旅行情報掲示板

掲示板ご利用の前にコミュニティ掲示板ガイドラインをご参照ください。
以下の投稿を禁止します。内容の有無にかかわらず削除、IDの停止をいたします。
・各種団体、施設の告知・宣伝、募集・勧誘活動など
・名前、住所、電話番号など個人を特定できる情報の投稿
・明らかに男女交際を目的とした「出会い系」としての掲示板の利用
※ユーザー同士の交流を規制するものではございませんが、あくまで自己責任の範囲でお願いします。
  • トピック:19,774件
  • コメント:543件
トピック 投稿日
投稿者:Wllowyck

グルメ一般掲示板プレーのモーホーム

2019-01-12
バンコクでプレーのモーホームを買えるところはないでしょうか?目撃情報でよいので教えてください。お願いします。 
コメント(全2件)

ろっきい

2019-01-12
チャトゥチャックマーケットで探してみましょう。画像をコピーして持って行くといいでしょう。
藍染めの作業衣のようなのは、同じ製品ではないかもしれませんが、地方へ行けば売っていると思います。
サコンナコーンとか、ノンカーイとか。 

Wllowyck

2019-01-13
ろっきいさん

そうですね、やはりチャトゥチャックで探しますか。あそこ、疲れるんですよねぇ。
コメントありがとうございました! 
投稿者:ろっきい

ホテル一般掲示板モン族の新年行事再訪つづき

2018-12-15
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • モンの少女たち。

  • 男性の民族衣装も興味深い。

  • 毬投げは自由な感じで続く。

  • 記念撮影みたいな構図になってしまうことが多い。

  • 被り物にもさまざまの種類がある。

  • Hmong Grafty.

  • 晴着を着たモンの人たちをご覧ください。

ご覧いただきありがとうございます。

枚数が多くなったので、分割掲載にしました。

お願いすると、モンの人たちは気軽に撮影させてくれます。
しかし記念写真のような構図になってしまうのが難しいところです。

モン族の人たちは顔立ちは日本人に似ていますが、身体は小柄です。
焼き畑をしながら移動する民族だったのですが、今は市の郊外に定住しています。
 
コメント(全3件)

タンギュイ

2019-01-12
ろっきい様

モン族は、現代は、観光のようですが、その前、近代は定住型、農耕のようですね。
少数民族に歴史がありますね。

ハリプンチャイ王国、ドヴァーラヴァティー王国は有名で知っていましたが、このほかにもいろんな国があったようで、これらの伝統をくむ民族ですね。

スワンナプーム王国なんていうのもあり、紀元前の話なので、歴史のスケールも壮大ですね。

スワンナプーム王国は、モン語、モン文字のルーツの可能性があり、歴史的にはスコータイとしてタイでは教えているようですが、石だから残ったのであって、木や葉っぱに残した文字文化は朽ちてしまって、壮大な文化圏が葉っぱとともに歴史から消えたと理解しています。

せめて土器とかにしといててくれれば、火炎土器とかで、新幹線長岡駅とかに残ったんでしょうけどね。

由緒と歴史ある民族が南中国、タイ、ラオス、Vietnamに分散して残っているんですね。

わりと最近まで、定住、農耕をしていなかった民族もあり、共通してるのは、みんな刺繍の文化を持っていますね。近年は刺繍の売店も運営してますしね。

私はモン族の村で、チベット系仏像とかいうちっちゃいのを調達したことがありますが、値段は結構高く、「現代の観光」の一環でしたね。ただ、曼荼羅は、観光でちょっといい値段でしたが、書斎に飾っています。額縁にいれると結構見れますね。

男どもは今も道端で賭け事ですね。済州島も昔は女が働いて男は遊んでたようですが。

最近まで移動型の民族は、集落、家を見るとすぐわかりますね。移動型の民族も、ただいま現在の集落の入口には、木の枝等で作ったここからが集落の入口だよというおまじないのしるしがあったりしますが、これも風習、伝統を示すために、あえて作って見せているのではと思いました。作ってから何年もたってないなとわかりますのでね。

というか、ここから先は、移動型の自分たちが集落作って居るよ、というサインで、無用の争いを民族間で回避する風習が歴史的にあったのではないかと思っています。

 

ろっきい

2019-01-12
>>タンギュイさん、いつもコメントありがとうございます。そして、モンの人たちに関心をもっていただいて感謝します。

初めに基本的なことを確認しておく必要があります。

上の写真のような晴れ着を着て新年を祝っている人たちは、Hmong(モン)の人たちで以前は中国人が呼んでいたようにメオ(苗)族とも呼ばれました。ラオスでは北部、中部の山の上に暮らす人々でしたが、最近は平地に定住するようになってきました。

中国では貴州省を中心に湖南・雲南・広西・四川などの中国南西部に住み、古い資料(1982)ですが人口は500万人をこえるようです。
民族衣装は厚手で、北方から山伝いに南下してきた人たちに思われます。しかし、中国のモンの人たちの言葉とは大きく違う(全く通じない)と聞いています。

