クアンシーフード (ランナム通り店)

Kuang Seafoodกวงทะเลเผา หูฉลาม

閉店・移転、情報の修正などの報告

タイ料理でも人気のシーフード。有名店は多くありますが、地元の人にも観光客にも人気なのが今回のこのお店


サワッディーカップ、バンコクナビです!バンコク旅行で何を食べようかと旅行前からワクワクされてる方も多かと思います。何といってもタイ料理はバリエーション豊富。そんな中でもシーフードはとても人気がありますね。今回ご紹介のクアンシーフードはその名の通りシーフード専門のタイ料理店です。わりとリーズナブルな価格のせいか地元の人にシーフードのおすすめ店を聞くとこのお店を挙げる人も少なくなく、またそんな情報を知ってか、海外からの観光客も多く訪れているようです。店舗はビクトリーモニュメントのランナム通りと、ホイクワンにありますが、今回はランナム通り店をご紹介いたします。

ロケーション


場所はBTSビクトリーモニュメント駅を降りて左に入るランナム通り沿いにあります。ランナム通りといえばイサーン料理のお店が多い通りとして知られていますね。そのランナム通りを真っ直ぐ進んだラチャプラロップ通りに突き当たるあたりの左手にお店の看板がありますのですぐわかるでしょう。お店の店頭には水槽があり、魚やエビが泳いでおりいかにも新鮮な食材が楽しめそうです。スタッフが入り口でお客さんを案内してくれますのでそれに従って店内へ。店内は二階席などもあり開放感があります。夕方6時くらいではありましたが、もうちらほらお客さんが増え始めていました。では料理を注文しましょう。
BTSビクトリーモニュメント駅2番出口を降りる

BTSビクトリーモニュメント駅2番出口を降りる

飲食店のならぶランナム通りへ

飲食店のならぶランナム通りへ

真っ直ぐ進んでいくと左手に看板が

真っ直ぐ進んでいくと左手に看板が

ガラス張りなので店内の混み具合もよく見える

ガラス張りなので店内の混み具合もよく見える

店頭には水槽があり新鮮な食材が確認できる

店頭には水槽があり新鮮な食材が確認できる

なんといってもカニですね

なんといってもカニですね

まだ早い時間でも席が埋まり始めた

まだ早い時間でも席が埋まり始めた

店内は二階席もある

店内は二階席もある

クワンシーフードの料理


空芯菜炒め Fried Morning Glory

まずは野菜から。やはり日本人にも人気の空芯菜炒め「パックブン」を頼んでみます。ポピュラーなこの料理は屋台から高級タイ料理のお店までほとんどのお店で出されている料理ですが、店によって結構味が違います。空芯菜ににんにくと唐辛子を加え強火でさっと炒めた中華料理っぽい雰囲気の料理ですね。この店の空芯菜炒めはわりと野菜汁とダシが効いたような炒め具合で、しっかりした味の印象でした。
にんにくもたっぷり

にんにくもたっぷり

その他野菜料理メニュー

その他野菜料理メニュー



エビのフライ Golden Shrimps

エビの揚げ物は中華街などでも見かけますが、ここの揚げ物はメニューに日式とある通り、まさに日本のエビフライと同じようなものでした。まさかタイでエビフライに出会うとは。ただ食べ方は甘ダレがついてきますので、そちらでいただきます。エビ自体新鮮なので非常にプリプリしていておいしですね。意外と数が多いので複数で来た時もお手頃なメニューです。
新鮮なまま揚げたエビはプリプリ

新鮮なまま揚げたエビはプリプリ

甘ダレでいただきます

甘ダレでいただきます



プーパッポンカレー Stir Fried crab with curry powder

さて、なんといってもこの店のイチオシ料理はこれ、そうプーパッポンカレー、カニのタイ風カレーですね。やはりこの料理で有名なソンブーンのプーパッポンはシンプルで素材の良さが強調されたような外見で、味は甘めですが、こちらのプーパッポンは比べるとワイルドな感じです。カニも大胆にカットされ、具材も野菜があれこれ入っているのがわかり、そして卵の量が多くおいしいです。味もはっきりしていますので是非ご飯と一緒に召し上がってくださいね。
このボリューム感

このボリューム感

ワイルドにカニが入ってます

ワイルドにカニが入ってます

やはりご飯も注文

やはりご飯も注文

一緒に召し上がってください

一緒に召し上がってください



いかがでしたか?バンコクでシーフードのおすすめと聞かれたらクワンシーフードと答える人は少なくありません。何といっても現地に住んでいる人も推しているレストランなので迷ったときは行かれてみてはいかがでしょう。今回はプーパッポンカレーをメインにご紹介しましたが、この他に牡蠣やエビ、そして魚料理も実に豊富にあります。メニューも写真付きで非常にわかりやすく注文も安心ですね。素材の新鮮さは店頭で一目瞭然、それらを使ったタイ料理をお楽しみいただけたらと思います。

記事登録日:2014-12-21

ページTOPへ▲

主なメニュー

単位:バーツ

空芯菜炒め

Fried Morning Glory

img 60バーツ

エビのフライ

Golden Shrimps

img 150バーツ

プーパッポンカレー

Stir Fried crab with curry powder

img 380バーツ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-12-21

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供