閉店・移転、情報の修正などの報告

2015年春にオープンしたプロンポンのランドマークであるエンポリアムの2号館で、広い面積に多くのブランドが入店。

サワッディーカップ!バンコクナビです。バンコクの中心部でも在住邦人の多いエリアであるプロンポン。そのランドマークであるエンポリアムに2015年にエンポリアムの2号店「エムクオーティエ」が完成しました。白い流線型が美しい外観のエムオークティエは海外有名ブランドからタイ国内の人気ファッションアイテムも揃った最新モールです。建物は中庭エリアを囲むコの字型のように立っており、至る所に水が流れる清涼感のある雰囲気作りがされています。上層階のフードタウンは螺旋の坂のある街のようなおしゃれな構造がとても新鮮です。早くも大人気のエムオークティエ、早速ご案内していきましょう。

ロケーション

エムクオーティエはエンポリアムのBTSプロンポン駅を挟んだ向かい側に立っています。駅からはスカイウォークで直接館内へ入ることができますので、たいへんアクセスが良いですね。またスクンビットの大通りに面しているため、アソークあたりなら散歩がてら歩いていけます。このエムオークティエの周辺には日本人向けの飲食店も多く、また日本の食品を多く扱っているフジスーパーもすぐ近くにありますので、何か持ってき忘れたものがあったら現地調達もしやすいですね。いずれにしても旅行者にとってプロンポンはショッピングにも主なエリアへの移動もしやすい好ロケーションといえます。
BTSプロンポン駅より連絡

BTSプロンポン駅より連絡

スカイウォークより直結

スカイウォークより直結

エムクオーティエ各フロア

B フード

エムクオーティエの地階はフードフロアとなっています。ここはいわゆる他のモールの最上階あたりにあるようなタイプのフロアで、フードコートもあります。和食人気のため、日本料理のお店も多く見られ、タイ人客で賑わう中、観光客にとっても手頃に食事のできるフロアとなっています。
クオーティエフードホール

クオーティエフードホール

飲食店が多数

飲食店が多数


G ファッション&フード

G階は地上からの出入口となる階です。入口付近にはコスメやファッションブランドがあり、館内を進むとハロッズやFAUCHONなどのcaféスペースがあります。さらに奥にはエンポリアム1と同じく高級スーパーマーケットがあります。観光客にとっても食材の買い物に便利で、多くのお客様で賑わっています。主なブランドEmporio Armani、MCM、Kate Spadeなど。
スイーツのお店が並ぶ

スイーツのお店が並ぶ

Gourmet Market

Gourmet Market


M ファッション

M階はBTSプロンポン駅のスカイウォークから直結しています。スカイウォークから伸びる赤い絨毯の上を歩き館内に入ると、誰もが知っている有名ブランドが並ぶ高級感あふれるフロアとなっています。主なブランドは、Prada、Carven、Celine、Chanel、DKNYなど。
プロンポン駅と直結

プロンポン駅と直結

有名ブランドが目白押し

有名ブランドが目白押し


1F ファッション

1Fはタイでもお馴染みの地元ブランドが多数入っています。エンポリアム1の方では購入出来なかった人気ブランドも新たに店舗を構えていますので、地元のお客様は選択肢が広がり、旅行で来られた方々タイのオリジナルブランドに親しんでもらうことができます。主なブランドは、CC-00、Jaspal、他H&MやZARAなどの国際ブランドもあります。
タイの人気メーカーが多数入店

タイの人気メーカーが多数入店

ロックファッションで人気

ロックファッションで人気

おしゃれなカフェも

おしゃれなカフェも

シューズも豊富

シューズも豊富


2F ファッション

2Fのファッションフロアはご存知ユニクロが入っています。ここタイでもユニクロの人気はすごく、多くのモールに出店しています。他、カジュアルウェアではGAPが出店しています。レディスファッションも様々なシーンにあわせたアイテムが揃っています。
エレガントなレディスアイテムが並ぶ

エレガントなレディスアイテムが並ぶ

涼し気な洋服がディスプレイされて

涼し気な洋服がディスプレイされて

ユニクロはこのフロア

ユニクロはこのフロア

コスメ

コスメ


3F ファイナンシャル&通信

3Fではバンコク銀行をはじめ、カシコン銀行、SCBなどタイの主な銀行が入っています。夜の時間帯までバンキングサービスが可能で大変便利です。あと、TRUE、AIS、DTACなどの通信会社が入っており、こちらもまた、通信費の支払いが可能で大いに役立っています。
夜までバンキングが可能

夜までバンキングが可能

通信会社の支払いも可能

通信会社の支払いも可能


4F シネマ&ビューティー・アンド・ヘルス

4Fでは「エムクオーティエ・シネアート・IMAX」というシネマのフロアになっています。新しいだけに設備も最新できれいです。開演時間までの待合いスペースもおしゃれなボックス席を設けるなど快適なシネマ環境となっています。その他ではブランド時計やエステティックのお店が入っています。
ゆったりした待合いスペース

ゆったりした待合いスペース

最先端のシネマコンプレック

最先端のシネマコンプレック


5F ウォーターガーデン

5Fはクオーティエ・ウォーターガーデンという小滝のある人口庭園となっており、湖を模した美しい水辺やプロンポンから一望できるビュースポットがあります。撮影ポイントや憩いの場として早くも人気です。他、VIRGIN ACTIVE FITNESS CLUBなど。
水のある人口庭園

水のある人口庭園

プロンポン周辺が一望

プロンポン周辺が一望


6-9F フード

6Fから9Fはフードタウンとなっています。ここの特徴は6Fから9Fまでが吹き抜けで、通路がスラロームの上り坂になって繋がっており、さながら一つの街のようになっています。飲食店の件数も各国料理揃っており、開放感のある雰囲気の中、食事を楽しむことができます。
螺旋の坂になった街のようなフードタウン

螺旋の坂になった街のようなフードタウン

モダンな吹き抜け

モダンな吹き抜け


いかがでしたか?待望のエンポリアム2号店「エムクオーティエ」の完成で、たくさんの人々が行き来するプロンポンのランドマークがパワーアップしてタイ国内外の人々を迎え入れてくれます。特にホテルも多いこのエリアでは、短期旅行者にとってたいへん便利な場所となることでしょう。お目当てのブランドが買いたい方や、タイ料理以外に洋食を贅沢に食べたいという方、ショッピングも食事もエムクオーティエでOKですね。

記事登録日:2015-08-27

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-08-27

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

支店情報

地図で見る

エンポリアム・デパートメント・ストア

エンポリアム・デパートメント・ストア

プロンポンのランドマークとして観光客やバンコク在住者で賑わう高級ショッピングモールが2015年華麗なるリニューアルを遂げました。