タイ・ラオスに古くから住み、北タイにハリプンチャイ王国などをうちたてたモン・クメール系民族のMon(モーン)の人たちとは全く民族が異なりますので、混同は避けなければなりません。

多少でも言葉がわかるようになり、タイやラオスの山間部を旅行すると、部族名からどんな暮らしをしている人たちか見当がつきます。
民族それぞれの個性は興味深いですね。

多数派であるラーオ族の人たちがのんびりしているのとは違い、Hmong(モン)族の人たちは逆境に強く、勉強熱心で、日本へ留学生としてきているラオス人にもこの人たちが多いと思われます。

タイ(Tai)もモン(Hmong)も原義は人のこと、というのが興味深いですが、民族ごとの話は長くなるのでこのへんで失礼します。
 

タンギュイ

2019-01-12
ろっきい様

この写真にある服装の系統のモン族メオ(苗)族は、今観光で収入を得ているので、私も何度も民芸品を調達しています。

古代史の民族は数え切れない世代を経て時間軸と位置的に入り混じって現代につながって古代は今に伝わる記録がない状態と思います。
 
投稿者:kamenaito

旅の基本一般掲示板ドンムアン空港

2019-01-03
スクートビズの2時過ぎの便なので、モーチットからドンムアン空港迄のバスの最終が何時迄か、ご存知の方いらっしゃいますでしょうか?宜しくお願い致します。 
コメント(全2件)

makoto53

2019-01-03
此方をどうぞ
https://freelifer.jp/?p=14502 

kamenaito

2019-01-03
>>makoto53さん
早速、有難う御座いました。
何度も行ってますが、毎回ヒヤヒヤですので
有り難い限りです! 
投稿者: h44lO

一般掲示板20年ぶりのサメット島

2018-12-31
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
20年ぶりにコ・サメットに来ました。
20年前にラヨーンで仕事をしてた時には、日帰りもあれば

泊まりでも10回以上は来たでしょうね。
当時はプロジェクトで正月も仕事してましたから

ご褒美に会社から4泊分のホテル代を支給してくれるという事で
コ・チャーンの高級バンガローに4泊した思い出があります。

コ・サメットも随分変わって当時の面影は殆どありません。
レストランのファイヤーボールのショーも当時は砂浜で

一人の少年がやってて、チップをあげようとしたら
「趣味でやってるだけですから、チップは要らないです」

って言われたのを覚えてます!
正月は日本のしがらみから避難してリゾート地で過ごすのも

得策だと最近思っています。 
投稿者:ろっきい

一般掲示板ナイトマーケットの掛け布@LuangPrabang

2018-12-25
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • 部分を拡大。

  • ナイトマーケットで購入。

10年前の1月、ルアンパバーンのナイトマーケットで見かけて購入した掛け布。
トナカイのようなものが描かれたモン族のアップリケである。
おそらく季節限定で製作された商品であろう。

星のようなものは、中心からめしべのようなものが刺繍されているから、星ではなくハイビスカスのような花だろう。

クリスマスに合わせてカーテンに吊るしてみた。 
投稿者:chachai0829

一般掲示板12月31日のBTSについて

2018-12-24
こんにちは

31日のカウントダウンの花火を、チャオプラヤー川でみたいと思っています。
0時に花火があがるようですが、BTSはその日の最終は何時か知っている方がいますか?
花火をみたあと、BTSでホテルまで戻りたいと思っています。

 
コメント(全4件)

ろっきい

2018-12-24
chahai0829さん

タイのことですのでどの程度信用するかはその人次第ですが、公式サイト情報で始発電車と最終電車の時間が掲載されています。
https://www.bts.co.th/eng/service/timetable.html

それによればサパーン タクシン駅の終電は国立競技場前方面が 0:16、バーンワー方面が 0:40です。
バーンワー方面の終電が遅いのは滞留線と車庫の関係と思います。この時間帯の運転間隔は8分毎です。

ホテル名か、せめてホテルの最寄り駅がわかれば、タクシーのほうが良い(お一人なら勧めませんが夜道を歩くのもどうか)とか、もっとちゃんとした情報が寄せられるでしょう。 

chachai0829

2018-12-24
>>ろっきいさん

ありがとうございます。
ネットでは、2016年は、31日はAM2:00頃まで延長したと書いてあったので、2019年もあるのかな?と思いましたが、終電が早いようですね。
最寄駅がudon suk駅なので、タクシーだと遠いと思いました。。 

chachai0829

2018-12-24
教えていただいたサイトをみたら、どうやら今年も2時まで終電がありそうです^^ 

ろっきい

2018-12-24
>>chachai0829さん

それはよかったですね。
バンコクに限らず、深夜は思わぬ事故や犯罪に巻き込まれることがあるので十分ご注意ください。
 
投稿者:タンギュイ

一般掲示板ろっきい様の撮ったラウンジかな?

2018-12-21
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
ミラクルラウンジは立ち寄らなくても撮れてしまいました。新しくカジュアルな感じもしますね。酒は種類が少ないですね。

バンコクエアのはろっきい様の撮ったのかな?

