スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

コミュニティ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

旅行情報掲示板

掲示板ご利用の前にコミュニティ掲示板ガイドラインをご参照ください。
以下の投稿を禁止します。内容の有無にかかわらず削除、IDの停止をいたします。
・各種団体、施設の告知・宣伝、募集・勧誘活動など
・名前、住所、電話番号など個人を特定できる情報の投稿
・明らかに男女交際を目的とした「出会い系」としての掲示板の利用
※ユーザー同士の交流を規制するものではございませんが、あくまで自己責任の範囲でお願いします。
  • トピック:19,326件
  • コメント:1,140件
トピック 投稿日
投稿者:makoto53

グルメ一般掲示板ウイークエンドマーケットでホテルとSC開発

2017-04-29
タイの不動産ディベロッパー、タナサーンソムバット・ディベロップメントはバンコクの人気ショッピング街ウイークエンドマーケット内の土地約1・6ヘクタールを地主のタイ国鉄(SRT)から賃借し、ショッピングセンター(SC)とホテルを開発する。
http://www.newsclip.be/article/2017/04/28/32884.html
 
投稿者:ろっきい

ショッピング一般掲示板ラオス正月(ピーマイ・ラーオ)三日目のパレード

2017-04-16
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • サバイディー・ピーマイ。今年が良い年でありますように。

  • 今年の水牛は角がある分、撮りにくい。

  • ミス・ルアンパバーンを乗せた水牛がやってくる。

  • 顔見知りを見つけたのかな。

  • 伝統音楽の奏者も通る。

  • 王宮の踊り子たちも行く。

  • 太鼓が行く。

  • 散歩コースの寺院の列だと知っている僧がいたり。

ラオス正月(ピーマイ・ラーオ)三日目。パレードの直前に雨が止んだけれど、見物人は少ない。
やはり賑やかなほうが雰囲気は盛り上がる。サッカリン通りの学校前で撮影。 
コメント(全4件)

タンギュイ

2017-04-17
ろっきい様
写真の水牛の顔等とてもよくできていますね。

お話のあった写真の水牛の角は、かなり角ばっていますね。

私のもっている水牛の角は、根本から中部先端に至るまで、結構曲率をもっていて断面がかなり丸いです。
 

ろっきい

2017-04-20
>>タンギュイさん、たくさんのコメント感謝です。

この日はパレードの直前まで雨がちで見物の人込みが少なく、気合を入れなくても写真は撮りやすかったのです。
しかし、なにか盛り上がりに欠ける写真になりました。パレードが足早に通り過ぎた印象です。

以前の水牛の干支は記憶があいまいです。角が出ている分、上に乗っているミスルアンパバーンの写真が撮りにくくなりました。
 

おいら74

2017-04-26
こんにちは。
帰りのPG機で横にいた者です。

綺麗に写真撮られてますね。
ここ数年、毎年ルアンパバーン(の対岸)には行ってますが、街ではこんな賑やかなんですね。

今年は正月期間はけっこう涼しかったですね。
 

ろっきい

2017-04-27
>>おいら74さん、コメントありがとうございます。なにかコメントを頂けるのはありがたいものです。
バンコクエアの向かいの窓側でラオス語の勉強をされていましたね。

ラオス語はバンコクではあまり役に立ちませんが、イサーン(東北タイ)や北タイの旅行には役立ちます。
チェンマイやルアンパバーンのように外国人の跋扈していないタイの地方の町も良いものです。

ラオスの村は行くだけでも大変ですし、何泊かするのはなかなかできません。たいしたものです。
 
投稿者:ろっきい

現地ツアー一般掲示板ラオス正月(ピーマイ・ラーオ)二日目 パレード

2017-04-15
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • サバイディー・ピーマイ。今年も良い年でありますように。

  • 脇に乗っているお姉さんたちが花びらを撒いてくれます。

  • 今年の干支は水牛のようですね。

  • ミス・ルアンパバーンがやってきました。

  • 民俗楽器のケーンを吹く男性も通ります。

  • 劇団の小猿たち。

  • 高僧の乗った輿にも水掛け。

  • 若い坊さんも人気。

ピーマイ・ラーオのパレードは二日目が往路のワット・タートから市内の目抜き通りを通って半島になった先端部の名刹、ワット・シェントーンへ。三日目はその復路になります。
サッカリン通りのホテル、ビラ・サンティの前で撮影しました。
パレードの最後に隣にいた女に水掛けられて、残念だった。 
コメント(全5件)

