サイアム・オーシャンワールド

Siam Ocean Worldสยามโอเชี่ยนเวิลด์

閉店・移転、情報の修正などの報告

バンコクの新スポットサイアムパラゴンの地下に広がるマリンブルーの空間。街の真ん中でお魚さんに会いに行こう!

こんにちはバンコクナビです。地元の人も、観光客も、み?んな噂してる「SIAM PARAGON」。ワールドクラスのブランド品、トレンド最先端のデザイナーズブランドがずらりのショッピングデパートがあるのは地上階。でも、皆の話の真ん中で花を咲かせるのはいつも、地下階にある「サイアム・オーシャン・ワールド」、水族館です!

ここは、400種類3万匹の規模で2005年12月9日にオープンしてからまだ2ヶ月。上海海洋水族館や沖縄美ら海水族館を抜いて、東南アジア最大規模、世界では2番目に大きいと言われています。床面積は1万平方メートル。館内は、海底トンネル型の「オープン・オーシャン」、深海魚やサンゴ礁を集めた「ディープ・リーフ」──など7つのゾーンに分かれ、珍種のサメや大きなエイが悠々と泳ぐのを目にすることができます。そんな水族館が、タイの都・バンコクのど真ん中、サイアムにあるなんて、信じられます?! そんなおいしいところに、バンコクナビが動かないはずはありません!
エスカレーターで海底へ潜水・・・。準備運動、入水。
SIAM PARAGONは、BTSサイアム駅直結。1フロア全部をフードコートにしてしまった「DINING PARADAISE」からエスカレーターで降りて、海底へ・・・。初めに目に入るのは球形の魚眼レンズみたいなモニター。大きな魚がこちらに寄ってきたり、小さな魚の群れが目の前を通り過ぎたり、まるで潜水艦のなかから海中を眺めているような錯覚にとらわれます。これから訪れる、深海を切り取った世界への期待を膨らませるモニターですね!
大人450B、子供280Bのチケットを購入して、水族館へダイビングです。 入場するとすぐにタイムスケジュール表があるので、チェックするのを忘れずに。目玉の「シャークフィード」、サメの餌づけは一日二回、13:30、17:30です。 全部で7つに分かれたエンターテイメントゾーン、1つずつ見ていきましょう。
チケットオフィスを抜けてすぐにある、1stゾーン「Weird And Wonderful」。
全てのゾーンごとにテーマがあり、それにちなんだ名前がつけられています。この水族館で私たちが一番初めに目にするのは「不可思議な、驚嘆すべき」水生動物たち。魚を想像していた私たちの予想を気持ちよく裏切る、珍しい動物に取り囲まれます。

シャークエッグス

鮫の卵はこんなに硬そうなんですね!厚い殻にしっかりと覆われています。卵の中で充分に成長してから、殻を噛んで生まれてくるんだって! この大きな蟹は我らがJAPAN、北海道のものだそうです。間近でみると、本当に大きいんですよ。まだ入ったばかりなのに、見たことのない生き物ばっかり!

ジャイアントスパイダークラブ

2、深海へ潜った人しか見ることができない、「Deep Reef」。
色とりどりの魚と、それよりも多くの色を持った海の母、サンゴ礁。ここの生物はみんな、とってもカラフル。深い青の中を彩る海の生物が、幻想的な世界をつくります。高さ7mの巨大水槽が隅々まで色づいている様子は圧巻!
7mの水槽は、深い海をイメージさせるのに充分な高さです。サンゴ礁の海では熱帯雨林よりも多くの種の生物が生息する、という説もあるほどの偉大なる母、サンゴ礁。その姿をここで観察してみましょう。 サンゴ礁や、サンゴ礁に生成する藻を食べる種類の魚がこのゾーンに集まっています。ここにいるのは小さめの魚がほとんど。大きな水槽の色彩の一部になって、絵の具をたくさん使った水彩画を見ているみたいです。

◎ GRASS BOTTOM BOAT RIDING(15分、150B)
10人乗りのボートで、館内の水槽の中をドライビング! 生き物たちは、水槽の外から見るのとは全く違った表情を見せてくれることでしょう。英語を話せるガイドさんは全員ではないそうです。英語を話せるガイドさんだったらラッキー!

◎ TALK WITH DIVER
この大きな水槽の真ん中で、悠々と浮かぶダイバー。ダイバーから繋がっている線、何かわかります? この線でマイクの声がダイバーに届き、ダイバーの声が会場のみんなに聞こえるんです。マイクを握ったお姉さんとダイバーの楽しいやり取りにみんな爆笑。観客に外国人が多いときには、英語でやり取りするのだそうです。わたしも少しお話させてもらいました♪

3、生命の息吹を感じる、水中生物の種の存続「Living Ocean」
「生き残るためのルールは至って単純です。生き残るためには食べ物を見つけ、外敵や環境から身を守り、酸素を得て、自らの種を存続させること。あなたはその原則をここで観察することができるでしょう」―紹介文より意訳。
☆ ライオンフィッシュ

☆ ライオンフィッシュ

☆ ジャイアントヘルメットクラブ

☆ ジャイアントヘルメットクラブ

南の島で潜るダイバーたちの憧れ、ライオンフィッシュ!マレーシアでダイビングした時に、見つけてすごく嬉しかったことを思い出しました。ここに来たらいつでもこんなに珍しい魚に会えるなんて、考えてみたらすごいことですよね。 ジャイアントヘルメットクラブは、今までに見たヤドカリと同じ種族とは思えないほどの迫力!