 
コメント(全3件)

WEB適正化委員会

2018-12-21
この人以前給水給湯器の看板をAOTラウンジと言い張って入口の写真があると言いながら出さなかったけど、出せないわけだ。
ちゃんとミラクルラウンジと書いてある。大ウソ付きだな。 

makoto53

2018-12-22
この人都合が悪くなるとだんまり決め込むけど、ここの写真と8月11日のすれ「スワンナブーム空港AOTラウンジ」の写真どちらも今年の4月10日10時頃撮った写真だ。
以前撮った写真で小出しにスレ上げるのは良しとして意図的にフェイクの情報を提供するのはいかがなものか。
ナビ管理者はどうお考えですか 

タンギュイ

2018-12-22
makoto53様
自分の都合でだせだせといい、出したかなと誤解して、またまた記載日本語を何度も何度も繰り返し理解できず、変わらず全く理解できずの上フェイクの情報と中傷して、何度でも同じ手口を繰り返し、頭が少しおかしい証拠を自分の都合でまたまた残すのは、いかがなものか。
 
投稿者:ろっきい

一般掲示板タイ-ラオ国境@ATR72-600

2018-12-18
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • 町中に旧河道を利用して親水公園がある。ルーイ空港は画像の右手(南方)になる。

  • しばらくすると県都のルーイの町がみえてくる。

  • 左(東方)の窓からチェンカーンの町を望む。

  • タイプアンの人たちは右岸のタイ領へ新しい町をつくった。

  • 左手ラオスと右手タイの国境を流れるメコン川。下から上へ東流する。

バンコクエアのターボプロップ機ATR72-600からの俯瞰です。たいていチェンカーンの町のすぐ西側を飛ぶようです。
ATRは高翼機でジェット機よりも巡航高度が低く、雲がなければ下界をよく観察できます。

陸路国境はもう少し西のターリー/ケンタオで、メコン支流のナムフアンを渡ります。 
コメント(全4件)

ろっきい

2018-12-18
一番下の画像。メコン川が乙字に曲流しています。

その辺りはケーンクックーと呼ばれる急流です。チェンカーンの観光スポットの一つになっています。
ラオス側の凸部から岩が一列に伸びて、メコンの水量が減る時期にはよくわかります。

巨人が岩を並べてメコンの水を食い止めようとしたが失敗した、というような伝説が残ります。 

タンギュイ

2018-12-21
ろっきい様
ターボプロップ機ATR72は名機ですね。私も、バンコクエアのATR72は何度も乗りました。
日本からチェンマイへ行く時、バンコクからTGのジェット機で乗り継ぎで行く時と、バンコクエアのATR72で行く時とがありますね。違いは便の時間の都合だと思います。

ANAだと、日本からチェンマイ行きだと、バンコクからTGに適切な時間の便がないとなると、最近はあんまり聞いたことない格安航空を手配するのですが、聞いたことない格安航空はサービスがバンコクまでと異なるから変えてくれとANAにいうと、近い時間のバンコクエアのATR72に変えてくれますね。

ATR72に乗りたいから言ってるわけですが、ANAとバンコクエアは、強すぎず弱すぎずの提携関係なのかもしれないですね。少なくともスルーで切符は買える。

バンコクからスコータイに行くと明確ですね。TGだとジェット機、バンコクエアだとATR72。距離が短いせいか、ターボプロップのせいか、10分以上差はあったと思いますが、20分も遅れなかったのではないかと記憶しています。
 

ろっきい

2018-12-21
>>タンギュイさん、こんばんは 日本まで帰ってきました。

バンコクエアのATR72は座席数が少ないので、利用者の多い国際線シェムリアップ行にはエアバスA320などを運用します。
今回のルアンパバーンへの往路は胴体短縮型のA319でした。

国内線でもスコータイへはATR72ですが、利用者の多いチェンマイ、チェンライ、サムイなどへはエアバス運用が多いと思います。
ランバーン線は記憶があいまいですが、やはりATR72だったかな。日本人旅行者は少ないですが、ランバーンもいいところです。

言及されたタイ国内線の別会社はタイスマイルエア(WE)でしょうか。
機内サービスはタイ国際航空(TG)に準じていますが、日本からの乗継はあまりお勧めできません。 

タンギュイ

2018-12-22
ろっきい様

日本国内線は、A320系で、A319系はそういえば以前あったな、くらいの印象だけど、胴体短縮型は明確に記憶にありますね。

そのずっと前は、ターボプロップ機では名機YS11。新入社員で地方空港出張に初めて乗ったのがYS11で、羽根がびこびこねじれてましたが、だからちぎれないんだと思ったものでした。

ATR72はエアーがジェットエンジンのように直線的に抜けないで、水平っぽく入った吸気が、排気時ちょっと下向きに排気されるので、これで上昇力が働くのかなと思ったりしてました。

熊本空港からいつも満席の天草便がプロペラ機からATR72に代わる話は聞きましたが、ほんとにATR72に代ったかはその後乗ってないのでわかりませんが。

でもチェンマイ、チェンライ、サムイなどへは、日本の流れと同じでジェット機が多いですが、エアーの流れが直線的なので、熱効率でもいいんですかね。

言及したのは、タイスマイルエア(WE)ではないですが、羽田からバンコク乗り継ぎチェンマイで、格安みたいでバンコクでラウンジ使えないではないかと言ったら、バンコクエアにしてくれました。

