フードチャンネル・シーロム

Food Channel Silomฟู้ดแชนแนล สีลม

閉店・移転、情報の修正などの報告

シーロムエリアでお手頃な新ランチ&ディナースポット

サワディークラップ、バンコクナビです。
バンコクのビジネスの中心街のひとつ、シーロム地区。ランチタイムには、ローカル屋台から全国チェーンの飲食店まで、多くのお店が繁盛しています。
今日はそんなシーロム地区に新たに登場した、複合飲食店街「フードチャンネル・シーロム」をご紹介します。

場所はバンコク銀行本店のすぐ近く

「フードチャンネル・シーロム」はBTSサラデーン駅2または4番出口からシーロム通りを約300メートル南下。バンコク銀行本店を通り過ぎてすぐにあります。通りに面したところに「おいし食堂」のどことなく日本風な建物が出ているので分かりやすいのではないかと思います。

日本から登場、「おいし食堂」

各4階建て、A館とB館の2棟に分かれた「フードチャンネル・シーロム」で最も注目なお店は、日本の「まいどおおきに食堂」のタイでのフランチャイズ「おいし食堂」。お名前を見たら、お気づきの人も多いかと思いますが、タイの外食チェーン「オイシグループ」の経営です。
コンセプトは昔ながらの食堂。メインの惣菜を選んで、ご飯や味噌汁、小皿料理などをチョイスするスタイルです。
ナビが選んだのは、さんまの塩焼き。お勘定してテーブルで待つことやく5分。出てきたのはいいけれど、頭が右向いてます。この辺りはさすがタイ。
お味のほうは…、ちょうど良い火加減でハラワタの処理がやや雑なこともあり、逆に、かなり美味しくいただけました。

もう1つの目玉は、タイスキと回転寿司が合体した「Shabu-shi(シャブシ)」。
我々、日本人から見るとかなり邪道っぽいのですが、タイでは大人気。ビュッフェスタイルで、鍋と回転寿司が両方楽しめます。
お寿司とはいえ、回っているのは、オイシグループのセントラルキッチンで処理されたネタなので、いわゆるオイシのお寿司そのもの。
ナビの個人的な感想をいうと、シメサバだけは許せるレベルです。
こちらの「シャブシ」、日本人同士では候補には挙がりませんが、タイ人と一緒の場合は重宝します。オイシグループのレストラン、全体的に言えることですが、にわか日本食好きの人にも、日本食がダメな人にも何かしら食べられるものがあるという点はもっと評価されるべきだと思います。
その他、館内にはフュージョン料理店「be friend」や「Barley」、ビューティサロン、ネイルショップなども入居、ちょっとした時間つぶしにも重宝しそうです。
とはいえ、まだまだオープンしたて、これから一層充実するようなので、楽しみに見守って行きたい所です。
ネイルサロン ネイルサロン

ネイルサロン

レストラン&バー「BARLEY」 レストラン&バー「BARLEY」 レストラン&バー「BARLEY」

レストラン&バー「BARLEY」

館内には美容室も 館内には美容室も

館内には美容室も

いかがでしたか?
2009年末にオフィス街シーロムに登場し、飲食店が多く入居した注目スポット「フードチャンネル・シーロム」。オープンしたてなので将来は未知数ですが、BTSサラデーン駅周辺の飲食店街激戦区から一歩外れた場所にできた浮島のような存在なので、注目度も高く、ビジネスマンだけでなく観光客も多く足を運んでいる印象を受けました。
皆さんも近くを訪れることがあったら覗いてみてください。
以上、バンコクナビのレポートでした。
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2010-03-09

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-01-13

スポット更新日:2010-02-07

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供