タンギュイ

2017-04-16
ろっきい様
リベンジ型水ぶっかけっこより、パレードのほうが趣がありますね。

高層が輿に乗ったパレードは見たことがありますが、坊さんがたくさん並んでパレードというのは、私はこの写真が初めてです。

バンコクのソンクラーンも前日夜か夕方くらいには、各ショッピングセンターともに、仏像群と聖水、セレモニーをやるところは、セレモニーの準備みたいのも完了し、みんなに混ざって、仏像群に水をかけ・・・あれだったら、全然水かけられないので安心でしたね。
 

ろっきい

2017-04-16
>>タンギュイさん、コメントありがとうございます。

水掛けで騒いでいる人たちは酒が入って本人は楽しいのでしょうけれど、それを支えている人たちは新年でも休まず働いているわけで、関係ないのに知らない連中に水掛けられるのは迷惑でしょうねえ。

元来は新年の宗教的な行事で、そういう酒を飲んで大音量の音楽を響かせて騒ぐ行事ではなかったはずなのですが。
 

タンギュイ

2017-04-17
ろっきい様
基本的には、仏像や仏塔に水をかけてお清めをしたり、家族の年長者の手に水をかけお清めをし、相手に敬意を示す・・・・これが基本の姿なんでしょうね。

古都のイメージのはずのチェンマイでも、一部ですが、大音量の音楽を響かせて騒いじゃってましたね。
 

ろっきい

2017-04-20
>>タンギュイさん、ふたたびコメントありがとうございます。

タイのソンクラーンも伝統的な行事のあり方を取り戻す時期が来るかもしれませんね。
 

タンギュイ

2017-04-20
ろっきい様
最後の写真の砂山つながりですが、チェンマイの有名なワットブラシンのすぐ隣の寺院では、そこら辺の川の砂でなく、持ってくるべき神聖な?場所が決まっていて、遠くからはるばるとその川砂を毎回運んできているとのことでした。

 
投稿者:ろっきい

一般掲示板ラオス正月(ピーマイラーオ)一日目

2017-04-14
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • 子ども達が水掛けを始めた。そろそろ宿へ帰ろう。

  • 王宮横のいつもの朝市。

  • トープン売りの女性に写真を撮らせてもらう。

  • ナンプーのナーントラニー像を背景に記念撮影する人も多い。

  • 人が繰り出して歩きにくいがナンプー(噴水)広場まできました。

  • はちみつやハチの巣なんかも売っている。

  • いつもはナイトマーケットでにぎわうシーサワンウォン通り。

タイの皆さん、こんにちは。新年おめでとうございます。

4月14日はラオス正月(ピーマイラーオ)一日目。
この日のルアンパバーンの朝市は特別です。こちらではローラートと呼ぶそうです。
トープンというラオスの干支の動物を描いた幟旗を売っています。

市が終ると、人々はメコン川の砂州でトッパタートサイという砂山を作ってトープンを差します。
水掛けは濡れるのが好きでないので、宿に帰って部屋で休んでいます。 
コメント(全3件)

タンギュイ

2017-04-17
ろっきい様
四枚目と五枚目のメートラニ像は、私は、一つの視点、各メートラニ像の比較という視点で眺めています。水の女神だけあって多くは、やっぱり水と関係ある場所にあったと思います。

バンコクでは、トンブリ地区、その周辺の寺院に多いですね。小さい立像も多いですが、多くは、像の腰部とかに、肩に水瓶とかを持ったりしていて、そこに小さな穴があいていて水が出てくるというタイプがよくあるケースと思います。でも実際には水が出ていないのもたくさんありましたね。