タイ国際航空(TG)に準じての機内サービスは、昼便でも水平飛行になるとカーテン閉じてTGのCAは中でぺちゃくちゃおしゃべりしてますが、ANAは絶対にそう言うことはありません。こういうANAは徹底していて優れています。安全を預かるパイロットは各社軒並み酒飲んで平気だったようですが。

チェンマイ行きバンコク乗り継ぎは、大航空会社間の乗り継ぎでない場合、イスラム礼拝堂の方から、直線遠近法のDコンコースを通って、さらに歩かされることが多いので、まさにスワンナプーム空港横断劇・・・時間との関係で時に過酷ですね。

スワンナプーム乗り継ぎは、大航空会社間ですね。でも、二か所の乗り継ぎ場所が決まってるので今のところは限界があります。乗り継ぎ場所に近いところに降りていただくしかないですが、乗り継ぎ人数は多くないのでなかなかこうならないものと思います。

ソウルから羽田乗り継ぎでバンコクに行ったことがありますが、羽田はほんとによくできている。荷物スルー外に出て防寒具を預けて乗り継いだけど、日本の羽田はほんとによくできている。

 
投稿者:ろっきい

一般掲示板市バス511番

2018-12-18
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • 空色の車体の新しいエアコンバス511番。背景はチットロムのセントラルデパート。

  • プロンポンの商業施設のクリスマスツリー。

  • 新しいバスの車内。

はいバンコクまで戻ってきました。
タラート プラカノンの停留所でバスを待っていると見かけない車両が来ました。
新車のエアコンバス511番で車内は快適でした。

月曜日の帰宅時間帯の少し前で、スクンビット通りは空いていました。停まるのは信号待ち程度ですいすい。
プロンポンあたりからはいつものことで車の流れが悪くなります。委託バスなのか運賃13THB。

復路はオレンジ色のユーロバス511番利用。プロンポンでは立ち客は数人ですが、次第に込み合います。
ユーロバスは車窓が見にくく、立っていると暗い時はどこを走っているのかわかりにくいのが難点です。
BMTA直営で運賃はプラカノンまで11THB。

車内のモニターで新しい料金収受システムの宣伝を流していましたが、スマートフォンを使ってQRコードを読み取らせるなんて中国の模倣なのかな。スマフォ持ってない人もいるし、銀行口座とリンクしていない人も多いだろうし。
もたもた時間がかかってうまく処理できなかったりして、実用的でないように思います。

来年新しいシステムが施行になれば、市バスはしばらく混乱するかもしれません。

追補:空色の車体の511番をとらえることができました。(2018.12.19) 
コメント(全2件)

makoto53

2018-12-18
ろっきいさん
プラトーナムや伊勢丹方面に行く時良く乗ります。
復路パンティップ前から乗るプラカノン方面行きのパヤタイ通りを超えて来るバスは全部か全部と言っていい程中央車線を通る。
道路を横切って完全に止まらないバスに乗るのはバンコクならではとおもいます。
個人的には復路はアソーク以遠からスクンビット通りに入る23番38番が好きです。
最初に来たバスに乗りますが笑 

ろっきい

2018-12-18
>>makoto53さん、コメントありがとうございます。

市バスは運がいい時は待たずに乗れてすいすい走りますが、乗る予定のバスが全然来ないこともありますね。
BTS駅から離れたポイント(駅の中間とか)だとバスがあってよかったなあと思います。

市バス38番は明るい時はよく見るのですが、日暮れ時になるとあまり見なくなります。時間帯が不均等なのかもしれません。
それとエカマイ通りを走る23番。エカマイ通りも渋滞で進まない時がありますね。
 
投稿者:ろっきい

一般掲示板ルアンパバーン日記

2018-12-16
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • 二階のテラス付きの部屋に替えてもらった。

  • 晴着を着て新年祝賀会場に向かう。

  • Sanaphone Massageの女の子たち。

  • 町屋風に門口が狭く奥行きのある店屋。二階の外観は美しい。

  • 目抜き通りの角にできたCafe Sinoukはフランス人に大人気。

  • 机を出して絵を描く女の子。机上には自作の商品。

次の部屋の準備ができるまでPCや貴重品をカバンに入れて街歩き。

日曜で扉を閉めた店の前に小机を出して、女の子が何やら絵を描いている。のぞいてみたら、自分の描いた絵を商品にして小ノートやメモ帳を売っている。お店屋さんごっこなのか、本当に売る気なのかわからないが、お願いして写真を撮らせてもらう。

カフェ シヌークはわたしも開店を楽しみにしていたのだが、フランス人に大人気でいつも込み合っている。今朝は空席があったので一枚撮っておく。

町屋風になった建物。二階を見ると全体の統一感があって美しい。

サナポン マッサージはモン族の女の子たちが新年の行事に行くというので、お母さんだけが仕事していた。
出かける前に晴着を着た写真を撮らせてもらう。 
投稿者:ろっきい

