タイ スタイル スタジオ

Thai Style Studioไทย สไตล์ สตูดิโอ

閉店・移転、情報の修正などの報告

バンコクで大変身を遂げたい!一生モノのため行く価値大アリ。お姫様願望が満たされること、間違いナシ☆

本格的な変身写真を撮るならココ!―タイスタイル スタジオ―
こんにちは、バンコクナビのDEKOです!女の子なら誰しも一番キレイな自分を見てみたいもの・・・。今日はそんな願望を満たすべく、本格的な変身写真にチャレンジしてみました。どのへんが本格的かって?そりゃもう、聞いてびっくり見てびっくり。なんとオカマちゃんの手で変身するのです!「えぇ~、オカマ?やだぁ~」??DEKOだって最初はおっかなビックリ。しかしまずは、その出来映えをご覧くださいな・・・(ぐふふふ)。
タイの原宿で見つけました、オカマの巣窟
向かったのは、BTSサイアム(Siam)駅から徒歩5分のところにある、マーブンクロンセンター(通称MBK)。有名なのは携帯電話ショップですが、若者たちが最新の流行を追い求めて雑踏を行きかう場所でもあり、いわば日本でいう原宿のような存在です。2Fの東側奥に進んでいくと、写真をたくさん飾ったガラスが目立つお店、そこが今回体験してきたタイ・スタイル・スタジオ(Thai Style Studio)!
コースは多様に分かれております
お店の向かって右手にあるカウンターで、希望のコースをお姉さんと相談します。一番お得なコースで900Bから。分厚いアルバムに入った見本写真もあるので、撮りたい衣装やポーズを心ゆくまで選べます。

お代官様のお通り~
このスタジオはビル内の2Fと3Fの両方に店舗を構えています。どちらで撮るかはそのとき次第ですが、DEKOは3Fのスタジオに移動することに。3Fのスタジオに入ると早速、メイクアップ開始です。ここでまず感心したのが、上着を脱いでメイクアップ用のガウンが用意されていたこと。チークやファンデーションの粉で汚れないようにとの配慮がかなりグッド。メイクアップルームは、スタジオの奥の部屋にあり隠れ家っぽい雰囲気。大きな鏡の周りに、所狭しとウィッグやアクセサリーが並べられています。そこでDEKOを待ち構えていたのは・・・フレンドリーなお姉さんたち(もちろん性別は男)。鏡の前に座ると、ティッシュで軽く顔を押さえてからメイクを始めます。
プ、プ、プロフェッショナル・・・!!
ここでも本格さを発揮!なんと眉の形を整えるところから始めるのです!日ごろ自己流ケアで満足していたDEKOですが、やっぱ人の目線でやってもらうのは大事だと実感です。写真を撮りにきたのに、ここまで本格的なメイクならお得度満点。さて、ここから下地作りに入ります。しかーし・・・ちょっと待って!というくらいの濃いコンシーラーを顔全体に塗られます。なぜなの~(涙)と思いましたが、これは写真のフラッシュなどを計算に入れた上でのカラーだそうな。はい、素人がうかつに口を出してはいけませんね(反省)。しかもこの上にハイライトを入れると顔の立体感が増し、小顔度100%!素晴らしい!
アイメイクで目は3倍!
下地が完成すると、次はアイメイクに移ります。ベイジュ・ブラウン・ゴールドを器用に重ね塗りし、微妙なグラデイションを生み出します。メイク好きで日々研究しているDEKOも、このテクニックとセンスには脱帽。アイライナーを上と下にガッチリ入れ、ビューラーでまつげを持ち上げたあとは、手先を細かく動かしながらマスカラでボリュームを出していきます。出来上がった目は、いつもの3倍の大きさ!日ごろメイクの仕方で悩んでいる人も、お姉さんたちの抜群のテクニックを盗んでしまいましょう!
フィニッシュは小顔攻撃・・・
チークを頬に広くいれ、ハイライトを目の下や鼻に入れると、そこに出来上がったのは一回り小さくなったDEKOフェイス。「人の顔ってメイクでこんなにも変わるんだ!」とひたすら、言い古されたセリフを連発して感激。メイクについて、簡単にレポートいたしましたが実はこれだけで1時間かかっております。タイ国内において、ここまで丁寧に仕上げてくれる写真スタジオって、本当に珍しいです!このメイクだけで1本の記事になっちゃいます(笑)。

