春の北タイ旅行 2014 ランパーンあれこれ

旅行の時期 2014年03月

View1027

photo
パヤオからランパーンへ。

ランパーン名物の花馬車は一人だと気恥ずかしくて乗れず、ひたすら歩く。
チェンマイと同様寺院めぐりだけど、町による違いが興味深い。

ランパーンは古くからのタイ北部の交通の要衝だ。
今はメーワン河岸でカートコンターと呼ばれるウイークエンドマーケットが開かれる。

ランパーンでもう1泊すればそれが見られたのですが、先を急いでしまいました。

写真は、ワットシーローンムアンの境内のハスの花。
photo
夕陽のクワンパヤオ湖。

湖畔のレストランで魚のトムヤムを頼んだらナマズだった。
ナマズはゼラチン質が多いので苦手。
photo
ランパーンの寺院でも、独自な様式のワットシーローンムアン。

本堂は木造の高床で堂内は涼しい。
photo
市街は車通りもあるのだが、川沿いは緑が多く静かな印象。
photo
ワットポーンサヌークの堂塔。
photo
右の堂内四方に仏像が配置されている。
photo
こちらは涅槃仏。
photo
足の裏にはびっしりと金泥の仏画が描かれる。
photo
胸乳をあらわにした天女の絵もあったが、こちらの方が絵柄の特徴が出ていて良いですね。
photo
車どおりを避けて小路を行けば北タイらしいお寺に出会う。

ワットチャーンフアリン。
photo
ランパーンは花の町。枝垂桜のような大木に紫の花が咲き乱れる。
photo
古刹ワットプラケーオドンタオ。

ビルマ様式のお堂とスリランカ様式のチェディ。
photo
市街を流れるメーワン(ワン川)に架かる橋。

ランパーンの町のシンボル(紋章)は鶏らしい。
photo
翌朝はランパーンの町から少し離れたコーカー郡のワットブラタートランパーンルアンへ、ソンテウをチャーターして行ってもらう。

堂々としたワットプラタートランパーンルアンの大きな仏塔。
photo
本堂も大きく立派で参詣者が多い。

ランパーン旅行記、乱れた順序を直し写真を入れ替えました。
(2015.4.)

記事登録日:2015-04-28

ページの管理人ろっきいさん
ろっきい photo
  • 掲示板 440件
  • コメント 1,376件
  • アルバム 1,901枚
  • 旅行記 275件
日本との行き来のゲートタウンとしてバンコクを利用しています。バンコクの町の不思議な魅力は感じますが、屋内は冷房がきつく外は暑くて汗をかきます。
空気は汚れているし、バンコクに長居は無用です。