一般掲示板再びモン族の新年行事

2018-12-15
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • ひろばのあちこちで手毬の列ができている。

  • 美人に晴着を撮らせてもらう。

  • 笑顔がいいね。

  • 新年の楽しみである。

  • 左右に分かれて手毬を投げあう。

  • モンの晴着も様々の意匠がある。

  • お店の女の子にも写真を撮らせてもらった。

  • ラオスの伝統楽器、ケーンだが金属製のは初めて見た。

週末、モン族の新年行事を再訪しました。
楽しそうな姿をご覧ください。

バンコクナビの投稿写真は昇順(下から順)になります。 
投稿者:lactia

一般掲示板年末年始(12/31~1/2)のチャトチャック

2018-12-15
12/31~1/2にバンコクへ遊びに行きます。
正月期間中、チャトチャックウイークエンドマーケットはオープンしているのでしょうか?
もし、知っている方がいたら教えてください。
 
コメント(全2件)

makoto53

2018-12-15
24th/25th/26th/31st December 1st January Market Closed
https://www.chatuchakmarket.org/chatuchak-market-over-christmas-and-new-year-2019/
元々月曜、火曜は営業してないですけど。 

lactia

2018-12-15
>>makoto53さん
教えてくださってありがとうございます! 
投稿者:ろっきい

一般掲示板冬の托鉢風景つづき@LuangPrabang

2018-12-15
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • 皆さん、今日もありがとう。

  • 次第に明るくなると周囲の色彩がはっきりする。

  • カナダの少女。

  • 今朝は宿のお客も一緒だ。

  • 毎日の準備はたいへんだろう。

  • 冬の托鉢は暗いうちに始まる。

ルアンパバーンの冬の托鉢風景です。

毎日の托鉢の務めは大変ですが、住民の人たちが学僧を支えています。
今朝は僧の列に時間差があって、次第に明るくなりました。 
投稿者:ろっきい

一般掲示板モン族の新年行事へ

2018-12-12
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • タムマークフン(パパイヤのサラダ)をつくります。

  • 手毬を売る娘さん。

  • 向かい合って手毬を投げあう。

  • 人込みの中。

  • 顔立ちは古風な日本人のようです。

  • ステージが設けられ、歌謡やダンスなどのパフォーマンスが行われている。

  • 新年行事会場へ民族衣装をまとった人の波が続く。

先週の日曜、12月8日にラオスの少数民族の新年行事に行ってきました。

新年行事の会場は郊外のモン(Hmong)族の村、バーン プーレックチャルーンという新しく拓かれた土地です。

前日雨が降って埃がたたず、涼しかったので、冬の民族衣装がちょうどよい具合でした(暑い年もある)。

週末の日曜で、あちこちのモンの村からやって来る人々で賑わっていました。
 
コメント(全5件)

タンギュイ

2018-12-12
ろっきい様
衣服等の布地の模様は、パーシンも同様ですが、割りと典型的にバンコク以外の布地の模様、デザインの特徴ですね。

最上、最下の写真がバンコクと違うと明確で一目でわかります。

最上、最下以外の写真の布地系模様は、むしろバンコク系布地模様との違いをすごく強調していますね。
 

ろっきい

2018-12-12
>>タンギュイさま、いつもコメントありがとうございます。

少数民族、モン族の晴着です。新年行事やルアンパバーン市内のフェスティバルのような催しの時に目にすることができます。

伝統的な衣装なのですが、それも時代に合わせて変わって行くようです。
洗練されたもの、と言うほどでもないかもしれませんが、野暮ったくもない、と言ったところでしょうか。

サイアムの人たちやラーオ族との違いを感じていただければ幸いです。 

タンギュイ

2018-12-15
ろっきい様

私見になりますが、バンコク近辺のは、シリキット王妃等が先頭にたって、ラーンナー次代?からの模様をより忠実に再現しようとしているのに対して、ルアンパバーン等の模様は、おっしゃるまさに時代に応じて少しずつ変えたのではとの考えです。事実に基づいた根拠は複数あります。


繊維の専門家ではありませんが、同じ手織りにしても、技術的に見てバンコク近辺の模様が時代的にむしろオリジナルなのかなと思っています。これも事実に基づいた根拠があります。

 

ろっきい

2018-12-15
>>タンギュイさん、コメントありがとうございます。
ですが、わたしの説明と話がかみ合いません。

この写真の人たちはモン(Hmong)族の人たちで、タイ・ラーオ系民族とは言語・習慣・風俗などが異なります。
服装もご覧のとおりです。 

タンギュイ

2018-12-15
ろっきい様
今回時間の関係で説明はスルーして読んでいませんでした。
 
投稿者:ほあらんぽ

一般掲示板Wat Bukkra Lo

2018-12-14
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • クルンテープ橋越しにアジアティークの観覧車が見えます

ワットブッカロに行って来ました。
冒頭の写真の様に、ホテルからクルンテープ橋越しに良く見えたワットが
気になったので調べてみたらWatBukkraLoでした。
わっとぶっかろ?、わっとぶっくらろ?