4、ここは未知への探検ゾーン「Rain Forest」

複雑な環境条件として知られている、世界最大の淡水に生きる数種類の魚を見ることができます。その中で共存する爬虫類と哺乳類の数種は出会ったことのない種類はあなたを驚かせるかもしれませんが、恐がらずこのジャングルを探検しに行きましょう。
☆ イグアナ

☆ イグアナ

☆ スネークヘッド

☆ スネークヘッド

木が生い茂るちょっと暗いゾーンに入ってゆくと、ピラニアみたいな小さな魚から、アロワナなどの大きな魚が水槽で入り乱れています。魚たちはグレーっぽい色のものが多く、暗いジャングルの中ではなかなかの凄みを感じます。暗い海底に住んでいるために目が退化したブラインドケーブフィッシュは、ちゃんと洞窟の中に住んでいたり、蔦が水槽の横を這っていたりと、熱帯雨林のムード満点です!

各所にコーヒースタンドがあるので、少し疲れたら休憩。じっくりまわりたいですね。

5、弱肉強食、逆らえなくても成す術はある「Rocky Shore」
日本語に訳すと「岩浜」。その言葉のイメージから感じられるように、ここでのテーマは「サバイバル」。多様な種がたった一つの海で、自分が生き残るための手段を作り出し、外敵から身を守り、そして共存する姿を感じ取ることができます。
☆ あざらし

☆ あざらし

☆ 学生さんも見学中

☆ 学生さんも見学中

アザラシはどこの国でも子供たちに人気のようで、水槽の外から手を当てて、なでるまねをしている子もいました。体も大きいけど、その大きい目がかわいい!なんだか微笑んでいるみたいな表情をするんです。そうそう、これからペンギンも仲間入りする予定だそうです。楽しみですね?!
6、ここでいよいよクライマックス。「Open Ocean」
鮫、大きなエイ、シューティングフィッシュなど、来場客の全員が期待していた魚たちが集結するゾーン。水の下をくぐる海底トンネル、鮫の餌付けなど、目玉の施設と人気アトラクションもここでみられます。ここで水族館への興奮はクライマックスに達することでしょう!

SHARK FEED
映画館の大きなスクリーンみたいに、観客席の前いっぱいにある水槽。ベンチシートを埋め尽くす観客の前に、魚をたくさん引き連れたダイバーが泳いでやってきます。魚たちは彼らが餌を持っているとわかっているから、彼らの側を離れようとしません。でも鮫は、自分たちだけの餌だということを知ってか、悠々のんびりとしたもの。何も気にしていないように澄ました顔でダイバーの側までゆき、手渡しで餌をもらってがぶり、と噛み付きます。貫禄ありますね?。 群がる魚のせいで、ダイバーが全く見えなくなることもありました。

7、最後は心を落ち着かせて・・・。海の癒し「Sea Jellies」
最後は幻想的なシージェリー、くらげにやさしく見送られます。骨格と脳の代わりに毒を持つ彼らは、世界で一番広く分布している種類って、知っていました? 驚くほどの多種多様なくらげたちの一部に出会えば、その可愛らしさと不思議な魅力に引き込まれます。
★ FISH CAR
これには、最後にビックリさせられました!なんて事を考えたのでしょう?中に照明がついていて、浮かび上がるように綺麗です。写真撮影スポットになっていました。
★ TOUCH POOL
いくつかの生物を、直接手で触れるんです!亀、ひとで、ナマコなどがありました。私は気になっていたピンクのきれいな生き物を触ってみたんですが、以外に柔らかくてびっくり!ギューッと押してしまって、係員のお姉さんに怒られました。。。気をつけましょう。
★ PHOTO CORNER
George Evattという有名な写真家が撮った写真が殆どだそうです。赤と青のコントラストが鮮やかな写真や、生物を対象にした、一瞬を捉えた写真などがあって、これもまた興味深かったですよ。
★ お土産屋さん、SHARK SHOP
名前のとおり、鮫のモチーフのものが多くありました。ぬいぐるみ、日用雑貨、文房具など、種類は色々☆
この通り、みどころいっぱいの水族館なわけですが、ここの本当の魅力は、見ているだけじゃなくて、体験ができるところ。参加できるのはこちら一覧表の通りです。

1.Introductory Program 6600B
(ライセンスのない人)
・プールトレーニング有り
・水槽内ダイブ(30分)
・証明書付き

2.Scuba Tune Up 6000B
(ダイバーライセンス有り/ダイブのブランクが一年以上/総ダイブ10本以下)
・トレーニング有り
・水槽内ダイブ(30分)
・証明書付き

3.Experienced Diver Program 5300B
(経験豊富なダイバー用)
・サメについての短いセミナー
・水槽内ダイブ(30分)
・証明書付き

全てのコースにはダイブ用品とフルウェットスーツ付き(持ち込み可能)、要予約

お疲れさまでした♪
ゆっくり見ていたら、何時間でもいられそうなこの水族館ですが、この上のデパートをチェックする時間も残しておくのをお忘れなく!国内最大の高級ショッピングセンター(SC)「サイアム・パラゴン」には、世界的な有名ブランドなど250店以上が入居。オープニング式典ではシリントン王女をはじめ、閣僚や人気俳優らが出席し、民間主催では過去最大規模だったそうです。
映画館「サイアム・シネプレックス」、オペラ劇場「サイアム・オペラ」などが順次オープンするというこの巨大デパートに入っている一流ブランドはHERMES、CHANEL、GUCCI、BVLGARI等、デザイナーズブランドはPOUL&SMITH、Jaspal、ZARA等・・・書ききれないくらい。
イチ早く行ってきた私は、みんなに自慢していますッ(゚∀゚)!!

記事更新日:2008-09-25

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    nina2006

  • photo

    nina2006

  • photo

    nina2006

  • photo

    nina2006

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2006-03-02

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供