ビエンチャンからラオス中部のコンロ―洞窟へ

旅行の時期 2018年06月

View353

photo
緑豊かなビエンチャン市内の宿、サーラーインペン。エコノミータイプのバンガロー1泊25USD。
photo
近くのフランス料理店、バンドームのラングドビーフ(牛タンのシチュー)、マッシュポテト添。68,000kip(約910円)。
photo
翌朝は新しくなった南バスターミナルからコンロ―行のバスを利用。7万kip。
photo
ナムカディンに架かる橋を渡る。
photo
ベトナム方面とコンロ―方面の分岐、サイコンロー・バスステーションでトラックバス(ソンテウ)に乗換となる。この先の川に架かる橋が仮橋で大型バスが入れなくなっている。
photo
スプリングリバー・リゾートのリバービューバンガロー。1泊35USD。
photo
雨上がりの朝。緑が美しい。
photo
田植の季節で農家は人手が必要だ。
photo
村では水牛が水たまりでのんびり水浴びしている。
代掻きが終ったのか。力仕事はトラクターに替わったのか。
photo
コンロ―洞窟の入口。今年は水が多い。
photo
洞窟内を舟で遡上する。
photo
入口風景。
photo
外は明るく緑が美しい。
photo
洞窟の向こうの世界。
ビジターセンターの周りに売店や食堂がいくつかできていた。
photo
宿のスプリングリバー・リゾートへ戻る。以前のサーラーコンロ―だ。

記事登録日:2018-06-15

ページの管理人ろっきいさん
ろっきい photo
  • 掲示板 392件
  • コメント 1,266件
  • アルバム 1,625枚
  • 旅行記 275件
日本との行き来のゲートタウンとしてバンコクを利用しています。バンコクの町の不思議な魅力は感じますが、屋内は冷房がきつく外は暑くて汗をかきます。
空気は汚れているし、バンコクに長居は無用です。