バニラ ブラッスリー

Vanilla Brasserieวนิลา บราสเซอรี่

閉店・移転、情報の修正などの報告

フランス語でカフェ・レストランを意味する“ブラッスリー”、シックな大人の空間で、洗練されたメニューを楽しもう!

サワッディーカー!バンコクナビです。
「郷に入れば郷に従え!タイに来たならタイ料理を食べなきゃ!」とは、至極もっともな話。スパイシーなタイ料理、ものめずらしさも手伝ってパクパク。でもそれが連日ともなれば、料理にふんだんに入れられた、食べ慣れないスパイスやハーブにお腹が悲鳴を上げたり、そこまでいかなくても、なんとな~く飽きてしまって、他の料理が食べたくなったり…なんてことありますよね?
せっかくの旅行だから、3度の食事は毎回が真剣勝負!がっかりするのは絶対に嫌、満足できるところがいい!タイで食べるタイ料理は大きなハズレはないはずだけど、西洋料理となると「パスタは茹ですぎ」「ケーキは甘すぎ」なんていう悪しき噂を聞いたことがあります。
そこで、美味しい本格パスタやスウィーツを食べたくなったときに思い出して欲しいのが、今回ナビがご紹介する「バニラ・ブラッスリ−」。バンコクの人気お洒落カフェ・バニラグループの一員であるこのお店、サイアムパラゴンの中にあってアクセスが超便利なのもポイント高し!
◎ サイアムパラゴン内の好立地
早速サイアムパラゴンデパートへ!スカイトレインBTSサイアム駅で降りたら、3番出口からサイアムパラゴンの中へ。『CHANEL』のすぐ向かいのエレベーターでグラウンドフロアに下りると左手のすこし先に見えるのが、目指すバニラ・ブラッスリー。
おぉ、黒×白の縞模様のひさしといい、飴色に輝く木の柱と言い、風格のあるヨーロッパのカフェのようです。ウサギがプリントされたマットに出迎えられて店内へ。
◎ ブラッスリー=カフェ・レストラン
中は木を基調としたどっしりとした内装。重厚な黒のテーブルやモスグリーンのベルベット素材の椅子がしっくりと調和して、大人っぽい雰囲気作りに一役買っています。
「ブラッスリー」が、“カフェ”や“レストラン”を意味するフランス語であることからも分かるように、バニラ・ブラッスリーのコンセプトは、古き良き時代のヨーロッパ。店内には会話を邪魔しない抑えたボリュームで洋楽が流れていて、美味しい料理やスイーツと共に素敵な時間を過ごせそうです。
人気店だけあってほぼ満席状態でしたが、そこはオトナの配慮が行き届いたお店、全32テーブルのうち12テーブルがソファー席で、しかもテーブル同士適度な間隔を置かれているので、隣の人を気にしなくて済みます。
ショーケースには、スライスチョコを飾ったバナナクリームパイやイチゴがのったパンナコッタなど、見た目も可愛くて技ありの13種類のケーキ(65~110バーツ)や、アイスクリームがずらり。「ど・れ・に・し・よ・う・か・な?」と指差しながら、3周ぐらい迷ってしまいそう~! ショーケースには、スライスチョコを飾ったバナナクリームパイやイチゴがのったパンナコッタなど、見た目も可愛くて技ありの13種類のケーキ(65~110バーツ)や、アイスクリームがずらり。「ど・れ・に・し・よ・う・か・な?」と指差しながら、3周ぐらい迷ってしまいそう~!

ショーケースには、スライスチョコを飾ったバナナクリームパイやイチゴがのったパンナコッタなど、見た目も可愛くて技ありの13種類のケーキ(65~110バーツ)や、アイスクリームがずらり。「ど・れ・に・し・よ・う・か・な?」と指差しながら、3周ぐらい迷ってしまいそう~!

おしゃれなワゴンや棚で、ハンドソープや製菓グッズなどのバニラカフェ・オリジナルのアイテムも売られています。 おしゃれなワゴンや棚で、ハンドソープや製菓グッズなどのバニラカフェ・オリジナルのアイテムも売られています。

おしゃれなワゴンや棚で、ハンドソープや製菓グッズなどのバニラカフェ・オリジナルのアイテムも売られています。

◎ これこそヨーロッパ!のテラス席
外にはテラス席も。金魚が優雅に泳ぐ池の上のウッドスペースに自動演奏ピアノが置かれていて、その調べを聴きながらお食事ができるんです。3テーブル全10席限定。
街中のカフェにある、道路に面したテラス席はやっぱり排気が気になりますが、ここはデパートの中なので快適。でも池に落ちないように注意です!
◎ 2階はプライベートな空間
グリーンの絨毯が敷かれた階段を音もなく上った先、2階には、全12テーブルのソファ席。テーブルの間には仕切りがあるのでプライベート間がUP。ガラスの食器棚には美しいグラスが並べられていて、まるでヨーロッパの貴族のおうちのよう。ここからは1階を見渡すことができます。