大きいタイプは、今回の写真のもそのたぐいかもしれないのですが、水の穴がないタイプが多いと思います。

ミャンマー国境に近い食堂には、内部に魚を泳がす水槽があり、たまたま魚はいませんでしたが、メートラニ像の腰部の水瓶みたいな浮彫の穴から水が供給されていました。
 

ろっきい

2017-04-20
>>タンギュイさん、いつもコメントありがとうございます。

サヤムではメートラニーですが、タイでもラーンナー(北タイ)やイサーン(東北タイ)ではナーントラニーですね。
トラニー像にも工場製品と手作りのものがあり、手作りのものが味わいがあって好ましいです。

幸運を手招きしている女性像はまた違う名前だったけれど、何だったか。すぐに思い出しません。

この投稿写真の中では上から2番目のタラート・サオの女性と3番目のトープン売りの若い女がいい味を出しています。こういうピクチャーを目指しています。

 

タンギュイ

2017-04-20
ろっきい様
基本は、長い髪の毛をたくしているいるよく見る姿だと思います。大きいのから小さいのまで様々かと思いますが、置物としても土産物のようになっていて、私は、金属製の大きさの違うのを何種類か持っています。

ところが、正確にメートラニー、ナーントラニーなのかわかりませんが、これに類すると一見してわかるのが、立像が多いのですが、例えばトンブリや北タイに行くと、けっこういっぱい見かけます。

数は多くないですが、時に普通の家の前にある時もありますね。カオサンを歩いていたら、普通の家の前にあるのを見つけたことがあります。普通の家の前にあるのは、メートラニー、ナーントラニーと呼んでいいものか、迷ってしまうのもありますね。

写真のは、長い髪の毛をたくしている典型的スタイルなので一見して、メートラニー、ナーントラニーとわかりやすいですね。


トープン売りの女性に写真にある干支の短冊や紙で作った雪洞みたいのが寺院の木、寺院内などに多くひらひらしている姿は、チェンマイや北部ではよく見ますが、バンコクではなかなか見ませんね。

 
投稿者:ろっきい

一般掲示板ラオス正月(ピーマイラーオ)二日目 タイ・ルー族の正月行事

2017-04-15
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • 絹織物は手の込んだ上質なもの。

  • ファッションショーもある。

  • 武芸も披露される。

  • 名産の絹織物。

  • 新年行事の歓迎の踊りが始まる。

  • 笑っておくれ。

  • タイ・ルー族の民族衣装。

  • ルアンパバーン近郊の村バーンパノム。

ラオス正月二日目(ピーマイラーオ)の朝はふだん通りの托鉢から始まる。
近郊の村、バーンパノムではタイ・ルー族の新年行事が行われる。日本では西双版納(シーサンパンナー)として知られるが、タイ語ではシプソンパンナ。この村の人はシプソンパンナーからから来た人たち。
手織物の産地として知られる村にタイ・ルー族の新年行事(ピーマイルー)を訪ねました。 
コメント(全2件)

タンギュイ

2017-04-17
ろっきい様

一枚目の写真の絹織物は手の込んだ上質なもの。二枚目の写真のファッションショーのもとてもよく撮れていると思います。さすが観光大国だけあって、こういう女性がいやな顔一つせず移ってくれるのがいいですね。

一枚目の写真の絹織物は手の込んだ上質なもの、二枚目の写真のファッションショーのも、ラーンナー様式と思いますが、私は、かなり現代感覚、現代美術、技術でラーンナー様式のこれらを美しい方向に改良していると思います。シリキット王妃陛下ではないかと記憶していますが、これに関する伝統を再興された時の元の織り方と比較しての感想です。

私が持っているのは、ラーンナー様式とラオスの様式の織り方の両方が入っているのが多いですね。多くは機織りですが、手織りのもあります。
 

ろっきい

2017-04-20
>>タンギュイさん、いつもコメントありがとうございます。

手織りの上質で手の込んだ絹製品は今は価格が上がって、とても手が出ないものになってしまいました。
少し前に購入したパービヤンと呼ばれる肩に掛ける小さめの飾り布や、そんなに手の込んでいない大きめの模様の絹織物は大切にしています。

ファッションショーの女性像はもっとあるのですが、出し惜しみしているのでなく、公共の掲示板なので一度に多数の写真投稿は遠慮しています。ショーの写真よりタラートの女の表情のある写真のほうが自分は気に入っています。
 
