グランド ハイアット エラワン バンコク

Grand Hyatt Erawan Bangkok

閉店・移転、情報の修正などの報告

グランド ハイアット エラワン バンコクはビジネス向けホテルで、バンコクのラッチャプラソーン周辺に位置し、近隣にはPolice General Hospital、イギリス大使館、スイス大使館があります。その他の近隣の見所にはアメリカ大使館、サイアム パラゴン モール もあります。

サワディーカー、バンコクナビです。
バンコクの高級ホテルと聞いてまず想像するのはチャオプラヤー川沿いの高級ホテル群。確かに川沿いで眺めは良さそうだけど、都心から離れていて立地が不満・・・。
ホテルで贅沢気分を満喫しながら、一歩外に出ると買い物天国!そんな我侭な条件を満たすホテルがありました。
今日ご紹介するのは、バンコクの代表的な高級ホテル且つ、立地も超1級のホテル、『グランドハイアットエラワン』です。
■ 周辺情報
グランドハイアットエラワンは、BTSチットロム駅から僅か徒歩3分の立地。周辺にはゲイソン・アマリン・セントラルワールドプラザなどのデパートが建ち並び、さらにサイアムパラゴンやサイアムスクエアー、マーブンクローンまでも徒歩圏内という嬉しすぎる立地です。バンコクのほぼ中心に位置するので、観光スポットへの移動も非常に便利です。
また、願い事が良く叶うと言われているエラワン祠はホテルの真横。近くに泊まっているだけで何だかいいことがありそう~!!
■ 外観&ロビー
それでは、早速お邪魔してみましょう。外観はまさにギリシャ神殿そのもの。ホテル前に立っただけで圧倒的な存在感を感じさせます。ホテル内に入るとそこはもう別世界、外の喧騒が嘘のようです。ロビー内は吹き抜けになっており、天井は外の光を取り入れる設計になっています。だから、非常に明るく開放感に溢れています。

- 客室紹介 -

客室は全部で380室。アメリカ資本のホテルで客層は西洋人が多いとのこと。中でもビジネス客が大半を占めているんだとか。確かにビジネスにも非常に便利な立地ですが、観光客の方にもこの立地と環境は魅力的!!

■ グランドデラックスルーム / グランドルーム
ナビがお邪魔したのは、グランドデラックのダブルルーム。部屋の広さは40平方メートルあります。
グランドデラックスルームの下のカテゴリーにグランドルームがありますが、その違いは景観の違いのみ、グランドデラックスはBTSが望める側にあります。 ※現在はリニューアルによりBTS側以外にもお部屋があるようです。
ダブルルームはキングサイズベッドが1台、ツインルームはクイーンサイズベッドが2台の仕様です。
お部屋は、モダンで洗練されたデザイン。大きなガラス窓が40平方メートルという広さ以上の開放感を演出しています。ナビは事前にビジネス客の利用が多いんですよ、と聞いていましたが、部屋をみて納得!部屋の窓側にあるビジネス客用のテーブルが非常に機能的で使い勝手が良さそう。LANも完備しているので高速インターネットも使用可能。居心地のいいお部屋で、仕事もはかどりますね。浴室はバスタブとシャワーブースの2種類設置。シャワーだけ浴びたい時、バスタブにゆっくり浸かりたい時の使い分けが出来て便利です。また、アメニティ類も不足はありません。お部屋内の備品1つ1つにお客様への気づかいの気持ちが見えるようです。

■ スパコテージ
グランドハイアットエラワンには通常のお部屋の他にスパコテージというお部屋のカテゴリーがあります。例えるならば、都会のリゾート高級コテージ!!
スパコテージの入り口は5Fにあります。まず入り口にあるのはグランドハイアットエラワンが誇るスパ『アイサワン レジデンシャル スパ&クラブ』。そこを抜けると広々としたプールに出ます。スパコテージはそのプールの奥にあります。実は、5Fは、スパ・プール・ネイルBAR・ヘアーサロン・エアロビクススタジオなどが集まるまさにビューティー&リゾートの階。この階をうまく利用すればリゾート気分を満喫できます。アイサワン レジデンシャル スパ&クラブの記事はこちら

