閉店・移転、情報の修正などの報告

バンコクに新たな大型ショッピングセンター(SC)「パラダイスパーク」がバンコク東部シーナカリン通りにオープン!!

8月24日、バンコクに新たな大型ショッピングセンター(SC)「パラダイスパーク」がバンコク東部シーナカリン通りにオープンします。パラダイスパークは前身の「セーリー・センター(Seri Center)」を、SC大手のMBKサイアムピワットが共同買収し改装したもので、ファッション、映画館、飲食店、フィットネスなど約700店舗出店し、生活雑貨LOFTもあります。バンコクの最新ショッピングセンターであり、タイ人のみならず各国から注目を集めています。

パラダイスパークへの行き方


BTSオヌット(On Nut)駅で降ります。駅をでてからはタクシーかもしくは小さなトラック「」に乗っていきます。所要時間は約15分で、近いとはいえませんがそれでも訪れる価値ありのショッピングセンターです。

パラダイスパークの中は?


外からみると中のようすがみえないため、どのようになっているのかがよくわかりませんでしたが、中に入ってみると大勢のお客さんで賑わっていました。パラダイスパークのあるこの地域は近くにも大型ショッピングセンターが並んでおり、買い物目当てで訪れる人が多いようです。


1. 入口をはいってすぐ

とても広いショッピングセンターなだけに、入口は沢山あります。今回はちょうどフードコートや、食べ物がうってあるところから入りました。レストランもたくさんあり、日本のデパートの地下のお惣菜屋さん?のような感じです。ちょうど真ん中あたりの入口には、タイ人の学生などが集まって楽しそうでした。


2. 上にいくと

エレベーターで上の階にのぼると、服のショップが数多く立ち並んでいます。その中に、日本のロフトもあり、若い人を中心にたいへん人気のようすでした。下から上まで海外の有名ブランドショップなども多数あり、買い物するにはもってこいです。


3. 一番上の階にいってみた

最上階にいってみると、そこには映画館があり、ほかは多くのレストランが並んでいます。映画館はとても綺麗にできていて土日だったということもあり、家族ずれやカップルでいっぱいでした。レストランは、タイの人気のフードチェーンや、多国籍料理、さらに日本のCoCo壱番や大戸屋もはいっていました。おいしいごはんを食べにくるだけでも楽しくなってしまいそうなほど、多種多様なお店があります。


4. 一日をここで過ごす

BTSに乗り、その後タクシーに乗り少々時間をかえけてくるのだから、それなりに楽しくなくては損ですよね?でも大丈夫!! パラダイスパークはきっとみなさんの期待を裏切りません。一日いても回りきれないほどのお店があるし、昼間ゆっくりホテルをでて夕食までずっといる、というようなことも飽きません。それほどお店も多く広々としているのです。バンコクの有名で人気のお店がここに集まったかのような雰囲気で、一日いてもきっと楽しめるでしょう。

気がつけば夜に…


中でじっくり買い物をし、おいしいもの食べ、ゆったりしていると、いつの間にか外は暗闇に。それほど見るものが多く充実しています。時間を忘れて一日を気ままに過ごせるショッピングセンターはあまりありません。夜のライトアップもとても綺麗で、名残惜しささえ感じてきます。いろいろな所にいくのがめんどうであったり、何度もタイを訪れてほとんど観光地はいってしまった、という人におススメなショッピングセンターです。


いかがでしたか?「みる・たべる・かう」すべて良し! のバンコクの新しいショッピングセンター『パラダイスパーク』。新しいからこそ、誰よりも、そしてタイ人よりも早く体験してみませんか?

記事登録日:2010-09-29

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-09-29

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供