投稿者:ろっきい

一般掲示板織物の村の朝

2017-04-20
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • 予備知識がなかったのでどういう行事なのかわからない。

  • 読経が終ると女たちが境内で何かを燃やす。

  • 朝早くお母さんが村の寺院に行くというのについて行く。

ラオス北部の村の朝。
未明まで降っていた雨が上がって、朝早く村の寺院へ。

昨晩、お母さんが朝5時にお寺に行くけどついてくるかね、と言ってくれたのだが、その時はそんな朝早くまだ暗いよ。と言って断ったのだった。しかし、これは村の新年の行事かもしれないと横になってから気づいて一緒に行くことにしたのだ。

村の女たちが三々五々と集まって寺院に参詣。寺の住職の読経に合わせて唱和する。
そのあとは女たちが境内でなにか紙のようなものを燃やすのだが、どういう行事なのか全く分からなかった。
朝御飯をいただいて、朝の通学バスに便乗してナンバーク市のお姉さんの家へ戻る。 
投稿者:ろっきい

一般掲示板新しい年を迎えた村へ

2017-04-20
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • 隣村でも藍染の作業をしていた。

  • 正月でこちらの皆さんはのんびり。

  • 隣村。茅葺の材料のようだ。

  • こちらの家ではタバコの葉を干している。

  • この家でも藍染の準備をしていた。

  • ご近所の機。表地を裏にしている。模様はチョーク技法(掬い織)。

  • お母さんは藍染の材料を用意している。

  • こちらは村に住む妹さんの機。16歳。村を案内してくれた。

新年のラオス。ルアンパバーン県の北、手織物の産地として知られるタイ・ルー族の村を訪れました。
質の良い木綿の織物を生産しています。 
投稿者:タンギュイ

一般掲示板チェンマイの小さい寺院の一角

2017-04-17
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
女性像ですね。

カラフルでない方は、作った時代が違うと材質等から伺えました。古都チェンマイなんだなと再度思いました。
 
投稿者:タンギュイ

一般掲示板マハカン砦つながり

2017-04-17
  • サムネイル表示
  • 一覧表示

チャオプラヤ川の東の大きな寺院や、博物館等に行き、みんな何度も行ってしまって、もちょっと小さめの寺院や小さめのモニュメントを探そうかと思い始めた頃、何度も前を通過しました。

前は、大通り、しかも交差点っぽい要所?にあるので、結果的によく見ていたものと思います。

2.3年か3.4年前を通過するだけでしたが、有る時、時間がたっぷりあったので、砦に沿って歩いてみました。

驚きました。中に入れました。

外の大通りの状況、あの辺のバンコクによくある感じの状況から、想像がつきませんでした。中は薄暗く、脈々と庶民が生活を営んでいました。憩いの広場と言えるか、庶民が話したり、昼寝等が出来そうな日陰の小さい広場もありました。済んでる人の家屋は、バンコクの中心?ターミナルの様子等からしてちょっと想像しにくい程でした。よく見る光景では有るんですが。

中規模、小規模寺院、中規模、小規模モニュメントの裏の人がやっと二人通れるくらいの薄暗いソイに沿って生活しているイメージに共通しています。
 
投稿者:タンギュイ

一般掲示板ピ クンブリッジ

2017-04-17
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
あの近代的ピンクラオ橋ではありません。ずっとちっちゃなピ クンブリッジです。

ちっちゃくてもコンクリ―トで出きています。これを目指していくと、この数十m以内に二つの寺院があり、この橋を歩いて渡ることによって二つの寺院に効率的に行けます。こういう地形は、バンコクにけっこうあると思います。運河沿いに運河をはさんで二つ行けちゃうパターンですね。

なぜ、歩いて渡るかというと、歩いてでないと渡れません。自転車なら担げば渡れましょうが、大変と思います。行って見れば、その構造から分かるはずです。

茶色い公認?モニュメント看板があることから、由緒ある橋なのでしょうが、近くで、お嫁さんとお母さんらしきが功徳で運河に魚を放流し始めたので、このうんちく記載の英文を読まずして、そっちを見に行ってしまいました。
 
投稿者:タンギュイ

一般掲示板バンコクのソンクラーンのパレードの出発点に近いセレモニー会場

2017-04-17
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
バンコクのソンクラーンのパレードの出発点に近いセレモニー会場です。