お部屋も必見!早速お邪魔します。
スパコテージの広さは100平方メートルもあり、通常のお部屋の2倍以上の広さです。リビングルーム・寝室の他、お部屋でスパが楽しめるよう、マッサージルームも完備しています。また、トイレバスは別となっており、トイレはウォシュレットがバスルームにはテレビが設置してあるという何とも贅沢な造り。
さらに、各部屋にバルコニーがついており、プライベート空間で気軽にリゾート気分を味わうことも可能です。お部屋にはハーブティーやヨーグルトなどのヘルシーフードも数品用意されており、冷蔵庫の中身も含めて全て無料というのも嬉しいですね。また、アメニティもリゾートを満喫出来る様に考えており、通常のアメニティに加え、帽子や日焼け止め、虫除け、サンダルなども用意されています。
海こそありませんが、都会で味わうリゾートも最高です。

■ 客室共通備品

■ ホテル付帯設備

- ホテル付帯設備 -

■ レストラン

 ・ダイニングラウンジ
朝食会場にもなっています。ホテルに入って左側ロビー階にあります。
営業時間:06:00-01:00

朝食ブッフェ 06:00-10:00: 620B (税・サ別)
昼食ブッフェ 12:00-14:30:月~木 899B(税・サ別) 金~日 1299B(税・サ別)
夕食ブッフェ 18:00-22:30:月~木999B(税・サ別) 金~日 1599B(税・サ別)

・ガーデンラウンジ
ホテルに入って右側ロビー階にあります。アフタヌーンティーなどもいただけます。アフタヌーンティーは平日はセット・土日はブッフェです。
営業時間:06:00-01:00

アフタヌーンティー 14:30-18:00:月~金380B(税・サ別) 土日420B(税・サ別)

・ザチャイニーズレストラン 華軒
香港のシェフらによる本格的中華料理を楽しむことが出来ます。
営業時間:11:30-14:30(昼食)18:30-22:30(夕食)

・スパッソ
ロビー階下にあるイタリアンレストラン。日曜を除いて22:30以降02:00まではバンドが入りレストランからバーへ変わります。
営業時間:12:00-14:30(昼食)18:00-22:30(夕食)

・ユー&ミー
アジアンヌードルのお店です。
営業時間:11:00-23:00

・バー@494
お洒落なバーです。ワインの品揃えの豊富さは必見!
営業時間:12:00-00:00 (月~土)17:00-00:00 (日)

・エラワン ベーカリー
ロビー階下にあるベーカリーです。手作りのアイスクリームやケーキが購入できます。店内で食べることも可能。
営業時間:10:00-22:00

・ザブリーズウェイ
プール・フィットネスの同じ階にあるレストラン。タイ料理・西洋料理がいただけます。
営業時間:10:00-22:00

・エラワン ティールーム
ホテルと繋がっているエラワン2Fにあります。ケーキ・お茶の各種セットの他、タイ料理も楽しむことが出来ます。
営業時間:10:00-22:00

■ その他

・プール
広々としたプールとプールサイドのベッド。ついつい長居して街の観光を忘れてしまいそうです。
営業時間:6:00-22:00

・アイサワンスパ
各種スパメニューが受けられる他、スパ製品も購入可能です。
営業時間:07:00-23:00

・ヘアーサロン
こちらでは、カット他各種ヘアーケアーが可能です。
営業時間:9:00-19:00

・ネイルバー
リゾートを満喫した後はネイルケアーもお忘れなく!爪のお洒落をしてから街中に出ましょう。
営業時間:08:00-22:00

・フィットネス/エアロビクススタジオ
エアロビクス・ボディーバランス・ボクササイズなどのプログラムを受けることが可能です。
営業時間:6:00-23:00

・ビジネスセンター
ロビー階にあるビジネスセンターでは、FAXサービス・インターネットサービス・携帯レンタルサービスなどが受けられます。
営業時間:07:00-23:00

グランド ハイアット エラワン、いかがだったでしょうか。現在は観光客の利用が10%以下で残りはほとんどビジネス客とのこと。このホテルはビジネス利用だけでは勿体無い!!これがナビの率直な感想。観光・買い物・美・健康全てが揃っているホテルだからこそ、旅行者の方にもっと利用して欲しいですね。思いきって贅沢するなら、一流の贅沢を味わってください!以上バンコクナビがご紹介しました。

記事登録日:2006-08-04

ページTOPへ▲

関連タグ: ハイアット

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2006-08-04

スポット更新日:2019-04-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

エラワン・バンコク

エラワン・バンコク

グランドハイアット・エラワン隣接の閑静なショッピングセンター