閉店・移転、情報の修正などの報告

チャオプラヤー川沿いにある有名レストラン。テーブルから見える川向うのワットアルンが素晴らしい景色!夕日が沈み暗やむ空の中でライトアップされるワットアルンを見ながららの食事を楽しみましょう。


美しくそびえるワットアルンを見ながら美味しい料理が楽しめる有名店「The Deck(ザ・デッキ)」。チャオプラヤー川を挟んで対岸にワットアルンが見えるという絶好のロケーションです!ランチも営業しているので、タイ観光の定番ワットポーとワットアルンを観光した後のお茶やディナーで利用するのにピッタリです。それでは早速ご紹介していきます!

行き方


「The Deck」は、ワットポーから歩いて3分程。とても近くにあります。ワットポーの脇の大通り(チャオプラヤー川寄り)から、小さなソイに入り、その奥にあります。ワットポーまでは、駅から離れた場所にあるのでタクシーで行くのがオススメです。その場合は、「パイ ティー ワット・ポー」と運転手に伝えて下さいね。

(1) ワットポーに到着したら、まずワットポーの裏側(南端のチャオプラヤー川方面)に行きます。「Thanon Chetuphon(Chetuphon通り)」という標識が立っている所です。

(2)ワットポーを背にして立ち、チャオプラヤー川の方に向くと、小さな道(ソイ)があります。角に、「The Deck」という看板と「Soi Pratu Nokyung」という標識が立っています。

(3)その小さな道を奥に進んでいくと、突き当り右側に「The Deck」はあります。

お店の雰囲気をチェック


お店は、1階:テラス席と屋内席、2階:屋内席、3階:テラス席と屋内席のバー「Amrosa」からなります。店内は、落ち着いた雰囲気の木目の色を活かしたシックなたたずまいです。席もゆったりしているので、寛げます。
また、「The Deck」は実は、「Arun Residence」というホテルに併設されたレストランなんです。入り口からすぐの所は、ホテルのロビーで、素敵なインテリアが楽しめます。
ホテルのロビー部分

ホテルのロビー部分

階段を数段上がると、レストランです

階段を数段上がると、レストランです

オススメはテラス席!

オススメはテラス席!

1階の屋内席です

1階の屋内席です

2階のオススメは、窓側

2階のオススメは、窓側

3階にあるバーのテラス席

3階にあるバーのテラス席

景色をチェック!


同店の一番の自慢は、なんといっても景色!川向いにワットアルンを望めます。朝行っても、ワットアルン。昼間に行ってもワットアルン。夜に行ってもワットアルン。それぞれの時間帯で、それぞれ異なるワットアルンの表情が楽しめますよ。
こちらは、午前中にお店から見えるワットアルン

こちらは、午前中にお店から見えるワットアルン

夕方のワットアルン

夕方のワットアルン

だんだん空の蒼が濃くなってきました

だんだん空の蒼が濃くなってきました

夜中は、ライトアップされています

夜中は、ライトアップされています

料理も美味しい!


「The Deck」は料理も美味しいことで有名です。ナビは、タイ人の友達に連れて来てもらってこのレストランを知ったんですが、そのタイ人も、ここは景色が最高なだけじゃなくて料理も美味しいんだよ、と言っていました。料理のラインナップはタイ料理と洋食。タイ料理は外国人の口に合う味になっています。お値段は1品200バーツ前後~。景色代も含まれている感じのお値段設定です。

カフェメニューも充実


ランチやディナーの食事は、もう他の所を予約しちゃってるのよね、という方もご安心を。カフェメニューも充実しているので、ワットポー観光が終わってワットアルンに向かう前に少し休憩、という使い方もできますよ。スイーツは、お洒落系の盛り付けですが生クリームはちゃんとしたものを使っていて美味しいです(タイだと動物性の純生クリームとは違う、脂肪分が少ない美味しくないクリームを使っているケーキも多く売られているのです、、、)。一度は試してみる価値、ありますよ!

締めは屋上バー


小さな階段を上って3階に行くと、屋上に到着します。ここには、テラス席と室内席からなるバー「Amorosa(アモローサ)」があります。こちらがオープンするのは午後5時。深夜までの営業です。なんといっても、一杯飲みながらワットアルンを眺める。贅沢じゃないですか。
Amorosa営業時間:月~木17:00~24:00、金~日17:00~01:00

The Deckの楽しみ方


ディナータイムや週末は、要予約です。ワットアルンが見えるリバーサイドや窓側の席を希望する旨、予約の電話で伝えておきましょう。夕暮れ前にお店に着くのがベスト。日の入り時刻は時期にもよりますが、17時半頃にお店に着くようにすれば間違いありません。
オススメの楽しみ方は、「ワットポー観光→ワットアルン観光→17時半頃に「The Deck」に到着→夕食を楽しむ→屋上のバーで一杯片手にワットアルンを眺めながら大切な人と語らう」という流れ。いましがた汗水たらして塔を上ったワットアルンに陽が沈み、空の色が徐々に濃くなっていく様子と、ライトアップされた美しいワットアルンをじっくり楽しみましょう。
ワットアルンがとっても大好き!という方には、併設のホテル「Arun Residence」に宿泊するのもオススメですよ。



いかがでしたか?バンコク旅行の必須観光スポット「ワットポー」と「ワットアルン」にほど近いリバーサイドレストラン「The Deck」。タイ旅行の初めに行って、旅に出られたことを祝い非日常のスタートを切るためにワットアルンを眺めるのもよし。旅の最後にワットアルンを眺めながら、タイで見たあれこれに思いを馳せるのもよし。そこには常に、チャオプラヤー川とワットアルンがありますよ。皆さん、タイ旅行を楽しんで下さいね!以上、バンコクナビでした!



記事登録日:2015-02-13

ページTOPへ▲

主なメニュー

単位:バーツ

イチオシ

大エビ入りパッタイ(タイ風焼きそば)卵包み

Original Taste Pad Thai Koong

img 250バーツ

イチオシ

シーフードの黒胡椒炒めご飯

Ruam Mit Seafood Pad Prik Thai Dam

img 200バーツ

とり肉ときのこのココナツミルクスープ

Tom Kar Kai

img 200バーツ

スイカシェイク

Watermelon Shake

120バーツ
img

ストロベリーミルフィーユ

Millefeuille with Fresh Strawberries

img 220バーツ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-10-25

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供