ソンクラーン初日の前日だから、入れたんですね。ソンクラーンセレモニーの時は、各界の要人等が座るんでしょうね。

会場づくりの専門業者が会場設営をしていましたね。

右後方に送風装置らしきものが設置されていたのがアップした一つの理由です。
 
投稿者:タンギュイ

一般掲示板パゴダに金の象の像

2016-10-29

国王級寺院はすごいですね。

パゴダの四方の入口の情報に金ぴかの象の像。とてもリアルな像で、一段と輝いています。絶対に手が届かない位置なので、もしかしたらほんものかなと思ってしまうほどです。でも、もしほんものであるなら、日本なら、よじ登る人が出るかもしれません。
 
コメント(全2件)

アライコダイ

2016-10-29
写真は有りませんか?
写真でもあれば 一目瞭然。
文章だけでは、チンプンカンプンだって、うちの孫がいいます、
うちの孫はバカでしょうか? 

国王宮

2017-04-17
投稿者:タンギュイ

一般掲示板チェンライ付近の小さな消防署

2017-04-17
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
チェンライ付近の小さな消防署です。消防車は日本製でした。日本製品が使われているのは、日本人としてうれしいですね。

しかし、付近にはしご車が必要そうな建物が見当たらなかったところが、お伝えしたかったことです。相当遠くまで消しに行くつもりなのでしょう。 
投稿者:タンギュイ

一般掲示板チェンマイのちょっと北の寺院の出入り口近くの陰陽のマーク

2017-04-17
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
韓国国旗にも赤青の陰陽のマークがありますが、白黒の陰陽のマークもよく見ます。

チェンマイのちょっと北の寺院の出入り口近くに陰陽のマークとしか思えないのを見かけました。

韓国ならよく見ますが、タイで見るのはちょっと珍しいかなと思ってアップしてみました。 
投稿者:タイ飯大好き

一般掲示板ソンクランについて教えて下さい

2017-04-07
ソンクラン時期に滞在となります。基本、ホテルで仕事予定です。
数回、行ったことがありますが、ソンクラン時期は初めてです。
水掛けは出来る限り避けたいので、情報を教えて頂けましたら幸いでございます。
ホテルはアソーク近辺です。シーロム、カオサンは当然行きません。
下記、数点教えて下さい。
①13~15の3日間でしょうか?(13、14の二日と書かれているサイトもありましたので・・・)
②水掛けが行われる時間帯は何時からでしょうか。午前中は大丈夫とか、夜は8時以降は大丈夫とかありましたらお願い致します。
③スクンビット、アソーク、ベップリー、ラチャダムリ、その他の大通りはどんな感じでしょうか。
④プロンポン、トンローも盛んだとありますが、避けた方が良いエリアがありますでしょうか。
⑤ガイドブックに載っているローカル店(屋台、マッサージ)は大体閉店しているのでしょうか。
⑥ある程度は覚悟していますが、ズバリ水を掛けられない秘訣がありましたら是非ご教授ください。
⑦ワス、スーパーリッチの両替所は営業していますか
防水対策、ピックアップトラック等には気を付けます。
どうぞ宜しくお願い致します。 
コメント(全10件)

makoto53

2017-04-07
⑥ある程度は覚悟していますが、ズバリ水を掛けられない秘訣がありましたら是非ご教授ください。

はっきり拒否すればかけられないですよ、(子供には通じません) 

ろっきい

2017-04-07
バンコクのソンクラーンは知りませんが、体験から。

突然水を浴びせられるのを警戒して、道が濡れているところを通るときは気をつけます。
通行人に水をかけているところを通過するには、自分が先頭を行くのでなく、ある程度の人数を先に通して後からササッと通過すると水を掛けられる確率が減ります。お試しあれ。
 

タイ飯大好き

2017-04-11
ご回答有難うございました!
マイペンライ精神で、楽しめるように、逃げます!!
でも、掛けられないのも寂しく思うんでしょうね。。。
makoto53さん、ろっきいさん、良いソンクラーンになりますように!サワッディピーマイカッ(プ)! 

