スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


メークロン線の折り畳み市場

メークロン線の線路上市場ตลาดร่มหุบ

閉店・移転、情報の修正などの報告

国鉄メークロン駅の前には線路の上までせり出したメークロン市場という市場がある。列車が来る度にテント屋根をたたみ、列車が通過するとさっと元に戻して商売を再開するユニークな観光名所である。

サワッディーカップ、バンコクナビです。折り畳み市場といわれるとても変わった名所メークロン市場をご存知でしょうか。バンコクから西に130kmほどのサムットソンクラーム県の国鉄メークロン駅前の線路の両脇にあるメークロン市場は線路まではみだして商われております。商品は線路の上に置かれておりますが、列車が来ると各店テントの屋根を一瞬にして畳んで商品を引っ込めてやり過ごし、列車が通過してしまうと何事もなかったかのように屋根を素早く元に戻し、再び商売を始めるます。そんな日本ではありえない面白いスポットを行き方から周辺の見どころなども含めてご案内させていただきます。

メークロン市場とは

「タラート・ロム・フープ」とよばれるこの市場は直訳すると「傘を閉じる市場」となります。これは列車が来ると傘をたたむようにテント屋根をたたむところからきているようです。タイ国鉄のメークロン駅手前の踏切を越えると両脇はテントの屋根に覆われた市場となっています。しかもこの市場、あろうことか線路の上にまで商品が置かれており、列車が来るといったどうなるのか心配に成るほど混雑した状態でこれだけでも珍しい風景となっています。サムットソンクラーム県では最も人気の高い観光名所のひとつで、アジア圏はもちろん欧米からの観光客が世に珍しい折り畳み市場を観ようと集まって来るのです。
メークロン駅の駅名票

メークロン駅の駅名票

メークロン市場の風景

メークロン市場の風景

行き方

メークロン市場までのポピュラーな行き方は二通りあります。まずは早く到着できるロットトゥーでしょう。バンコクからはBTSビクトリーモニュメント駅近くにあるロットトゥー乗り場から出ています。メークロンまでの時間はおよそ1時間程で、料金は片道70バーツです。次は鉄道で行く方法です。これは乗り換えも必要で、日に本数も多くないため到着までは4時間程かかりますが、ローカルな風景を眺めながらの鉄道小旅行が出来るため、旅行の目玉として計画する方も少なくないのはないでしょうか。料金は乗り継ぎ合計で片道20バーツです。あとはチャータータクシーなどになるかと思います。
鉄道の出発駅ウォンウェンヤイ駅

鉄道の出発駅ウォンウェンヤイ駅

駅に市場が併設された珍しいマハーチャイ駅

駅に市場が併設された珍しいマハーチャイ駅

バーンレム駅への乗り継ぎのため船に乗る

バーンレム駅への乗り継ぎのため船に乗る

バーンレム駅の展示列車

バーンレム駅の展示列車

見どころ

列車通過を見物しやすい時間帯は13:50のメークロン駅到着便と14:30のメークロン発車便です。(メークロン線は日に3往復。前述の時間は2015年1月のもの)一番訪れやすい時間帯のため、観光客も最も多くなります。列車が近くなりますと、アナウンスのようなものが駅の方から聞こえてきて市場は急に慌ただしくなります。線路の上の商品をどけたり通過準備に入ります。そして汽笛がどんどん近くなり、視界に入りますと、一斉にテント屋根をたたむんです。時間にしても一瞬で片付き、すれすれで列車が通過していきます。列車が通過しますと、今度は一斉に屋根を元に戻します。
アナウンスが流れると屋根をたたみ始める

アナウンスが流れると屋根をたたみ始める

汽笛が頻繁に鳴り列車がやって来る

汽笛が頻繁に鳴り列車がやって来る

すれすれで通過

すれすれで通過

すぐに屋根を戻す。実に一瞬

すぐに屋根を戻す。実に一瞬

メークロンとあわせて行きたい周辺観光

サムットソンクラーム県にはもうひとつ有名な観光地があります。水上市場で有名なアムパワーです。アムパワーはメークロンからトゥクトゥクで20分もあれば行ける場所で非常に近いですね。折り畳み市場を見物してゆっくり移動し、アムパワーのメークロン川沿いのボートの食堂でシーフードをつまんで、日が沈んだらはホタルツアーなどもよいですね。また、やきものに興味のある方は、メークロンからトゥクトゥクで15分くらいのところにベンジャロン焼きの工房「ピンスワン」があります。絵付けの見学もでき、作品の購入も出来ますのでおすすめです。
人気の観光地アムパワーの水上市場

人気の観光地アムパワーの水上市場

ピンスワンのベンジャロン焼き絵付け風景

ピンスワンのベンジャロン焼き絵付け風景

バンコクへの帰り方

バンコクへはロットトゥーで帰るのがおすすめです。鉄道でも帰れますが、本数の少なさと乗り継ぎのことを考えたら車でさっと戻るのがよいでしょう。ロットトゥー乗り場はメークロン市場からほど近く、メークロン駅を背にして歩き、市場の最初の踏切を左へ曲がって真っ直ぐ行くと右手にロットトゥー乗り場があります。またアムパワーに出かけてそこから乗る場合も水上マーケットからそれ程遠くないので便利ですね。
市場から歩いて最初の踏切を左へ

市場から歩いて最初の踏切を左へ

バンコク行きロットトゥー乗り場

バンコク行きロットトゥー乗り場


いかがでしたか?タイならではの驚きスポット。世界中からこのユーモラスな光景を観ようと観光客が集まってきます。これだけ人が訪れますが、メークロン市場自体は非常にローカルな雰囲気を崩さずマイペースに商いが営まれています。これも人気の要因なのでしょうね。バンコクから気軽にロットトゥーで行けますし、早起きして鉄道で行くのもいろいろな景色が見れて楽しいですね。折り畳み市場のメークロンへ是非一度ショートトリップのプランを立ててみてはいかがでしょうか。

記事更新日:2015-04-01

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

  • photo

    osaka2001

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-04-01

スポット更新日:2008-08-22

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

折り畳み市場(線路上市場)のあるメークロンへ!バンコクからローカル鉄道の旅

折り畳み市場(線路上市場)のあるメークロンへ!バンコクからローカル鉄道の旅

世にも珍しい「折り畳み市場」の異名を持つメークロン市場!ツアーやロットトゥーもいいけど一度やってみたいメークロン鉄道の旅