シリギリヤ スパ

Sirigiriya Spaสิริ กิริยา สปา

閉店・移転、情報の修正などの報告

  • ニューイヤープロモーション
    ◆SIRI スペシャル トリートメント 3,250baht⇒2,500baht
    ◆ピュア ビューティファイヤー 4,850baht⇒4,000 baht
    ◆アルテイメット デトックスペリエンス 2,950baht⇒2,360baht
    ◆ボディブリス 2,350baht⇒1,900baht
    ◆アロマチックストレスメルト 2,250baht⇒1,800baht
    ◆アアロマチックストレスメルト by ホットストーン 2,550baht⇒2,100baht
    ◆アルテイメット デトックスペリエンス by ホットストーン 3,250baht⇒2,700baht
    プロモーション期間:~2018年3月31日まで

50年の歴史を持つタイの古家を改装してできたスパ。緑が溢れる光いっぱいの空間で存分にハーブエキスを浴び、見かけだけじゃない、才色兼備な淑女を目指しましょう!

★ 素敵なお家は風の通り道
サワッディーカー!バンコクナビです。スパ乱立気味のバンコクにあって、本当にお金と時間をつかって行く価値のあるスパを見定めるのは、至難の業になりつつあります。今回ご紹介するシリ・ギリヤスパは、築50年を超える古家を改装してできたスパ。古い家の持つ落ち着いた雰囲気と緑いっぱいの中庭、奇をてらったところが全くないのに、なぜかそこで感じるのは古さではなく新鮮さ。扉や窓を開け放った居間(正しくはレセプションルームですが、あまりにも居心地が良いので居間と呼ばせてください)にしばらく佇んでいると、風の通り道が見えるようです。さぁ、百聞は一見に如かず、早速中へお入り下さい。「ようこそ」という、麦わらスリッパくんの声が聞こえてきそうじゃありませんか!
白い壁にふんだんな緑が映えて、本当に目から心に抜けていくような景色です。門を入ってから、一歩足を踏み入れるごとに、すぅーっと心が静まっていくのが分かります。
★ 『シリ・ギリヤ』とは、「淑女のたしなみ」
オーナーのピヤポーンさんに、バイトゥーイ(ニオイタコノキ)で出したお茶を飲みながら、お話を伺いました。ここは、50年以上の歴史を持つ古家。3年前までは、おじいさんご夫婦が実際に住んでいたそう。包み込むような温かみがあり落ち着くわけは、そこにあります。『シリギリヤ』という、日本人にとっては少し不思議な響きの名前の意味を尋ねました。『シリ』は「良い」、『ギリヤ』は「行儀・作法」という意味です。とすると…『シリギリヤ』は、「たしなみ」とでも訳せるでしょうか。なんとも奥ゆかしい言葉です。良いたしなみとは外見だけでなく中身が伴って初めて生まれるもの。それはまさに淑女の条件。体だけではなく、心の充実も目指す、という『シリ・ギリヤスパ』のコンセプトにぴったり合ったネーミングですね。
★ 斬新な「浴びる」ハーブ療法
シリギリヤスパでは、20種類以上のハーブを使用しています。タイには、伝統的な『ワーン』という、ハーブによる健康療法があります。『ワーン』といえば昔は、もっぱら口から摂り込む方法だけでしたが、刺激が強すぎるなどの理由で、直接口にするには向かないものも多くありました。そこで、「ハーブを浴びることによって、体の毒素を出す」という方法を編み出し、タイで初めてタイハーブを本格的にスパのメニューに組み込んだのがシリ・ギリヤスパなのだそうです。ベルガモット、生姜、クミンなどがディスプレイされていますが、残りのハーブや調合の割合については秘密なのだそうです。
★ 香りを選ぶ
今回ナビは、Siri Specialty Treatmentコースを受けます。これは、ハイドロハーバルテラピー、ボディスクラブ、SIRIスリミングマッサージ、ホットハーバルラップ、軽食がセットになった、3時間かけて行なう、一番人気のコースです。
(記事作成は2006年のもので、現在このメニュー内容は変更されています。)
まずは、ローズマリー・レモングラス・ラベンダー・ティーツリー・オレンジの中から、好きな香りを選びます。ナビは、甘くて、それでいて爽やかなレモングラスの香りを選びました。
★ 全ての部屋に表札
では早速、お部屋の中へ…と、あれ?表札がある!そう、シリギリヤスパでは、それぞれの部屋に、名前が付いているのです。今回ナビがマッサージを受けたお部屋は、『シリターラー』、「渓流」という意味です。浴槽から見える、水と緑が滴る景色に、早くもナビは癒されモード。紺色のショーツとブラをつけて、準備完了です。

★ 42度のお風呂

まずは、42度のお湯をたたえた浴槽につかります。この42度という温度が大切で、新陳代謝を高め、体の中の老廃物を、最も汗と一緒に出てきやすくする温度なんだそうです。お湯の色は、深い茶色。20種類以上のハーブエキスを、自然そのままの色で抽出すると、こんな色になると言われて納得。日本人は湯船につかることに慣れていますが、普段はシャワーで済ませるタイ人や香港人のお客さんの中には、3分程度で根をあげる人もいるそうです。熱めのお湯が好みのナビは、余裕しゃくしゃく、鼻歌も歌っちゃいます♪いい気持ち~♪
お風呂につかりながら、シャンプー・トリートメントをしてもらいます。髪をすべっていくセラピストさんの指が心地いい~。
そして、タオルで体を洗ってもらいます。赤ちゃんの産湯みたいに、やさしく、やさしく扱ってもらえて、ナビはもう夢心地。。。