タンギュイ

2017-04-16
タイ飯大好き様
私も、水掛けは出来る限り避けたい、との気持ちで当初やっていましたが、日程上、水掛けに重ならざるを得なくなって、興味本位で、何回か、水掛け特有の光景に直面し、それなりに面白かったかなと思っています。

ここに、基本、ホテルで仕事予定というのも正解と思います。ふつうの通り、スーパーで何か買って、という行動をするにしても、マッサージでもと出かけるにしても、通常日多くひとどおりが普段あるところ、では、ぶっかけられないで歩くほうがむしろ難しい。

スクンビット、アソーク、ベップリー、ラチャダムリあたりのソイでは、たいていかけられるので今回の体験をぜひと思います。
スクンビット、アソーク、ベップリー、ラチャダムリあたりだと外国人とわかっていても、ちょろっと程度ではありますが、かけられる場合もけっこうあります。

もう遅いかな。ぜひ体験を書き込んでください。

かけたら承知しないぞ、みたいな雰囲気を出せば、遠慮してくれましょう。でも保障というとないとみたほうがいい。
掛けられないのも寂しく思うとの雰囲気もあるとかけてくれますよ。

でもバンコクの運河が近くないところは、元水が水道なのでいいと思います。

チェンマイ他、郊外系は、ソンクラーンが近づくと運河を掃除するとは聞きますが、若干または、大いにかけられた水が匂う場合があり、ホテルに帰ってシャワーは前提になるやと思います。
 

郷には郷

2017-04-16
ソンクラーンは水を掛け合うお祭りです。
水を掛けられるのが嫌なら間抜けズラで出掛けないことです。
日本では顔中に炭をダレカレ無し、無礼講で塗りたくってお祝いする
祭りがあります、炭を塗られるのが嫌な人は近付きません。

間抜けな日本人がタイの伝統行事であるソンクラーンにノコノコ
出掛け、水を掛けられるのを拒否してひんしゅくを買うような行為だけはしないで下さい。
それと!タンギュイさん、ほとぼりは冷めてはいませんよ、
ちゃんと尻拭いをしてから出直したらどおですか?

貴方は間違った情報をウヤムヤにし、指摘されても何食わぬ顔してる人格者です。
そのような方の情報は全く信憑性がなく、嫌悪感を覚えます。 

ろっきい

2017-04-16
バンコクのソンクラーンは知りませんが。

日本では水掛け祭りと訳されます。もともとお釈迦様に聖水を掛けて清めるブン・ハイソンナムという行事から、住民同士水をかけて新年を祝う行事へ発展したものと思います。街の横丁を歩いていると軒先から顔見知りのお姉さんがチョチョッと水をかけてワーイ(合掌)して新年おめでとう、なんて声をかけてくれたものです。

大音量で音楽を流し白い粉や黒い粉を溶いて顔に塗りたくったりするのは伝統でも何でもない、近年若い人の悪ふざけでそうなってきたものと考えています。バンコク辺りからそのような風習が生まれたのかもしれません。

ソンクラン時期でもバンコクで仕事している方は日本人に限らずいらっしゃるわけで、水掛けを避ける方法を考えるのは無粋でも何でもありません。まあ、あまり気にしないで、マイペンラーイで滞在されるよう。良い年をお迎えください。 

タイ飯大好き

2017-04-16
タンギュイさん
今回、タイの近隣国で仕事のため、航空券の都合で滞在しました。
午後2~3時まではホテルで仕事をし、ルームサービスのおばちゃんに追い出され^^ 、ぶらぶらしていました。
行動範囲はスクンビット、ベップリーのナショナルスタジアム~エカマイの範囲でした。
両替、食事でサイアム、ラチャダムリ(伊勢丹、ビックC)近辺に行きましたが、イベント含め盛り上がっていました。
BTSやショッピングモールの歩道橋で移動すれば安全です。地上に降りれば別ですが・・・
午後位から徐々に盛り上がっていくようでした。
基本的には大丈夫だったという印象でしたが、一部容赦のない人や(子供も含む)、危険ポイントがありましたので注意は必要です。
で、やっぱりな!と思ったのが、店で出会う店員さんに聞きまくりましたが嫌い、好きではないという人が多かったです。
圧縮の水鉄砲はね・・・、タイ伝統がイベント化してしまっているようでちょっと残念な印象でした。
的を得ない回答でしたが、まぁ、大丈夫でしたという結果です。
少し洗礼も受けましたが、流れ弾で濡れるので、女性の方は服装に気をつけるほうが無難です。

