スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

コミュニティ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

メーチェム紀行

旅行の時期 2016年10月

View217

photo
ソンテウの運転手に行先を告げると、目的のホテルまで送ってくれた。
チョムトンから所要約1時間40分、運賃70THB。
photo
敷地の外は田園風景。
photo
宿で自転車を借りて、メーチェム周辺の寺院巡り。
雨がパラパラするのはこの時期やむを得ない。
photo
寺務所の女に声をかけると、本堂を開けてくれた。
photo
ここはワットブッパラームというお寺らしい。
photo
本堂の壁画は新しいものだが、なかなかの力作。
photo
メーチェム地方の農民の生活が生き生きと描かれていて興味深い。
photo
ワットパデートという寺院へ。
photo
本堂は新しく、大きなものではないが、大きな堀の中にあってナーガをかたどった橋を渡っていくようにできている。
photo
奥の敷地に昔の建物が残る。これは収蔵庫だろうか。
photo
古い本堂は後ろを向いて建っていた。道を付け替えたのだろう。
photo
逆光で見づらいが、新しいものより趣を感じる本堂。
photo
内陣の壁画は剥落が進んで見づらいが、風俗画は興味深い。
photo
上半身裸の女たちの様子がよい。
photo
白い仏塔は新しいもの。
photo
こちらはワットヤーンルアンという寺院で撮影。
白い人物像はチョムトンでも見られるが、ミャンマーの寺に似ている。
photo
本尊仏。
手織りの幡が掛けられているのが伝統文化を感じさせる。
photo
本堂入り口上の孔雀の装飾に特徴があるかな。
photo
ワットヤーンルアン本堂。
ラーンナー様式の屋根である。ルアンパバーンの寺院にも少し似ている。

この寺からメーチェムの橋を越えて、宿へ戻る。

記事登録日:2016-10-07

ページの管理人ろっきいさん
ろっきい photo
  • 掲示板 264件
  • コメント 964件
  • アルバム 957枚
  • 旅行記 177件
日本との行き来のゲートタウンとしてバンコクを利用しています。バンコクの町の不思議な魅力は感じますが、屋内は冷房がきつく外は暑くて汗をかきます。
空気は汚れているし、バンコクに長居は無用です。