良く泊まるリバーサイドホテルから17番バスで行けるようなので行って来ました。
屋上にも仏様がおられ、眺望も素晴らしかったです。

場所はチャオプラヤ川向こう側トンブリ地区の南方面。
縦貫するチャルンナコーン通り、北から
ミレニアムヒルトンホテル、アイコンサイアム、ペニンシュラホテル、
BTSクルントンブリ駅を更に南下、アナンタラリバーサイドリゾートの更に
南側に位置します。周囲は港エリアになるようで
貨物船GEISHA丸?も停泊してました。 
コメント(全3件)

ろっきい

2018-12-14
ほあらんぽさま

静かな感じのお寺ですね。
Google Mapを参照したところでは、英語表記はWat Bukkhaloのようになっていました。

少し北にBukkha Loという街区があるので、そちらからチャオプラヤ川沿いに移転してきたのかもしれません。

トンブリ地区には寺院がたくさんありますね。 

ほあらんぽ

2018-12-14
>>ろっきいさん、こんにちは。
確かに静かなお寺でした。観光客はわたしだけ。
川では魚がうようよ。皆さんパンやエサを与えていました。
願懸けスポットでもあるようです。
屋上の一角ではタイ人の若い男女が座って何やらおしゃべり中。
デートスポットでもあるようです。

チャルンナコーン63SoiWatBukkraLoと表記がありました。
行きはバスがすぐ来たのですが帰りはなかなか来ず
ちょっと離れた通りまで出て75番バスで帰って来ました。

 

タンギュイ

2018-12-14
ほあらんぽ様

川沿い、橋のほど近くだったと思います。
本殿本尊前のフロアも、サブ的仏像の前フロアも、みな石製だと想像しますが、表面研磨してあって、かつ、膝乗せ台がぱっと見てなかったかと思いました。

寺院に表面研磨フロアはたくさんあって、膝乗せ台がある方がむしろ珍しいくらいですね。

石製、表面研磨、膝乗せ台なしは、ものすごく多いですが、三回の拝礼をすると、さすがに両膝頭前方が痛くなりますね。

少なくとも絨毯一枚あれば、痛くないのですがここはなかったと思います。

トンブリ等川向こうに寺院はたくさんありますが、歩いて回れるところはごく一部でバスルート、バス停が近いところは条件がいいと思います。交通手段の地区割もあるので、また、ソイも行き止まりや複雑なことが多く、運河、川が奇妙な方向・形状に流れてて、この辺は地図上で近いと思ってもなかなか行きつけない時もありますね。
 
投稿者:ろっきい

一般掲示板ルアンパバーンの朝市(タラート サオ)

2018-12-13
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • 写真は同じ二人です。

  • ワット マイの横の路地を入る。

ルアンパバーンの街中の朝市の小景です。
こういう画像で旅心を揺さぶられる人もいるでしょうか。

郊外に大きな生鮮市場ができて、路地の露店は小規模なものですが賑わいはあります。

バンコクからは国際線でひと飛びです。 
投稿者:ろっきい

一般掲示板冬の托鉢@Luangprabang

2018-12-04
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • 托鉢から戻って境内の掃除をしています。

  • 明るくなってから撮ったものと比べてください。

  • こちらは通り沿いの高級ホテルのディスプレイ。

  • 早朝の雰囲気はありますね。

  • 動きがあるので写真を撮るのは難しい。

  • 冬の托鉢はまだ暗いうちに行われます。

冬の12月,1月は明るくなるのが遅く、暗いうちに托鉢が行われます。
上着を着ても少し寒いですね。
撮影したのは午前6時ころ。明るくなって撮影したものより、早朝の凛とした空気が感じられます。

撮影は12月4日朝。画像は少し補正しています。 
コメント(全3件)

タンギュイ

2018-12-04
ろっきい様
タイのクリスマスツリーは、円錐が多いですね。

この写真のように木のクリスマスツリーであっても、円錐に剪定してあるし、例年のターミナル21の前のは、緑のほんとの円錐に円錐面というか側面に飾りものを張り付けてあったりしますね。

本物のもみの木っぽいのはなかなかないですね。まあ、もみの木も円錐っぽく茂っていきますけどね。
 

ろっきい

2018-12-04
>>タンギュイさん、コメント感謝。

このシリーズではクリスマスツリーはおまけです。アコーグループの3NAGAという宿です。
立地が好い。
枝は本物っぽいツリーですが、本物かどうかはしりません。
 

ろっきい

2018-12-12
ラオスのルアンパバーンでは12月でもクリスマスのイルミネーションやディスプレイはまったく目立ちません。

12月には高地ラオ族(ラオスゥン)のモン(Hmong)族の新年の行事、キン チアン ラオスゥンが行われ、若い人たちが華やかな民族衣装を見せてくれます。

郊外のバーン プーレック チャルーンという村の新年行事の会場では12月15日、16日の週末が大勢の人で賑わいそうです。

先住民族とされる中高地ラオ族(ラオトゥン)のカムー(Khamu)族の村でも新年行事が行われます。
こちらは、タート クワンシー(クワンシ―の滝)へ行く街道沿いのバーン ラック ペェという村で12月26日に催しがあるそうです。 
投稿者:ろっきい

