春のルアンパバーン紀行 2018

旅行の時期 2018年04月

View454

photo
毎朝の托鉢。ルアンパバーンでは今の季節は午前5時55分くらい。
photo
ワットノーン寺院の角にて。
photo
毎朝のお勤め。熱帯では夜が明けると急速に明るくなる。
photo
緑豊かな通りを足早に去って行く。
photo
世界遺産のヘリテイジハウスにあるカフェ・フアンチャン。
photo
軽食をとることもできます。
photo
灌仏会(ブン・ハイソンナム)の準備が進むワット・マイにて。
photo
果物の行商人からマンゴーを買った。二つで1万kip(40THB,約135円)。
黄色いのは酸味があって緑のが甘いという。甘くておいしかった。
photo
街角の露店では供え物の花を売っている。
photo
ナイトマーケットの物売り。
photo
手織りの絹織物は細密で美しい。
photo
子ども達のようすは興味深い。
photo
カフェ・バンワットセーンの鴨のサラダ。

バンコクからの小旅行にお勧めします。

記事登録日:2018-04-12

ページの管理人ろっきいさん
ろっきい photo
  • 掲示板 392件
  • コメント 1,267件
  • アルバム 1,625枚
  • 旅行記 275件
日本との行き来のゲートタウンとしてバンコクを利用しています。バンコクの町の不思議な魅力は感じますが、屋内は冷房がきつく外は暑くて汗をかきます。
空気は汚れているし、バンコクに長居は無用です。