郷には郷さん
間抜けズラ?ノコノコ?間抜けな日本人?
私のように例外で滞在する外国人も多いので、広い視野を持たれてはどうでしょうか?
私は滞在させてもらっているという気持ちでいます。
良くも悪くも見え方は十人十色なので、情報の信憑性で問題あるのでしたらナビさんに問い合わせされてはどうですか?
「※掲示板内の投稿情報はあくまでもその時点での情報となります。情報内容についての保証は出来ませんので、ご了承ください。」とあります。 

郷には郷

2017-04-16
仕事であれ何であれ、ソンクラーンは水掛祭りです。
水掛に遭いそうな場所に出かける時は、水を掛けられてもいい
準備と心構えをして行けばいいのです。それが知恵です。
間抜けか?知恵が廻らない頓珍漢な日本人は仕事辞めて日本に帰り
おとなしくしておきましょう。
郷に入れば郷に従えって昔の賢者は教えてくれてますよ。 

タンギュイ

2017-04-16
タイ飯大好き様
今年のソンクラーン状況体験の件ありがとうございます。
スクンビット、ベップリーのナショナルスタジアム~エカマイあたりですと、人通りそのものが、水かけモードで普段と違ってしまっている状況もごらんになれたかなと思います。

確かに、歩道橋はいいかもしれませんね。水源が遠いことも影響しているやもしれません。

ソイにしても、建物と建物の間に、水道から貯水して、器でぶっかけられると、建物の陰で、気が付きにくくやられてしまいますね。

パレードも含めてイベント系は見る価値があるのもありますね。

ろっきい様が投稿しているパレード系は、かけたらかけ返すリベンジ型のぶっかけより古典的?でなかなかいいと私は思います。でも、バンコクでは、王宮近辺とか、パレードの場所までパレードが行われる時間に出かけていく必要があり、それまでの交通が通常日とこれまた違うので、私は躊躇がありましたね。

欧米女性なんかも、いつもと違ってソイの反対側でタクシーを降りて歩いてホテルに行こうとスーツケースを転がしているさなかにかけられたり、確かに女性は、服装に気をつけるほうがいいですね。
 

公開質問

2017-04-17
投稿者:ろっきい

一般掲示板ルアンパバーン小景

2017-04-13
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • 釈迦を守護するナーントラニー像。

  • ルアンパバーン市街を流れるカーン川。

  • カーン川の川辺。

  • ルアンパバーンでは今の季節よく見かける花。

  • 旧市街のモン族の店。シェンクワンから来ているという。

  • 雨に濡れたドークチャンパ(チャンパの花)。

バンコクの皆様、いかがお過ごしでしょうか。

4月8日(土)の晩にルアンパバーンに着いてからとても暑い日が続きましたが、昨日4月12日の午後から空模様が変わり、空がゴロゴロと鳴って雨が来ました。
今日13日は雨がちの天気。気温が下がってぐっと涼しくなりました。肌寒いので水掛けも休みで幸いでした。

早めに夕食を終えるとまた雨が降り始めました。空がぴかっと光って、雷雨が来そうです。ドードー降りにならないうちに宿へ。 
投稿者:はな0916

一般掲示板おすすめのアフタヌーンティー*

2017-04-13
はじめまして!*
今年の8月下旬にバンコクへ旅行へ行きます。

滞在中はホテルのアフタヌーンティーを楽しみたいと思っています。
一度「ジ・エラワン・ティールーム」でタイっぽいアフタヌーンを堪能しましたが
予想以上にお安く、それなのにどれも美味しくて雰囲気も良かったので感動しました!

バンコクにはホテルも多いしたくさんアフタヌーンが楽しめる場所があると思うので、
ぜひぜひお勧めを教えていただきたいです*
あと基本ひとり旅なのですが、ひとりでも行けるアフタヌーンはバンコクにあるのでしょうか??

