カロンビーチ・エリア(プーケット)

Karon Beach area phuket

閉店・移転、情報の修正などの報告

パトンビーチのお隣ビーチ、『カロンビーチエリア』はいったいどんな所??

サワディーカー。プーケットナビです。宿泊施設込みのパッケージツアーやプーケットに初めて遊びに来る人達が滞在場所に選ぶのは、やはり観光客のメッカパトンビーチエリアに滞在する人が多いようです。今回ご紹介するのはパトンビーチエリアから南に小山を登って降りるとすぐ見えてくるカロンビーチエリア。ガイドブックや在プーケットのブロガーさんもあまり情報を発信していないカロンビーチエリアはいったいどんなエリアなのでしょうか?ということで、今回は白い砂浜の長~いビーチでありながらいたって地味なカロンビーチエリアをド~ンとご紹介してみちゃいま~す!!

カロンビーチロード(KaronBeach Rd)

砂浜を踏み歩くと、かすかにですが『キュッ キュッ』と音がする鳴き砂でもあるカロンビーチは全長約3KMというおそらくプーケットで一番長い西海岸。お隣のカタヤイビーチとはビーチの一番南側にあるサイ岬(Leam Sai)で分かれます。そのビーチ沿いを走るその名もカロンビーチロードは、パトンビーチや他のビーチに比べると歩道が広くて歩行者がある気やすいので滞在中の早朝ラン(日中だと暑すぎるので。)にはもってこいのビーチストリートです。
<ホテル>
プーケットを代表する広大な敷地を保有する『ヒルトン・アルカディア・リゾート&スパ』や静かなビーチ滞在ができると好評の『タボン・パームビーチリゾート』プーケット独自の建築物シノポーチギースタイルの建物が素敵な『ザ・オールドプーケット・カロンビーチリゾート』や『ウォラブリ プーケット リゾート & スパ』近年人気の高い5スターホテル『モーヴェンピック・リゾート&スパカロンビーチ』など大型ホテルがビーチロード沿い。とはいっても、パトンビーチロードのようにホテルがひきめしあっているわけではないので、広々とした開放感を感じます。

<ショッピングその他>
ホテルとホテルの間には両替所やレストラン、ミニマーケットなどリゾート生活に必要な場所が点在しています。
目の前は広々としたビーチ。寛ぎのリゾートタイムが満喫できますよ。

シャロンサークル周辺


パトンビーチから降りてきてカロンビーチエリアに入りますよ~という分岐点になるのが地元では通称『カロンサークル』と呼ばれているロータリー。
ロータリーの手前、パトンビーチ沿いには『カロンパーク』という小さな広場もあり、各種地元イベントの会場になったりもする場所。ビーチ沿いにはスペースもあって駐車スペースとして使用でるよう。また、観光客向けのオンザビーチレストランも3、4件並んでいるのでビーチでまったりしたときのランチタイムに最適そうでした。

パタックロード(Patak Rd)

パトンビーチエリアからカロンサークルを左に入るとカロンビーチからシャロン湾まで続くパタックロードになります。特にロータリー周辺は、ブテッックホテルやゲストハウスなどのローコスト宿泊施設や、レストラン、マッサージ店、洗濯屋さん、コンビニ、銀行、ダイビングショップなどワットスワン・クリケットまでギッシリ、ビッチリと店舗が並んでいるカロンエリアのちょっとしたミニ繁華街です。
カロンビーチエリア唯一の寺院、ワット·スワンキーリーヘース(Wa suwan Khinkhet)を過ぎると各種店舗やホテルが点在するものの、緑が多いのんびり田舎道といった感じに早戻り。ここからは、お店とお店の間の距離はかなりあるので、この通りの日中徒歩移動はちょっときついようです。
ビーチロードに面した大型ホテルの正面玄関もパタックロード沿いにあります。

ラン・ポー・チャンロード(Luang Poh Chain Rd)

パタックロードを走り最初の信号を右折すると老舗ホテル『プーケット・オーキッド』の正面玄関がある通りラン・ポー・チャンロード(Luang Poh Chain Rd)。こちらも小規模なレストランやお土産屋さん、カフェ、マッサージ屋さんなどが程よい空間に並んでいます。
『プーケットオーキット』を過ぎると右手には便利に『カロンクリニック』そこから右にも細い路地が伸びておりこちらには小さなバーやレストランがごっちゃり並んでいるようです。

いかがでしたか?あまり情報が発信されていないカロンビーチエリアですが、パトンビーチと異なり繁華街はかなり小規模ですが、徒歩移動でリゾートライフに必要な物が適度にある寛ぎの空間のようです。外国人の家族連れが多いのもこのエリアの特徴。ゆっくり静かなビーチライフを送りたい人におススメしたいエリアでした~★以上、プーケットナビがおおくりいたしました~♪

記事登録日:2012-02-23

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2012-02-24

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供