一般掲示板スワンナプーム空港Dコンコース、ラウンジあれこれ

2018-12-04
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • Dコンコースレベル3概観。

  • D6のゲート。

  • 隣のD6付近のミラクルラウンジ。

  • D7にはANAの案内があった。羽田深夜着便だろう。

  • 案内表示。

  • 飲み物類。ライチのジュースが酸味があって美味。

  • カオコープ(おこし)、ポップコーン。

  • バタークロワッサン、グリーンカレーパイ、粽など。

12月3日午後、スワンナプーム空港から出発する機会があり、時間があったのでDコンコースのラウンジをチェックしました。

その前に保安検査場、出国審査の情報。
エスカレーターを上ると中央付近にある保安検査場は大勢の人であふれていました。出入口まで人でいっぱいで入るのも行列。
いったん下に降りて、西側の保安検査場も開いているのを確認して西側の検査場へ。こちらは全く空いていました。昼過ぎはここは開いていないこともあり、中央が人であふれてこちらも開けたのかもしれません。

出国審査もまずまずスムーズに終了。西のD8側を下りてレベル3へ。

バンコクエアのブティックラウンジを訪れました。バンコクエアではエコノミークラスでも航空会社ラウンジが使えます。
豪華な雰囲気はありませんが、カジュアルで不都合はありません。
飲み物類ではライチのジュースが目新しく、酸味があって美味しい。クロワッサン、パイの類ではグリーンカレーのパイが好み。ちょっとべたべたしますが粽(ちまき)もあります。その向こう、ハムサンドイッチはハムが厚切りで食べ応えがありましたが時間が経って少しパサパサしていました。

バンコクエアラウンジの前はD7の搭乗口でANAの案内表示が貼ってありましたが、最近搭乗口が固定化しているのかわかりません。
D6,D5と歩くとミラクルラウンジが2か所。以前、タンギュイさんの撮った飲料水の表示は見当たりませんでした。空港の施設は移り変わりが早いです。

D5の辺りに連絡階段、昇降機があってレベル4から降りてこれます。
D4,D3付近はラウンジの新設工事が行われていて、航空会社ラウンジが増えそうです。

D2,D1付近は開港時からタイ国際航空の本拠地でラウンジとスパがありますね。
そのまま進むとA,B,Cコンコースへ連絡しますが、D1Aで階段を下りました。

 
コメント(全6件)

タンギュイ

2018-12-09
ろっきい様


D近くのラウンジは、最近いくつかできているみたいですね。

D4D5くらいはANAが使うのでよく行くのですが、D7は、過去はANAが使う頻度はあんまり多くなかったですが、(ANAは、D4D5でないときはCかBが多かったですが)最近D6だかD7もありますね。ただ、D7だと、D4までのラウンジ群でなく、イスラム礼拝堂の方のラウンジ群になると思います。

D4近くの飲料水の表示を見て最近ラウンジができてるなと思いました。表示は目立つところに固設されていたと思うので、D 1.2方向から、D4D5に向かえば必ず通るところなのですぐわかりますよ。何度か説明のとおり、Makoto様が当初何回かおっしゃっていた搭乗待合室のと違いますので。

バンコクエアウエイズは、国内線は、全員がラウンジ利用できましたね。


バンコクエアウエイズのブティックラウンジは内装もカジュアルっぽいですが、少なくとも、粽(ちまき)に関しては、私の知る限りTGラウンジより5.6年前から出ていました。粽に関しては、TGラウンジがバンコクエアウエイズラウンジを何年かして明らかに真似したものです。少なくとも3.4年では真似できなかった。

ハムサンドイッチはハムが厚切りで食べ応え・・・これもバンコクエアウエイズラウンジの特徴と思います。香港他のラウンジでこういうのも多いですが。でもユナイテッドのよりましだと私は思います。

ここに、TGラウンジは、粽の容器の二つの一方が空になる前に次々に交互に追加されるのに対して、バンコクエアウエイズラウンジは一回出たらそのまんま、というのが大半でしたね。なくなれば次が出てくるのでしょうけど、バンコクエアウエイズはなかなか出てこなかった。粽で老舗?だったけど、TGラウンジに追い越された感じですね。竹の葉に漢方効果があるので、たいてい食べているようです。

TGラウンジは、三回に二回くらいはほかほかあったかい粽ですね。TGラウンジは、食べ物一つ一つは全然大したことないですが、いろんな食べ物がありますね。


D2,D1方向には開港時からタイ国際航空の本拠地というか、ちっちゃいけどファーストラウンジ、細長いビジネスラウンジがありますね。ファーストは、出入りする人の数は少なく、ビジネスに乗ってファースト自動格上げになるか、ほんとにファーストに乗るかですね。

Cの方、イスラム礼拝所の方のTGラウンジは、あまり広くないのと、歴史的にというか長年ビジネス専門で、ビジネスに格上げになったと思われる各国新聞記者みたいなビジネスマンでごった返していることが最近よくあるので、数年行かないようにはしています。

