スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

コミュニティ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

アンコール・ワットあれこれ

旅行の時期 2017年01月

View209

photo
さてクメール遺跡の白眉、世界遺産のアンコール・ワット。神々の大神殿です。
数多くのその写真を目にしていますので、普通のアングルでは既視感があります。
そこが難しい。
photo
(ここに投稿した画像は3日目に再訪したときに撮影したものです)
乾季のハイシーズンですから観光客は多く、このように人が写り込まないようにするには訪問時間帯が大事です。

それではどんどん進みましょう。
photo
第一回廊を上がると十字回廊の沐浴池。
photo
十字回廊にいた若い僧にモデルになってもらいました。
photo
第二回廊から上部の祠塔を見上げます。
photo
第三回廊へ上がると女神像が出迎えてくれます。
下界の眺望に気を取られますが、第三回廊の世界に心を配らないといけません。
photo
女神像は指先まで繊細に表現されています。
photo
動きを感じる女神像もあります。
photo
第三回廊から正面参道の俯瞰。
photo
アンコールワット内の現代の寺院。ラオスの地方の寺院に屋根の形式が似ています。
photo
仏塔には特徴があり、カビラ梵天王の四面の首が乗っていました。
photo
夕陽の名所として知られるようになったプノンバケンの丘。
丘はそんなに高くはなく、密林の中に小さくアンコールワットの尖塔が見えました。

記事登録日:2017-02-02

ページの管理人ろっきいさん
ろっきい photo
  • 掲示板 280件
  • コメント 1,011件
  • アルバム 1,072枚
  • 旅行記 177件
日本との行き来のゲートタウンとしてバンコクを利用しています。バンコクの町の不思議な魅力は感じますが、屋内は冷房がきつく外は暑くて汗をかきます。
空気は汚れているし、バンコクに長居は無用です。