ワット·スワンキーリーヘース(ワットカロン)

Wat Suwan Khiri Khet (Wat Karon)

閉店・移転、情報の修正などの報告

タイ式仏教の色が濃く出た簡素な寺院。

photo


パトンビーチエリアから山を登り下りし、降り切った先に見えるロータリー『カロンサークル』を左折し、パタックロードに入りそのまま直進し、カーブ左手にみえるのが通称『ワットカロン』という名で親しまれている『ワット·スワンキーリーヘース』。言い伝えによると1895年に建設された歴史ある寺院である。本堂外にには2匹の大きなエメラルドグリーンの蛇(ナーガ)に圧倒される。本堂内部の壁にはお釈迦様の生涯がえがかれている。寺院内の2つの小さな建物には、ブラックサファイヤ像が祭られている。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2012-02-23

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供