Dの前のTGラウンジは、今のファーストができる前にファーストラウンジと化したことがあり、この間ビジネス客はCにシフトし、ビジネス相当使用に戻った後も、Cの方が出発ラッシュの時間帯を中心に混雑する現象が続いていますね。

Dの前の細長いのは、10年通っても自力ではバーカウンターがあるのに気づかない人が結構いるのではないかと思います。少なくとも40~50銘柄の酒はありますが、バーカウンターで飲んでる人はいまだに見たことがありません。

イミグレ出てエスカレータ降りて入ると受付たときすでに右手ずっと後方で、左のラウンジに行こうとするから気づかないものと思います。サーブする人も居ないことが多く、バーカウンター=単なる酒の陳列台との理解でいます。誰もいないじゃないかと思ってカウンターに座ると、最大3.4秒(早ければ1.2秒)くらいでどの酒にしますかとなりますね。まず、6.7秒以上はかからない構造です。


バンコクエアウエイズラウンジは、国際線のも中身は国内線のとimageが似ていますね。TGは、国内と国際で内容に決定的に差をつけてますね。これはANA、JALも同じですね。
 

makoto53

2018-12-09
タンギュイさん

貴方しつこい方ですね。
無料給水給湯器はラウンジとは全く別ですよ。貴方が勝手に給水給湯器の案内を見て有料ラウンジの案内と錯覚しただけでしょ。
あの給水給湯器はあちこちにあって無料ですよ。わざわざ本体をカットして看板だけをアップしてラウンジの案内と誤報して、
なおかつ、到着エリアと出発エリアを行き来できると言いながらそのルートを出さない。
1年~半年前の写真を引っ張り出してアップしているのに皆さんが指摘したラウンジの入口写真はとぼけて出さない(無いのだから出せないと思うが)
その辺をはっきりさせてから私を中傷してください。 

タンギュイ

2018-12-09
makoto53様

とてもしつこいですね。

そんな馬鹿な義務はありません。

中傷でないのが勝手に中傷ですか。失礼な。

日本語なのに何も理解できずのウソとインチキと逃げと強制の4重奏とは違います。

まずはウソとインチキと逃げと強制の4重奏の上の中傷はやめましょう。

その前に同じ間違いを何度も繰り返す脳みその構造がもし改められれば、信頼感も少しは上がりましょう。

勝手に想像してなぜか事実にないことを一端思い込んだら最後、日本語記載を全く理解できず、同じことを何度も何度も繰り返すのは、普通の健全な脳みそ構造、作用でないのでは?
 

ろっきい

2018-12-10
>>makoto53さん、意図しない展開があり不快な思いをさせてしまいました。申し訳ありません。

空港ラウンジの情報は皆さんのおかげでわかる人にはわかるようになりましたので、あとはスルーでお願いします。

 

makoto53

2018-12-10
ろっきいさん
こちらこそせっかいのスレを汚してしまい申し訳ないです。
私の名前が出なけれはあの方のレスにはスルーしたのですが。 

タンギュイ

2018-12-10
makoto53様

またの後付け、こじつけのわけのわからない言い訳は無用です。

スルーをお願いして逃げて、見え見えに自分を有利にしようと責任回避したつもりで人の行動まで自分の都合で変えようとしても証拠は動きません。
 
投稿者:ほあらんぽ

一般掲示板最新ショッピングモール『アイコンサイアム』

2018-12-09
  • サムネイル表示
  • 一覧表示
  • サパーンタクシン最寄りのサトーンピア、左奥、アジアティーク行きと
同じ船着場からシャトルボートが出ています。

  • 高いツインタワーはコンドミニアム。

  • 高島屋が入ってます。

  • イベントステージでバレエが披露。

  • 水上マーケットの雰囲気が。

今年11月9日オープンしたばかりのバンコク最新ショッピングモール
『アイコンサイアム』に行って来ました。
サイアムとありますがサイアムスクエアとかではなく
市内中心部から見ればチャオプラヤ川の向こう側です。
アクセスはチョット、、ですが物見高い人々で賑わっていました。

チャオプラヤツーリストボートやチャオプラヤエクスプレスも停泊していました。 
投稿者:hnl015

一般掲示板待ち遠しい、避寒ゴルフでのチェンマイ滞在。

2018-12-09
年明け、1月6日から3月7日迄の避寒ゴルフでのチェンマイ滞在を実行待ち。
滞在期間の長短は有りますが来年の滞在で9回目となり、滞在中での要領も覚えて来ました。
以前、或る方からアドバイスを貰った空港でのゴルフバッグの取り扱いにも慣れました(LCCを使った時)
JAL利用での手ぶらサービスを使ってからは、自宅引き取り・チェンマイ空港での受け取りで楽をしてますが。
但し、60日間のビザ取得だけは大阪の領事館へ出向き、2日間を掛けての取得だけは省略出来ませんが。
1日も早く寒さ我慢のゴルフから、短パン・半袖でのチェンマイでのゴルフが待ち遠しい日々です。