらに中の引き出しに小物入れる箱も入っています。

■ トリートメントルーム(シングル)
気兼ねせずにゆっくりできる完全プライベートルーム。アメニティなどはカップルルームと同じです。

■ タイマッサージルーム
フロント近くにあるのがタイマッサージルームの大部屋。タイマッサージの部屋は無機質のところが多いですが、ブア・スパではタイ風のデコレーションと三角枕が置いてあり、「タイ」を強調。スパで受けるタイマッサージは雰囲気もグレードアップ。

■ 各部屋シャワールーム

■ スチームサウナ
発汗を促すとともに角質などを浮き立たせ、毛穴を開かせることにより各トリートメントの効果を高めることができるスチームサウナ。

■ ハイドロセラピー用バス
女の子があこがれる花びらの浮いたミルクバスから、ジャグジーまで。お風呂は別室での利用です。
フローラルバス用

フローラルバス用

ジャグジー

ジャグジー


■ クリームバス用の部屋
バリ式のヘアスパ、クリームバス用のお部屋がこちら。生のアボガドを使ったヘアとスカルプマッサージ、洗髪にブローまで。

アフタートリートメントのサロン
トリートメント後は、受付時とは別の場所でリラックス。特性のドリンクを楽しみながら余韻に浸る場所です。

プロダクツ
利用したプロダクツを買って帰りたい! という人のために販売スペースを設けているところは多いですが、さすがにブア・スパは新鮮素材を使ったスクラブなどは置いていません。そのかわりマッサージオイルやお茶、そしておみやげにもぴったりなロゴ入り青磁ボトルなどを購入できます
マッサージの技術だけでなく、スタッフの対応の柔らかさ、素材へのこだわり、スパの概観、ガーデン、すべてが自分のためだけに用意されていると錯覚してしまうような場所ブア・スパ。仕事も生活もシャットアウトし、たっぷりとトリートメントを満喫しましょう! 以上バンコクナビでした。

記事登録日:2008-12-22

ページTOPへ▲

主なメニュー

メニュー 所要時間 価格
ジャスミンライスボデイスクラブ 60分 1,800 (バーツ)
タイグリーンハーブ ボデイスクラブ 60分 1,800 (バーツ)
タイハーバル ボデイスクラブ 60分 1,800 (バーツ)
ココナッツ ボデイスクラブ 60分 1,800 (バーツ)
アフターサンケア  ボデイスクラブ 60分 1,800 (バーツ)

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-12-18

スポット更新日:2008-12-22

利用日
女性 男性