多少高くても大丈夫なので、知っている方よろしくお願いします。 
投稿者:nowtomo218

一般掲示板マンゴーの格安店舗

2017-04-10
今日は。
マンゴーの安くて甘いのをたくさん買ってホテルでマンゴーパーティーをしようと考えています。
ホテルはBTSプロンポン駅近くですのでその近辺でお勧めのお店があれば教えて下さい。
宜しくお願いします。
11日~14日迄滞在します。
 
コメント(全1件)

makoto53

2017-04-11
安いかどうかは別として(普通の値段です)、プロンポンお隣、トンローにマンゴー専門のお店があります。ここのマンゴーは間違えありません。ソイトンローを入ってすぐです。ホテルでマンゴーパーティーするなら向かいに花屋も有るので、買って飾ると華やかになりますよ。マンゴー屋さんの手前に有名なパッタイのお店もあります。 
投稿者:ろっきい

一般掲示板ルーイの夕食

2017-04-08
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • ルーイパレスホテルのケーンパネンガイ。

  • ヤムクン・マナーウ。地元産の淡水エビが美味しい。

  • エアコンの効いたホテルのレストランでビア・チャーン。グラスが冷えていて美味しい。

今回は自分の体調があまり良くなく(タマリンドを食べ過ぎたのです)、暑い中そとへ食べに出ることはせず、宿のレストランを利用しました。
淡水エビが美味しかったですね。
タイ料理はとても辛いので、注文するときにマイペッ(辛くしないでください)と付け加えます。 
投稿者:ろっきい

一般掲示板タム・マホーラーン

2017-04-08
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • ちょっとおしゃれなトゥクトゥク。

  • 洞窟のある山の外観。

  • いつのものかわからない境界石。

  • タム・マホーラーン洞窟。

ルーイの町から201号線を南へ。ノーンヒンという町のタム・マホーラーン洞窟へ。

昨日のナコンチャイエアのバスしか思い浮かばなかったが、第1バスターミナルからコンケーン行のバスがあった。
(ナコンチャイエアは隣接する独自のバスターミナルをルーイに持っている)
11時45分発のバスに乗車。ルーイから約1時間。32THB。

トゥクトゥクの運転手が何話しているか聞き取れないが、こちらの意図は伝わった。
タム・マホーラーンまで。80THB。往復で?往復なら160THB。高いね。
高いねとは言ってみたものの、方角も距離もわからないのでトゥクトゥクに任せるしかない。

国道201号線の先を左手に入る。細い道を大型貨物も低速で行違う。
洞窟に近づくと少し上り坂。周囲は緑豊かで、白い蝶が乱舞して迎えてくれる。およそ15分。
洞窟は寺院こそないが、洞窟の入口に仏像が置かれ、霊場の雰囲気。
誰もいないが、照明の電源を入れて勝手に入らせてもらう。

内部にも仏画が描かれたり仏像が置かれたりしている。古いものではなさそうだ。
奥へ入ると泥が付くというほどではないが、足元の土がやや緩く、靴がぺたぺたする。

以前訪れたエラワン洞窟は、洞窟の入口が山上。石段を登り、坂を上って入口にたどり着くまでにずいぶん時間がかかったが、ここは足の弱い人でも大丈夫。
エラワン洞窟はそれなりに参拝者や観光客が多かったが、ここは誰も来ない。女性一人だと心配かもしれません。

入洞料は徴収なし。トゥクトゥクの運転手に200THB出したらつり銭がないと言うので、140THBに値切らせてもらった。釣り銭は要らない、とは言いません。
帰路はノーンヒンの停留所でしばらく待つことになるかと思ったが、都バス程度の待ち時間で同じ会社のバスがやってきた。
復路はなぜか30THBだった。午後3時前に帰着。
マンゴーを買って宿へ帰る。大きなやつが1個20THB。冷やして食べると美味しい。


 
コメント(全1件)

ろっきい

2017-04-08
タム・エラワン洞窟は坂を登るのが大変ですが、行楽の場所としてはそちらをお勧めします。
参拝客が多いですし、上から入る光が神秘的で、行く価値がある。

タム・マホーソーン洞窟は人の姿がなく、自動車があれば何かのついでに立ち寄ってもいいかなというくらい。