まずは最初の衣装から・・・
DEKOが初めに着ることになったのは、アユタヤー時代の衣装(チューブトップとロングスカートの組み合わせ)。お姉さんにカーテンの奥に案内され、ガウンをはがされました。「ちょ、ちょっと待って(アナタは男でしょう?!)!!」との心の叫びもむなしく、「マイペンライ(大丈夫)」とポイポイ着替えさせられ、まるでリオのカーニバル姉さんのような格好になってしまいました。唖然としているうちに、次はロング巻きスカートを体の前に用意し、パタパタと丁寧にたたんでゴージャスな飾りにします。普通は既製の飾りを使うのに、ここでは本物のスタイルを忠実に再現しているのです。そのあたりも好感度アップ♪
撮影はモデル気分で!
さて、お店前方の通りに面したスタジオに移動していざ撮影開始!ところがここはタイの原宿、マーブンクロンセンター。タイの若者や外国人観光客が、お店の前をバンバン通るのです。しかも目立つメイクと衣装ゆえに、立ち止まって眺めていく人まで出る始末・・・。お店のカメラマンのお姉さん、ナビカメラ2台、そしてDEKOの友達のカメラ、と仰々しく4台のカメラで撮影をしていたため、外のギャラリーからこんな声も・・・「どこのモデル?」(マジです!)こんな場面でも最高の美人顔をカメラに収めてもらうコツは、カメラを向けられているとき以外は素の顔でいること。そうすると顔が疲れず、いざというときとびきりの美人顔を作られます。ギャラリーは自分のファンクラブ♪くらいの気持ちでバシバシ撮ってもらいましょう!人懐っこいカメラマンのお姉さんがわかりやすい英語で、姿勢や目線の指示を出してくれるので安心、安心。
ヘアセットも手を抜いておりません
衣装ごとに、ヘアスタイルも時間をかけて変えてもらいます。もうこれはカンペキお姫様扱い!わらわは満足よのぉ~・・・。二着目の衣装はピンクとゴールドを組み合わせた、まさにDEKOの好みピッタリなものです。スタイリストのオカマお姉さんとも仲良くなれて、楽しさが増してきました。というよりも自然になじみすぎて、オカマだということを忘れそうなほど・・・。
余裕もちらほら・・・
三着目の衣装は写真の背景を変えるため、2Fのスタジオに移動。そこではタイスタイルの背景と、胸上アップ写真を両方撮ってもらえます。そのあたりになると自分にも余裕が出てきて、ふざけたポーズもちらほら・・・笑。どうすれば自分を一番キレイに見せられるかも、考えられるようになってきます。
お疲れさんっす?!
DEKOは今回、全部で3つの衣装を堪能させていただきました。どれも素晴らしかったので優劣はつけようがナシ!帰りに電車に乗っても恥ずかしくないよう、ヘアとメイクを直してくれるところもナイスです。タイにしてはなかなかのお値段ですが、すべて一流のヘアメイク、カメラマンなどのスタッフをそろえているので、それだけの価値があると言えます。出来上がった写真はパソコンで修整して仕上げてもらえるので、満足の1枚をゲットできるでしょう!
プロの技はこちら!! 我ながら美し~?!

気合を入れて臨め!
ここはさすが本格的な写真スタジオだけあって、必要な時間も比較的長いです。今回のDEKOの場合、3通りの衣装で撮影して計4時間かかりました。でもそれに見合うだけのものは得られます、絶対!旅行中、午後の時間を丸ごと使ってでも行く価値アリ。お友達と、家族と、彼氏と、最高の自分を撮ってもらえます!でも、事前にお手洗いは行っておきましょうね~(笑)。
付属の写真とCD。写真は頼めばもっとプリントしてくれます(有料)。
今回はPromotionセットのタイ衣装3枚+6*8サイズの写真2枚+CDでした。下記の値段は参考までの値段ですので、いろいろと付け足すことも可能です。タイ語/英語のみですが、外国人のあつかいは慣れた様子だったので、大丈夫そうです。

■ メニュー (オプションで他にもいろいろオーダーできます。)

※すべてメイク込みの値段

※すべてメイク込みの値段

記事登録日:2005-11-21

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    akari525

  • photo

    akari525

  • photo

    akari525

  • photo

    mermaid2319

  • photo

    mermaid2319

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2005-11-21

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供