★ お茶とシャーベットでリフレッシュ

しっかり温まったその後は、リフレッシュタイム。まずは冷たいバイトゥーイ茶を飲み、その後シャーベットをいただきます。シャーベットはタマリンド味か、チョコレート味を選べます。ナビが選んだのは、タマリンド味。汗をかいた後にふさわしい、さっぱり風味です。湯船につかったままおいしいものをいただくのは、とっても贅沢な気分。

お湯からあがった後は、ていねいに体を拭いてもらいます。まさに至れり尽くせり。

★ ぽろぽろボディスクラブ

さて、お待ちかねのボディスクラブです。レモングラスのさわやかな香りいっぱいのスクラブペーストを、足、お腹、腕、肩、と、順番に隅々まで塗りこんでいきます。ざらざらするけれども、痛くはありません。
そして少し時間を置いて、乾いたところからこすっていくと、スクラブと一緒に、垢や老廃物がぽろぽろ取れていきます。おぉ、取れてる、取れてる!
そのあと、また浴槽につかり、残りのスクラブペーストを洗い流してもらいます。髪のトリートメントも、ここで流します。
ナビが浴槽でぼーっとしている間に、セラピストさんはてきぱきとシーツ交換、つぎに続くオイルスリミングマッサージに備えます。

★ 魅惑のスリミングマッサージ

次にナビが受けたのが、『シリ・ギリヤスパ』が得意とする、スリミングマッサージ。特殊なマッサージ法によって、脂肪細胞の固まりであるセルライトをほぐしていきます。まずは一番気になる足。脂肪をぐっとつかんで、四方八方あらゆる方向に揺さぶります。ぐんぐんぐんと振動が伝わってきて、「まさに今脂肪が分解されているのね!」という感じです。ナビとセラピストさんの爪の色に注目してください。ハーブの黄色に染まっています。先程のハーバルバスで芯から温まり、脂肪燃焼のきっかけを待ち構えている身体にこの怒涛のスリミングマッサージ、効かないわけがない!
続いて、腕、お腹、背中と続き、80分間のマッサージがフィニッシュです。特にお腹は、ナビのお腹の上に台風が来たのかと思うぐらい、トルネード手法でじっくりと揉みほぐしてくれました。このマッサージ、セラピストさんは相当疲れるだろうに、最後まで力を弛めることなく、ナビの脂肪を揺さぶってくれました。さすがです。気になる効果はというと…、体重は来た時と同じでしたが、確かにジーンズのウエストに少~しだけ余裕が!
最後に、タオルの上からマッサージをしてもらい、終了です。セラピストさんに、お疲れ様でした!と声をかけたくなります。

■ 名前の付いた部屋たち

さて、各部屋に名前があると知って、他の部屋もどうしても見たくなったナビ。空いていた部屋を順に覗いて周りました。使われているのは、タイ語の古風な人名用の語句なのだそうです。

◆ 『シリ・ギリヤ』“たしなみ”
スパの名前がついたこのお部屋。ツインルームなので、お友達や恋人同士で使えます。ここでの空間と時間を共有した者同士なら、仲が深まること間違いなしです。
この、ポプリの入った小さなケースをドアの外にぶら下げるのが、「お客様が中にいますよ」のしるし。ポプリはもの言わずとも…の、かわいい演出。ドアの内側には風鈴がついていて、着替えの時に外で待機するセラピストさんに「もう大丈夫ですよ」と合図を送るために、チリンチリンとコウロギのような音を鳴らします。

◆ 『シリ・サラーン』“幸福”
こちらは、趣向を変えて、ガーデンビューのツインルームです。

◆ 『シリ・ソーター』“麗しさ”

この他にも
◆ 『シリ・ナター』“そら”
◆ 『シリ・ガーン』“永遠”

などの部屋があります。
廊下にはカバーのかかった体重計が。

■ トイレ

掃除が行き届いているのが分かる、清潔で正しいトイレです。見てみて!鍵が可愛いの。

お茶を飲みながら綺麗な中庭を眺めたり、タイ伝統の方法で抽出したハーブエキスに浸ったり。シリ・ギリヤスパで得られる美しさは、まさにナチュラルビューティー。まるで素肌のように見せる「ナチュラルメイク」は、通常のメイクよりも、より多くのテクニックと時間が必要だと言われます。正しいナチュラルビューティーは、日常の中できちんと手間ひまをかけてこそ作られる、ということを『シリ・ギリヤスパ』はナビに教えてくれました。

記事登録日:2006-03-08

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    haru0306

  • photo

    haru0306

  • photo

    アラ40

  • photo

    kaorilotus

  • photo

    koka159

ページTOPへ▲

主なメニュー

メニュー 所要時間 価格
SIRI スペシャル トリートメント 180分 3,250 (バーツ)
ピュア ビューティファイヤー 255分 4,850 (バーツ)
4ハンド タッチof SIRI 165分 3,650 (バーツ)
ロストインアモーメント 210分 4,450 (バーツ)
アフターサン エクスプローラー 180分 3,250 (バーツ)

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2006-03-08

利用日
女性 男性

関連記事

オンヌット駅(BTS)

オンヌット駅(BTS)

駅から直結したスーパーがある便利なオンヌット駅はタイ人にも外国人にも人気の生活しやすい環境が揃っています。