ツイン タワーズ ホテル

Twin Towers Hotel

閉店・移転、情報の修正などの報告

バンコクの中心部、ヤワラート (チャイナタウン)の周辺にあるこのホテルは、ジム トンプソンの家、 ファランポーン駅、サイアム スクエアに近接しています。 また、近くにはワット サケット、スアン パッカード宮殿もあります。

サワッディーカー、バンコクナビです。 記念すべき日タイ修好120年の節目を超えて、日本人からの観光客がますます増えているバンコク。 今回ご紹介するのは、そんな日本人旅行者の利用率がとっても高いホテルのひとつ、ツインタワーホテル。 客室数660室、レストラン5軒の許容力を誇る大型ホテルの実力を、チェックイットアウトしましょう。
◆アクセス
国道沿いなので、空港からのアクセスも良好、渋滞で所要時間の読めずにフライトに間に合わないという心配も幾分少なめです。 スカイトレインBTS、地下鉄MRTなどの公共交通機関からは徒歩では厳しい距離ですが、MRTホアランポーン駅、大型ショッピングセンター・マーブンクローンセンターと隣接するBTSナショナルスタジアム駅まではホテルの専用トゥクトゥクが片道1人30バーツで送ってくれます。
◆チェックインいろいろ
大型ホテルだけあって、宿泊客のニーズも様々、チェックインも用途に合わせて行います。 一般的なフロントでのチェックイン・チェックアウト、そして団体客専用のチェックインフロア。 さらにジュニアスイート以上のお部屋に泊まった場合は、ビジネスラウンジとなりの専用フロアにてのチェックイン、チェックアウトも遅めの14時まで無料です。

■ 客室紹介

お部屋のタイプは、『スタンダード(ツイン・ダブル)』、『デラックス(ツイン・ダブル)』、『ジュニアスイート』、『デラックススイート』、『プレジデントスイート』。 スイミングプール(無料)、フィットネスセンター(1人200バーツ)、5軒のレストラン、スパ、ヘアーサロンとホテル内の過ごし方もいろいろ。

スタンダード(870号室)36平米
お部屋の広さは決して広くはなく、しかし狭苦しくはありません。 スタンダードにはセイフティーボックスがない代わりに、ロビーにあるセイフティーロッカーを無料で使えます。 ルームサービスなどのサービスは共通です。 部屋は広々、アメニティーはコンパクト、経済的に、でも快適に過ごすにはぴったりでしょう。
バスルームは全タイプ共通。 スタンダードからバスタブがあります。
バスルームは全タイプ共通。 スタンダードからバスタブがあります。
バスルームは全タイプ共通。 スタンダードからバスタブがあります。

バスルームは全タイプ共通。 スタンダードからバスタブがあります。


デラックス(1174号室)38平米
スタジオタイプにはツイン・ダブルの2タイプがあります。 窓の外は高速道路ですが、騒音はなく静かな部屋です。 デラックスタイプ以上の部屋のアメニティーには、セイフティーボックス、バスローブやヘルスメーターなどの追加アメニティー、バンコク市内への電話は無料、ビジネスオフィスでのインターネット1日1時間無料、ウェルカムフルーツのサービスがつきます。

ジュニアスイート(1671号室)60平米
各階のコーナーに1部屋のジュニアスイートは、リビングとベッドルームの2部屋から成っています。 リビングにはデスクも用意されています。 きらびやか過ぎないインテリアと広めのつくりが落ち着けます。 ベッドルームからは、専用ベランダに出ることが出来ます。

●各室共通アメニティー
冷蔵庫 ポット スリッパ カードキー 無料ミネラルウォーター(スタンダード1日2本、デラックス以上1日3本)ドレッサー ケーブルテレビ(NHK視聴可) お茶セット クローゼット 外線電話 目覚まし時計 クリーニング
◎デラックスタイプ以上のアメニティー
バスローブ ヘルスメーター セイフティーボックス
●共通バスアメニティー
ドライヤー 石鹸 シャンプー コンディショナー ローション バスタオル フェイスタオル(中) ハンドタオル バスタブ シャワーキャップ コットン 
◎デラックスタイプ以上のバスアメニティー
歯ブラシセット 綿棒 裁縫セット つめやすり マウスウォッシュ 

■ 施設紹介

~ レストラン ~

『フーマンラウ』中華レストラン220席 11:00~10:30
四川・広東料理・ドリンク込み飲茶バイキング(330バーツ/)
夜はアラカルトメニュー、昼は飲茶を出す中華料理レストラン。 7室のプライベートルームもあり、パーティーなどにも適した豪華な雰囲気です。 飲茶のバイキングの時間にお邪魔したナビですが、その種類の多さは、ランチだといって侮れません、汁物、蒸し物、揚げ物、デザートと選り取りみどりです。

