パフラット市場

Pahurat Textile Marketตลาดพาหุรัด

閉店・移転、情報の修正などの報告

服にアクセサリーにシルク生地にまとめ買いをするなら『パフラット市場』へ。チャイナタウンからも近く地元の隠れた人気市場です。

服飾関係の布やアクセサリーが破格の値段で並んである市場。休みの日は多くのタイ人で賑わい、在タイの日本人マダム達も生地を買いに訪れる市場です。近くに「インド人街」があることでも有名な市場であるため、異国の雰囲気が入り混じっています。服飾材を安く大量に探している人には嬉しい収穫があるでしょう。生地を購入した後に記念にタイの伝統衣装を作ってみるのも良いかも!?

パフラット市場へどう行く?

市場近くに住むタイ人にはとても親しみの深い市場ですが、旅行者にとっては知らない人のほうが多い「パフラット市場」です。それでも知る人はやはり知っていて、チャイナタウン(ヤワラート)へ行くついでにちょこっと寄っていく、なんて人もいたりします。歩きながらチャイナタウンを見学し、その後に30分ほど歩いて「パフラット市場」へ寄るか、すぐさまタクシーに乗って向かうかお好きなほうでいらしてください!

写真でみる! パフラット市場って?

「パフラット市場」と聞くとタイ人は「服や生地がたくさんうっている市場」と答えますが、それと同時に効くのが『リトルインディア』という答えです。そう、パフラット市場という市場の横すぐの所に『リトルインディアン』すなわち「インド人街」があるのです。その影響もあってか「パフラット市場」には大量の服食材がインド製であるものも多くあります。タイシルクを使用した生地やインドシルクを利用した生地が混在し、自分の好みでみな大量に買い占めていくとのことです。タイの伝統衣装やアクセサリーのお店に、普段着やパジャマなど、さらに化粧品、カツラまでジャンルに関係なく商品が置かれています。
タイの伝統衣装が店先並び子どもの衣装も勢ぞろい

タイの伝統衣装が店先並び子どもの衣装も勢ぞろい

いくつもに重なる衣服の山!全部みるのは至難の業・・・!?

いくつもに重なる衣服の山!全部みるのは至難の業・・・!?

あれも気になる! これも気になる!!

あれも気になる! これも気になる!!

お祭りに際やお祝いの際に身にまとう衣装の数々

お祭りに際やお祝いの際に身にまとう衣装の数々

タイらしく派手派手の服が大きなサイズまでご用意あり

タイらしく派手派手の服が大きなサイズまでご用意あり

パフラット市場で見つけたアイテム

パフラット市場で一番目につくのは、一面並べられた洋服と衣服用の生地の数々です。タイの伝統衣装や、お寺へ行く時に着ていく白い衣装、寝る際のパジャマや、子ども服、男性用の白いシャツ、靴下、下着・・・。見てまわるほど次々と違う製品があり目が回ります。それでもタイ人の常連客はここで衣服用の生地を大量に買い込み、手作りで服を作るのだそうです。また、タイ在住の日本人マダム達も知る人は知っていて「パフラット市場」を訪れて衣類用の生地を買っていくといいます。暑い日は大変ですが、それでも知る人ぞ知る穴場な『市場』であることは間違いなさそうです。市場にある製品の価格ですが、数を多く買えばディスカウントをしてくれる店もあります。しかしそれでも基本が安いのであまり大きな値引きは期待できません。製品にもよりますが、大体100Bathから500Bathの値段で店頭に並んでいます。
自分で使ったり仏様にお供えをしたり使用はさまざま

自分で使ったり仏様にお供えをしたり使用はさまざま

インド調のアクセサリーがあるのも「パフラット市場」ならでは!

インド調のアクセサリーがあるのも「パフラット市場」ならでは!

お寺に着ていく白装束は年配の方に人気!

お寺に着ていく白装束は年配の方に人気!

衣装記事は色や質によって値段が変わり豊富な種類を誇る

衣装記事は色や質によって値段が変わり豊富な種類を誇る

子ども用のドレスはサイズも色々ありちょっとしたお祝に使えそう!

子ども用のドレスはサイズも色々ありちょっとしたお祝に使えそう!

衣類だけなく布団までゲット!?

衣類だけなく布団までゲット!?

下着も子ども用も婦人用も山ほど

下着も子ども用も婦人用も山ほど

パフラット市場で食事?

基本的にパフラット市場は物を売り出している場所なので、食事をするには適していません。しかし、それでもお腹がすいたら市場の外側にでて屋台で食べるか、少し歩いて近くのショッピングセンターの「ザ・オールド・サイヤム・プラザ」や「インディア・エンポリアム」で食べるか、さもなければ「インド人街」でインド料理を食べるということも出来ます。市場の中に足を踏み込めば飲み物をうる店自体みなくなるので、飲み物は持参していくほうが良いでしょう。
休憩は市場を少し抜けた車道のすぐ横の歩道

休憩は市場を少し抜けた車道のすぐ横の歩道

飲み物にフルーツでパワーアップ!!

飲み物にフルーツでパワーアップ!!

パフラット市場を歩く際の注意点

1.『荷物はできるだけ最低限に』
間違いなく言えることは『荷物はできるだけ最低限に』ということです。市場と聞くだけで汗がでてきますが、「パフラット市場」はさらに暑いと思ってください。店と店との狭い通路にさらに店をかまえ、洋服を高くまでぶら下げていて風の流れを遮ります。屋根はビニールシートですので空気は入りますが、人も多い土日は少し歩いただけで汗がダラダラです。それでも掘出し商品をゲットすべく皆必死で買い物をします。ですので、なるべくなら荷物はあまり持たず、身軽な格好で行かれることをおススメします。

2.ひったくに注意
旅行者を狙う「ひったくり」がいる可能性があります。鞄や財布は絶対自分のお腹の前に持ち、決して放さないでください。リュックなども背に背負うよりは胸元で抱えたほうがよさそうです。

最後におススメを一つ・・・

「パフラット市場」の紹介で何回か出てきた市場のすぐ横にある『インド人街』にもぜひ行ってみてください。タイで成功したインド人が腰を据えて住み込むことが多いという『インド人街』その名も『リトルインディア』です。世界各国からのバックパッカーがわざわざ訪れるというタイの『インド人街』は、流暢なタイ語で物をうるインド人や、本場のインド料理が味わえるということで、インド好きの旅人から大変人気があります。さらにインドのお香やアクセサリーなども少し異国文化にも触れられる良い機会です。
インド料理が食べられるお店あり!

インド料理が食べられるお店あり!

インド人が集まる「シーク教のお寺」

インド人が集まる「シーク教のお寺」


いかがでしたか?昔ながらの雰囲気を残し異国の雰囲気が漂う「パフラット市場」です。初めて知ったという方はぜひお越しください。以上、バンコクナビでした!

記事登録日:2011-06-16

ページTOPへ▲

関連タグ: パフラット市場

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-04-22

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

チャイナタウン - ヤワラート

チャイナタウン - ヤワラート

日本でいう横浜中華街がここバンコクにもあります。その名も『ヤワラート』。おいしい食べ物と活気のあふれたバンコクの中華街。