■ メニュー

いくら素敵な雰囲気でも、店内を眺めているだけではお腹はいっぱいにはなりません。ドリンク&フードを注文しちゃいましょう!日本人らしく、手を合わせて「いただきま~す!」

★ハチミツレモンジュース★ Lemon Honey Frost 80バーツ
ゴクッと一口飲んだ瞬間、ハチミツの甘い香りが口いっぱいに広がり、その後すぐにレモンのさっぱりした風味が追いついてきます。グラスのふちについたソルトを少しなめると、ハチミツの甘さがぐっと引き立って不思議。シャリシャリの氷が見た目にもひんやり冷たく爽やかで、常夏タイにもってこいのドリンクです。

★ピンクレモネードソーダ★ Pink LemonadeSoda 80B
ザクロでつけた自然のピンク色が可愛らしいレモネード。甘~い香りを放っていますが、口に含むと、すっぱいもの好きのナビを満足させてくれるくらい爽やかな酸味。甘い?あれ、結構すっぱい、うん?甘い?という感じに、触感と嗅覚を惑わせるドリンクです。

★フライドポテト・タルタルディップ添え★ French Fried with Tartar Dip 120バーツ
タルタルディップとは、マヨネーズをベースに、細かく刻んだタマネギやマッシュルームを混ぜたおなじみのソース。バニラブラッスリーオリジナルのタルタルソースは、ピリ辛マスタード入り。淡白なエビフライやフィッシュフライとの相性がよいのは知っていますが、フライドポテトにつけて食べるのは初めて。タルタルディップをアツアツカリカリのフライドポテトにたぁ~っぷりつけて、ぱくり。ポテトにコクが生まれて、新しいおいしさ!つい手が止まらなくなっちゃいました。タルタルディップの他に、チーズディップとメキシカンディップもあります。

★トマトクリームソースのイカスミシーフードスパゲティー★
Black Spaghetti with Seafood in Tomato Cream Sauce 220バーツ
タイでは希少!コシを残してアルデンテに茹でられたイカスミスパゲティーを一口食べると、口いっぱいに磯の香りが広がります。これぞ海の恵み・大きめサイズのイカとぷりぷりのエビが、クリーミーなトマトソースと口の中で絡み合い、美味しさのハーモニーを奏でます。

★とろ~りチーズとカリカリベーコンの大きなじゃがバター★
Jacket Potato with Bacon & Cheese150バーツ
ほくほくに茹でられたじゃがいもにジワーっとバターが浸み込んでいて、その上にとろ~りチーズとカリカリベーコンがトッピングされた一皿。ジワー、とろ~り、カリカリが口の中で絡み合って上品に調和。お皿にはたっぷりのサニーレタスのサラダが添えられているところが嬉しい!

★ラザニアクレープ★ Lasagna Crepe 220バーツ
扇形にたたまれたクレープの真ん中にナイフを入れてパックリ開くと、チーズたっぷりのラザニアがとろ~りお目見え。クレープは中がミルフィーユ状の層になっていて、切り取って口に入れると、やわらかいクレープがラザニアを包み込みながら溶けていくんです。ナビおすすめの一皿。

★ストロベリーとバナナのクレープ アイスクリーム添え★
Strawberry & Banana Crapewith Ice Cream 220バーツ
焼きたてクレープに冷たいアイスが添えられて、たくさんのイチゴとバナナがトッピングされた一品。もうお腹いっぱい、甘いもの用の「別腹」を持ち合わせていなかったナビですが、サクサクしたクレープの触感は、あれよあれよという間に、ナビの体に「別腹」を作り出しました。

ランチボックス Lunch Box 450バーツ
ゆっくり食べたいけど時間がない、バンコクでピクニック気分を味わいたい、青い空が大好きだ!という人にはバニラブラッスリーのランチボックスがお勧めです。6つの小箱に区切られたお弁当箱にはサラダ、メインディッシュ、スパゲッティー、創作お寿司、フルーツ、ドルチェがところ狭しと並んでいます。●チキンコロッケまたはイカフライ、●ポークカツ寿司またはツナマヨ寿司など、メニューも自分で選べるのが嬉しいですね!

いかがでしたか?
お洒落なレストランやカフェが立ち並ぶサイアムパラゴンでひと際輝いていたバニラ・インダストリー。落ち着いた木目調の店内で、丁寧にそして最高級にナビの胃袋を満たしてくれた料理の数々は、綺麗さっぱりナビの体に取り込まれていきました。
以上、バンコクナビがお送りしました!

【BTS】
スカイトレインBTSサイアム(Siam)駅で下車。3番出口を出てサイアムパラゴン内へ入ります。イベントスペースを右手に見ながらまっすぐ進み、CHANELのすぐ向かいのエレベーターでグラウンドフロアに下りるとすぐ左手先にあるのがバニラブラッスリーです。

記事登録日:2007-09-05

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2007-09-05

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供