インティメイト ホテル パタヤ バイ ティム ブティック

Intimate Hotel Pattaya by Tim Boutique

閉店・移転、情報の修正などの報告

【ナビ吉のお泊りレポ】ティムブティックホテル

お洒落で清潔 パタヤの新進ブティックホテルに泊まってきました。

サワディカップ バンコクナビです。 パタヤにも訪れたブティックホテルの新しい波。
その中でも清潔、お手頃、ネット無料、海まで歩いて5分のティムブティックホテルに
お泊り体験してきました。

何と言っても体験記事なので、フロントなどは紹介記事をご覧頂くとして、早速お部屋の中をご案内、今回泊まったのは508号室スーペリアダブルです。
まずチェックするのはお部屋全体とベッドの硬さ、椅子のすわり心地などです。
ベッドの硬さは結構硬め、新しい分、スプリングがへたっていなのいでしょう、95点。
次、見た目は立派な足置き付きチェア、正直あまりすわり心地良くないです。
背もたれの角度が結構立っているので、普通に座っている分にはまあまあですが、テレビなどを長く見ているとやはりもう少し角度があればと思ってしまいました、60点。
お部屋内の広さですが、これは36sqmというスペックの割には広く感じます、90点。
エアコンのスイッチがドア横の高い所にあってリモコンがありません。これはいけません、
40点。夜間、ベランダの外に置いてあるエアコンの室外機の音が結構気になりました。
50点。目の前がショッピングセンターで明るくて良かったです。一応65点。
鏡台は鏡も大きく、スタイリッシュで使い勝手もOK,90点。
番外ですがお掃除の具合はというと裸足で歩いてもほこりっぽさはありませんでした。95点。(ただしいつもこの状態とは限りませんのであしからず。)
続いてネット環境、テレビ、ライティングをチェックします。
持ち込んだ古いノートPCのワイヤレスをONにすると間も無く「TIM_Resident」のネットワークが検出され、フロントから貰ったユーザーネームとパスワードを打ち込みます。
速度はタイにしては遅くない方、日本のスピードに慣れた方には少しもどかしいかも、70点。テレビはNHKが入ると聞いていましたが、こちらはOK、ただしNHKワールドのため、全部が日本語放送ではありません、60点。最後にライティングですが、正直暗い、特に夜になり、ベッド脇のライト以外、天井には小さいライトしかありません、40点。
次は荷物置き場、クローゼット、セーフティボックスです。
荷物を置くスペースとしては充分、カバンを3つ置いて半分余ります、80点。
クローゼットはズボンをぶら下げても大丈夫、広さも余裕があります、90点。
最後にセーフティボックス、持ち込んだPCを入れてみたところ蓋が閉まりませんでした、70点。
次はバスルームをチェックしましょう。まずはバスルーム全体の広さ、かなり広いです、95点。トイレの水の流れ具合、全く問題なし、100点。バスルーム全体の換気、100点。
バスルームと部屋の段差、これって結構重要なんです、100点。バスタブの大きさ、100点。お風呂の水量、バスジェルを入れてバブルバスにしてみました、100点。水そのものの透明度、バスタブが白でしたので、簡単にチェックできました。95点。洗面台、少し小さめだったので70点といったところでしょうか。
次は屋上のプールをチェックします。大きさは少し小さめで60点。清掃度、清潔度は問題なしで90点。ベッド、パラソル関係90点。展望は海が見えるので90点。シャワーがレインタイプだったので90点。小さいけどバーも付いているので80点、結構全体にポイントの高いプールでした。
快適な一夜を過ごし、いよいよ最終章、朝食チェックです。タイの挨拶、合掌をした人形がお出迎え、エキゾチックな雰囲気は80点。基本はタイ料理とアメリカンブレークファストの組み合わせで、種類はそれほど豊富ではないので65点、と言いたいところですが、目の前でオムレツなどを作ってくれるので、10点加えて75点にしておきましょう。
それと喫茶店のような落ち着く席、これは評価をしてあげたいので80点。
お料理の味は可もなく不可もなくの70点というところでした。
さあいよいよ全体の平均を出してみましょう。今まで個々にチェックした6項目全体の評価を表にまとめて、全体の平均点を出してみました。得点は堂々の76.98、充分合格と言えるのではないでしょうか。勿論このポイントはナビの主観が多分に入っておりますが、是非皆さんの評価をお聞きしたいところです。以上バンコクナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日 :2009-01-30

ページTOPへ