クイーンシリキット公園

H. M. Queen Sirikit Parkสวนสมเด็จพระนางเจ้าสิริกิติ์ฯ

閉店・移転、情報の修正などの報告

約22ヘクタールの広大な公園がチャトチャックに!洋風庭園美と樹木の香りを堪能あれ!!

サワディーカー バンコクナビです。今日は、シリキット王妃殿下の60歳の誕生日を記念して造られた、「クイーンシリキット公園(H. M. Queen Sirikit Park)」をご紹介します。

まずは木立の中を

ここにはタイの北から南までの樹木が集められています。思わず深呼吸したくなる木立の中を歩いてみましょう。鬱蒼と葉が茂っています。風のサワサワが聞こえるようです。葉影にはリスの姿が。「おいでおいで」と手招きするも、残念ながら人の心リス知らず。あちらの枝へとヒトっ飛び。

美しい花と噴水

プルメリアゾーンの奥には噴水があります。夕方5時過ぎに噴水のショーが始まります。静かな公園に突然ジャズ風な音楽が流れると、それが始まりの合図♪音楽に合わせてしばしの“水の戯れ”です。目にも涼やか。この音楽がいい音なんです。歩いていてスピーカーを発見しました!うまいこと木の枝葉の中に隠してありました。雨でも大丈夫なんでしょうか。しかしここはタイ。そんな対処は慣れているはずですよね。
自然に群生しているかのようなカンナの一角も見事です。藤棚ならぬ、これは何の花の棚でしょう。こんな棚が数か所あります。ベンチもあるので一休みするのもいいですね。

色とりどりのキンセンカが満開です。水面に敷き詰められているのは睡蓮か?蓮か?遠目にはわかりませんが、モネの睡蓮画のようです。立ち葵と言えば日本の花と思いきや、実は中国やシリアが原産国なのだそうです。

花は季節によって植えかえられます。花の近くに寄ってみましょう。名前がわかりますか?
ハイビスカス、ゴールデントランペット、あとひとつは……う~ん、何でしょうか。

これぞ形式美!

そして目に飛び込んでくるのが、形作られた美しさといいましょうか、かわいらしい姿の数々。右端の写真は鬼バスでしょうか、直径1メートルくらいありました。乗れるのかな?

雰囲気変わってここは日本昔話の世界か

公園の奥には小さな橋があり、その橋で鉄道公園と繋がっています。その境目のあたりは森林のたたずまい。野鳥の声がギャーギャー響きます。野趣たっぷり。水面が緑色でびっくりしますが、これは水草の色。水の色が見えないほどに敷き詰められています。何かが潜んでいそうな気配が何とも言えません。どろろ~んと昔話にトリップしそう。

公園で出会う人

休日でも混雑とは無縁なくらいですから、平日はとてもすいています。「独り占め~」とばかり鼻息も荒くなる?が、その広さゆえ、ひとりで散歩する時はちょっと心しましょう。とはいうものの、ひとりきりになる時間はそう長くないはず。やってくるんですよジョングしてる人が。平日の昼間走る人がいるんですね!ひとり散歩にはありがたい存在です。それからポリスマンがしょっちゅう巡回しています。彼らはあちこちに配備されていて自転車やバイクで回っています。あ、一般の人は自転車は園内禁止です、バイクもね。それから公園を整備する作業員も大勢います。オープンして10年以上たったとはいえ、まだ開拓整備は続いています。季節ごとの花の植え替え、木々の剪定など、常に大勢の作業員がいます。

お助けコーナー

入口は何か所かあります。地下鉄ガムペーンペット駅から来た時の入口を入ると、入ってすぐ左手にトイレがあります。ブーゲンビリアの下に隠れるように建っています。水も売っていますので、それを持ってスタートすれば安心です。トイレ使用料2バーツ、水は8バーツです。トイレは他にもう一か所あります。
雨季ですと、急に雨が降ってくることがあります。そんな時はサーラー(東屋)で雨宿りしましょう。公園内に何か所かあります。日本の梅雨のように1日中降り続くことはありません。雨の公園も見つめるのも乙というもの。写真では自転車の後ろにサーラーが見えます。この自転車は鉄道公園から来た人のための自転車置き場です。

まだまだ

公園内にはChildren's Discoverry Museum や記念館(王妃様関係)があります。また広くないとはいえ、香る花のコーナーなど、紹介しきれなかった所がまだまだいっぱい。それらはまた次の機会にお伝えできたらと思っています。
以上、バンコクナビがお伝えしました。
Children's Discoverry Museum Children's Discoverry Museum Children's Discoverry Museum

Children's Discoverry Museum

場所・行き方

BTS、MRTを使った行きかたは下の表を参考にしてください。ここではMRTガムペーンペット駅からの道順をご説明します。2番出口を出ます。出たら左に向かって数メートル行くとガムペーンペト2通りに出ます。その通りを右へ数分歩くと道路沿いにJJモールのビルが見えてきます。さらに1分ほど進と大きな通りに突き当たります。そこを横断します。そこはもう公園の一角です。そこの柵沿いに右へ進むと左手に駐車場が見え、その後入口が見えてきます。このタイ語表示の手前が入口です。
  • photo

記事登録日:2009-08-11

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-08-11

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

クイーンシリキット ナショナル コンベンション センター駅(MRT)

クイーンシリキット ナショナル コンベンション センター駅(MRT)

イベントが特別行事が開催される度に大勢の人で混雑する駅です。会場は駅に連結しているため移動も快適です。

鉄道公園

鉄道公園

緑の公園をサイクリング! 広い公園はピクニックにスポーツに最適!!