ラマダ ホテル & スイーツ

Ramada Hotel & Suites

閉店・移転、情報の修正などの報告

ラマダ ホテル & スイーツはバンコクのクローントゥーイ周辺に位置し、近隣にはターミナル 21 ショッピングモール、ルンピニー公園、プラトゥーナム市場があります。近隣の見所にはサイアム パラゴン モール、パッポン ナイト マーケット もあります。

サワディカップ バンコクナビです。「○○と○○は新しい方が良い。」日本人が割と良く使うフレーズですが、この○○に皆さんは何を入れますか? ナビは迷わず「ホテル」を入れます。今日ご紹介するのは2010年4月にオープン、部屋も設備もピカピカのラマダホテル&スイート、全97室12階建ての中型ホテルです。

レストランも豊富

場所はバンコクの中心アソークエリア、スクンビット通りのソイ12に位置しています。
スクンビット通りからホテルまでの間には有名タイ料理店「キャベジス&コンドーム」、朝9時から営業で朝食も食べれるクレープス&Coなどがあって夜でも徒歩で食事に出れる好ロケーション、便利って大事なことですよね。
創作タイ料理 キャベジス&コンドーム

創作タイ料理 キャベジス&コンドーム

スイス人オーナーのクレープス&Co

スイス人オーナーのクレープス&Co

5分ほど

スクンビット通りソイ12は行き止まりの道、道幅もあまり広くなく、5分ほど歩くと右手に白亜の新築ビルが見えてきます。遮光のため青く見える窓ガラスも涼しげな12階建てのビル、ここがラマダホテル&スイートです。大型バスが絶対に入れないこの立地は、個人旅行者専用の証、早速中を覗いてみましょう。

庭を望むフロントロビー

白い大理石が張られた床がバンコクの暑さを忘れさせてくれるようで、青い光が差し込むフロントロビーはオレンジの照明をバックに浮かんで見えます。右手にあるソファーの奥には東屋を持つ緑の庭が広がっており、お部屋以外の部分の快適性が伺えます。この庭の奥にはスイミングプールもあって、短期・長期を問わずラマダホテル&スイートで過ごす期間をより中身の濃いものにしてくれることでしょう。

デラックスルーム(ツインベッド)

今回はデラックスルームとビジネスルームを見せて頂きました。デラックスルームは32sqmの広さがあり、ベッドタイプはキングサイズベッド、ツインベッドの双方が選べます。シックなベージュを基調とした装飾は落ち着き度抜群、長旅から開放されて「ほっ」と一息つける優しい空間です。足載せとセットになったソファーの感触も良く、全面ガラス窓から射す明るい光に満足度は◎。チェックアウトをするのをためらう気分が部屋に入ったときから始まるような気がします。

備品類も充実

前が鏡張りで鏡台のようになったデスクとチェア、大型のLCD液晶テレビはNHKも視聴可、DVDプレーヤーも付いているので部屋で過ごす時間も好きな番組を見ることができます。ヘアードライヤーも室内に置かれ、さらに湯沸しポットとお茶セットもある、何とも至れり尽くせりの内容です。

それだけではありません

さらにクローゼットを開ければセーフティボックス、傘、スリッパにバスローブと揃えておいて欲しいものは一通りありますのでほぼ完璧、しかも嬉しいことに無料飲料水は1本が大き1リットルサイズ、備品に関しては満点の評価をあげて良さそうです。

バスタブは無し

残念ながらデラックスのカテゴリーにバスタブ付きのお部屋ありません。全てシャワーブースのみとなります。シャワーは天井に付けられたレインタイプと壁に付けられたハンドタイプの両方が使え、洗面台に拡大鏡と115ボルト切替電源もあり、湯船にじっくり浸からなくてもOKという方には充分過ぎる内容ではないでしょうか。

ビジネスルーム(キングサイズベッド)

次に見せて頂いたのがビジネスルーム45sqm、このタイプはキングサイズベッドのみの設定となります。部屋に入るとまずはテーブルとソファーのあるリビングスペース、そして簡易キッチンも付いていますので長期滞在の方にも快適にご利用頂ける内容です。

ベッドルーム

ガラス戸で仕切れるようになったベッドルームは窓も大きく本当に明るいお部屋です。冒頭にも書いた通り遮光のため青い色が付けられたガラスを採用しているため室内に入る光も青味がかかり、何とも涼しげな快適空間、気分の良い朝を迎えられる予感がします。
そしてベッドの正面にはやはり大型の液晶テレビが据え付けられており、2時間先を行っている母国日本のニュースも朝から確認可能です。

表を見れるバスルーム

デラックス以上のお部屋タイプには全てバスタブが付きます。このビジネスルームはバスルームにも窓があるため、ブラインドを開ければ表を見ながら入浴も可能、自然の光を浴びながらの朝風呂、かなり贅沢な気分に浸れること間違いなしです。

フィットネスもあります

1階フロントロビー裏手にはフィットネスルームも完備。ジョギングマシーン、ウェイトマシーン共に充実した内容、プールにも近いので汗を流したその後は水泳で身体をクーリングすることもできますね。日本とは異なる南国タイの気候、逆にその気候をエンジョイする一つの方法はこのフィットネス&スイミングプールを活用することです。寒い季節がある日本では中々こうは出来ません。

トゥクトゥク無料シャトルもあり

折角快適に過ごしているのに、外の道を歩いて汗をかきたくないという方、あるいはバンコクに来た以上トゥクトゥクには乗ってみたいけど、危なそうで嫌という方、ご安心下さいラマダホテル&スイートには送迎専用の無料シャトルトゥクトゥクが用意されています。
ホテルからスクンビット通りまでほんの数分のトゥクトゥク体験ですが、貴重な時間と体力をセーブすることができます。一般のトゥクトゥクとは異なり音も静かで快適なシャトルトゥクトゥクを是非ご利用下さい。フロントにお申し付け頂ければ朝7時から深夜まで
利用可能です。

新築の建物に充実したサービス内容、広くてきれいな庭とプールを持つラマダホテル&スイート。トゥクトゥク乗車体験もできる新しいホテルです。大型バスが入れない以上団体のグループと出くわすことも無く、バンコクホテルライフをより快適にお過ごし頂けるのではないでしょうか。スクンビットの中心にありながら手頃な料金体系のこのホテル、一度是非ご利用下さい。以上バンコクナビでした。
 

記事登録日:2011-05-19

ページTOPへ▲

関連タグ: ラマダ アソーク

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-06-14

スポット更新日:2015-06-16

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供