『ゴールドチーク』インターナショナルビュッフェ 350席 24時間営業
インターナショナル&タイ料理ビュッフェ(昼300バーツ/人、夜400バーツ/人)
メインダイニングとなるレストランは、深夜や早朝のフライトの旅行者も迎える24時間営業のビュッフェスタイルレストラン。 インターナショナルというだけあって、刺身、寿司まであります。 タイの一般的な料理が一通り揃い、屋台でおなじみのバーミー(タマゴ麺)やクイッティアオ(米麺)のコーナーもあります。 デザートも充実しているので、タイの伝統的なお菓子をここでなら一通り味わえるのも嬉しいところです。 レストランの外にはペストリーがあり、パイやケーキ、サンドイッチを買うこともできます。

『テンテン スキ』タイスキレストラン 220席 11:00~10:00
タイの代表料理の一つタイスキがホテル内で楽しめます。 家族やグループでわいわい集って食べるのがおいしいタイスキ。 エビが泳ぐ水槽に迎えられて、広めに設置された席で団欒を楽しめます。

『ダイコクラーメンレストラン』40席 11:00~10:00
海外旅行をしていて、突発的に無性に食べたくなるのが日本食。 観光で疲れた後に、ラーメンやカレーなどスタンダードメニューが恋しくなる気持ちに応えてくれる日本食レストランがホテル正面にあります。 自家製の麺が自慢のラーメンは、マスコミにも紹介されています。

『リムラヤプールサイドレストラン』50席 6:00~10:30
窓ガラスからプールが見渡せるレストランは、朝食のビュッフェ会場。 メニューはインターナショナルで、パン、シリアル、お米、フルーツ、サラダ、乳製品と朝食の定番がそろっています。 朝のビュッフェの時間は6時から10時まで、その後はアラカルトでプールサイドからオーダーすることも可能です。

~ プール ~
ツインタワーズの名の下に、2棟のビルから成るホテルの中心に位置するスイミングプール。 暑いタイでは、朝でも昼でも水に浸かるのは気持ちのいいものです。 ジャグジーもあり、ゆったりとしたプールです。

~ フィットネス ~
プールの隣には、フィットネスジムがあります。 1人200バーツで、マシーン、スタジオ、ジャグジー、サウナの利用が出来ます。 朝7時から夜7時まで。

~ ビジネスセンター ~
日本語新聞(読売新聞)、パソコン、プリンター、高速インターネット、ファックスなど一通りを揃えたビジネスセンターは24時間営業。 エグゼクティブクラス以上の客室に泊まれば、ここでのインターネットは1日1時間無料で利用できます。 秘書サービスなどもあります。

~ マッサージ&スパ ~
ホテルに戻って、一息ついたらドッと疲れを感じるなんて経験ありませんか? そんな時に嬉しいのが、朝10時から深夜12まで営業しているマッサージ&スパ。メニューは、フットマッサージ(一時間400バーツ)、タイ古式マッサージ(一時間500バーツ)、アロマテラピーマッサージ(一時間1000バーツ)そして、3時間のツインスパパッケージ2400バーツと用途に合わせていろいろ選べます。
マッサージルームはグループで受けられる大部屋もあります。 スパはプライベート感覚を重視した部屋のつくり。

~ ヘアーサロン ~
スパの向かいにはヘアーサロンとフットマッサージコーナーがあります。 シンプルなシャンプー&ブローから、カラーリングやパーマまで。 ホテルの中ですが気取らず、街中のサロンと専門サロンの中間のような雰囲気なので肩肘張らずに訪れることが出来きる雰囲気。 10時から午後8時。

~ エンターテインメント ~
フロントに向かってロビー右手側にあるラウンジでは、日替わりのスペシャルドリンクがオーダーできます。 夜はバンド演奏が楽しむことができ、午後6時にはロビーにてタイダンスのパフォーマンスが行われるので、グラス片手に見てみてはいかがでしょう?

いかがでしたか? 無駄なく、不足なくの加減で幅広いゲストを迎えて16年、高速道路から見えるツインタワーズホテルの実力を垣間見ました。 以上、バンコクナビでした。

記事登録日:2008-03-10

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    ろっきい

  • photo

    ろっきい

  • photo

    ろっきい

  • photo

    ろっきい

  • photo

    ろっきい

  • photo

    ろっきい

  • photo

    ろっきい

  • photo

    ろっきい

  • photo

    ろっきい

  • photo

    ろっきい

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-03-10

スポット更新日:2019-04-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供