バーンクンメー

Ban Khun Maeบ้านคุณแม่

閉店・移転、情報の修正などの報告

アンティークな雰囲気のなかで、オーソドックスなタイ料理が楽しめるレストラン。 メニューも豊富だからいろいろ選べます!

こんにちは、ナビです。
きょうは、サイアムスクエアにあるタイ料理のお店、BAN KHUN MAE (バーンクンメー)へ行ってきました。
サイアムスクエアはタイの若者たちの人気スポット。日本の渋谷、原宿といった感じでしょうか?
新しいショップが次々にオープンするなか、バーンクンメーはそれに流されることなく、趣のある店構えで私たちを迎えてくれます。
趣のある店構え、、、そう、ナビの第一印象は、タイ風の古いお店!
それもそのはず、今年でオープン18年目。
当初、お店の名前は「バーンクンポー(お父さんの家)」だったそうで、7年程前に「バーンクンメー(お母さんの家)」に変えたんだって。なんだかタイらしい!
お店のなかへ入ってみると、、、ただ古いだけじゃなかったみたいです。木造の店内は照明が控えめ。壁にはタイの古い写真、棚には置物が並べられていてます。そして、静かなバックミュージック。まさに、お店そのものがアンティーク!
ナビはお昼に行ったので聞けなかったけれど、夜7時から10時には、ここでタイ式の琴の演奏があるそうです。
☆ ランチョンマット、ナプキンも年季が入ってました。
☆ ランチョンマット、ナプキンも年季が入ってました。
☆ ランチョンマット、ナプキンも年季が入ってました。
☆ ランチョンマット、ナプキンも年季が入ってました。

☆ ランチョンマット、ナプキンも年季が入ってました。

☆ アンティークな電話。 ☆ アンティークな電話。

☆ アンティークな電話。

☆ おトイレもこんな感じ。
☆ おトイレもこんな感じ。

☆ おトイレもこんな感じ。

☆ 階段を上がって2階へ。貸切パーティーができます。
☆ 階段を上がって2階へ。貸切パーティーができます。
☆ 階段を上がって2階へ。貸切パーティーができます。
☆ 階段を上がって2階へ。貸切パーティーができます。
☆ 階段を上がって2階へ。貸切パーティーができます。
☆ 階段を上がって2階へ。貸切パーティーができます。

☆ 階段を上がって2階へ。貸切パーティーができます。

お店に入って左側のカウンターでは、タイのおかあさんが料理をしている様子を見ることができます。
お店に入って右側のテーブルには、タイのデザートが並んでいます。彩りもきれいでおいしそう。ここから選んでオーダーしてもOK。
ワイン、ココナツジュースも冷えてます。
メニューはいろいろ。サラダ、肉魚料理、フライ、炒め物、スープ、カレー、ご飯類、麺類、デザート、ドリンク、辛いものから、辛くないものまで一通り揃っています。
重みのある木製表紙のメニューはタイ語と英語。写真のメニューもあるので選びやすい。

SHRIMP SPICY SOUP 120B

まずはこれ、タイ料理といえば、ご存知トムヤンクン!!
赤橙色のスープの中には、黄緑色のレモングラス、鮮やかな赤いチリ、レモンに似た香りのマックルーの緑の葉にパクチー(コリアンダー)。その彩りと匂いが食欲をそそいます。
それではいただきまーす!
まずはスープをひとくち、、おやっ、見た目よりも甘い!辛さは控えめ。
辛味、甘味そして酸味がしておいしい。コクがあるけどさらっとしてます。
フクロタケ、トムヤンクンの辛さに合う甘いトマト、そして、くるっと丸まったぷりぷりエビ。
スープとして飲んでもよし、ごはんにかけて食べてもよし。
辛いもの好きのナビとしては、辛さのパンチがちょっと足りないかなぁ、って気がするけど、誰にでもおいしく食べられる味。

DEEP FRIED MARINATED CHICKEN WRAPPED WITH PANDANUS 85B

お皿には、何やら葉っぱにくるくるっと巻かれたものが。
この葉をほどいてみいると、中には鳥の唐揚げ!
タイ語でバイダァーイと呼ばれる葉っぱ。
唐揚げの皮はカラッとしていて、お肉は柔らかい。スプーンとフォークでもラクラク食べれます。
お酒のおつまみにも相性が良さそう。
そのまま食べてもよし。一緒についてくるタレは、甘酸っぱくてほんのり辛く、また一味楽しめます。

PRAWN IN RED CURRY PASTE 220B

タイ語では、チューシークン。
人気のメニュー。
ココナツミルクにエビ、チリペーストをいれてボイルしたもの。
こちらも色は辛そうだけど甘めの味つけ。辛さはほとんどありません。
クリーミーなソースにはエビの甘さが伝わっています。ごはんにかけてどうぞ!
たて切りされたエビは、頭の部分まで食べれますよ。

STEAMED SNAPPER WITH LIME 280B

ウェイターさんが料理を持って近づいて来ると、うわーっ、いいにおーい!
ライムやパクチーの香りが漂って、あぁー早く食べたいっ。
タイ語で「プラガポンヌンマナオ」と呼ばれている蒸し料理。
このお魚「プラガポン」フエダイの一種。白身でクセがなく、子供から大人までおいしく食べれるので、おかゆやスープに入れたりとタイの家庭の食卓にもよく登場します。
魚型の鍋器には魚が丸ごとドン!
お魚エキスたっぷりのスープは、ガーリック、マナオ、チリが入って絶妙な味。酸っぱくてさっぱり、そしてピリっと辛味が効いて後を引きます。
お魚はとても柔らかいので、スプーンでくずしながらどうぞ。

おいしい料理に夢中になっていたら、いつのまにか店内はお客さんでいっぱい。タイ人、日本人、欧米人、、ここに食べに来る人の90%が外国人だそう。
いかがでした?
タイ料理ってどんなのがあるの? タイ料理を食べたいけれど辛すぎるのはちょっと、、という人にオススメ!
今度、日本からお友達が遊びに来たらココに連れてこよう!っと。
◆お店のまわり
すぐ近くにはノボテルホテル。
洋服屋、消防署、ちょっと一息できるコーナー。
◆お店への行き方
スカイトレイン(BTS)サイアム駅下車。EXIT4から出るとわかりやすい。
大きな道路はラマ1世通り。この通り沿いのSoi 5 (ソイ5)を入って行きます。
Soi 5 の入口左手には銀行、右手にはレストランの「MK」があります。
ソイ5をまっすぐ歩いて、つきあたり正面に見えるのが BAN KHUN MAE。
駅から徒歩で3~4分です。

記事登録日:2005-10-14

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    okgroooo

  • photo

    okgroooo

  • photo

    graspp78kkk

  • photo

    graspp78kkk

  • photo

    graspp78kkk

  • photo

    graspp78kkk

  • photo

    graspp78kkk

  • photo

    chiharu_56

  • photo

    chiharu_56

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2005-10-14

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供