シンビ・ムエ・タイ (プーケット)

SINBI MUAY THAIซินบี มวยไทย

閉店・移転、情報の修正などの報告

ムエタイの本拠地で本物技術を学ぼう!プロ級ボクサーから経験0のビギナー、減量目的の女性まで個別に対応してくれるアットフォームなジム。

サワディーカー。プーケットナビです。タイに来たらタイの伝統的な事柄にふれてみたいとおもいませんか?ということで、今回ナビがご紹介するのはタイの伝統的な格闘技である「ムエタイ」。スタジアムで観戦するのも迫力があってたまらないですが、実際に体験してみれば格闘技観戦がさらにおもしろくなること間違いなし!海外セレブの間でも格闘スタイルのフィットネスは大人気!ということで女の子にもお勧めできそうです。それでは早速タイボクシングジム「シンビ ムエタイ」をご紹介します。

ナイハンビーチから2キロでリゾート気分も満喫

南島にある美しいナイハンビーチから2キロ弱の場所にある「シンビ ムエタイ」。場所はラワイ・ナイハンエリア『カロンシービュー』からラワイ、ナイハンビーチへ続く一本道をそのまままっすぐ進み左側。目印はジム前のムエタイファイターの写真入りの大きな看板。このインパクト&大きさならば見落とす人はいないはずです。

オーナーからトレーナーまでランキング上位入賞者

ジムの看板やパンフレットのモデルにもなっているオーナーのシンさんは「ムエタイ」だけにとどまらずなんとあの韓国版K-1 MAX「KOMA」の2005年度チャンピオンを飾った輝かしい経歴を持っているすごい人なのです。トレーナーのみなさんもバンコクにあるラジャダムナンススタジアム、ルンピニースタジアムのタイ2大スタジアムなどでランキング上位入賞者のつわものばかり。無口で優しいトレーナーのみなさん。実はすごく強い人達なんですね~。
オーナー兼マネージャーのシンさん

オーナー兼マネージャーのシンさん

トレーナーのみなさん

トレーナーのみなさん

ジム内

【設備】
ちょっぴり高大にあってオープンエアースタイルのジム。中央には2リング。その手前にはサンドバックがズラリと並びます。リングの後ろ側はウェイト・トレーニングスペース。このスペースはフォーム確認のために行うシャドウボクシングを行うスペースでもあるので全面ガラス張りでした。ジム内は清潔そのもの。ナビが取材に行った時も女性スタッフの方がすぐに手垢などがついて汚れてしまう鏡を一生懸命に拭いていました。
【ムエタイ用品&クールドリンク販売】
ジムの一角にはムエタイ用品販売しているスペースもあるので手ぶら出来てこちらで最低必要用品を買えばすぐにトレーニング開始可能です。トレーニング中に乾いた喉をうるおすようにクールドリンクもジム内で販売。必要な物はすべてジム内で揃えることができて便利です。
【宿泊施設】
ジム内にはドミトリー風の宿泊施設も全10部屋(5部屋:エアコン付き5部屋:ファン付き)あります。ルームタイプもプライベートルームにはじまり3ベットシェアルーム、2ベットシェアルームと異なります。どのお部屋にもシャワー付きバスルーム、ケーブルTV,DVDプレーヤー、冷蔵庫、タオルが完備されもちろん毎日お部屋の掃除もしてくれます。これだけそろっていれば合宿スタイルといえども快適ライフが送れそうです。取材時は満室だったため残念ながら写真はとれませんでした。ということで「シンビ ムエタイ」からお借りした写真でお部屋の中をチラッと拝見してみましょう。

その他にもタクシーサービス、バイクのレンタルなどもジムでは行っているので足の確保も万全です。

トレーニング

トレーニングは月曜日から土曜日まで朝(07:00~09:30)と夕方(16:00~18:30)。一日2回のトレーニング。ムエタイ&K1の本格トレーニングをプロフェッショナルレベルの人はもちろんのこと、ビギナーや基本の基も知らない初心者さんにも生徒の能力&目的に合わせて無理なくメニューを組んでくれるのでどのレベルの人も無理なくトレーニングを受けることが可能です。2、3か月の長期滞在トレーニングはもちろんのこと2、3日の短期、1日1回のみの体験ももちろんOK!

【基本トレーニングの流れ】

1 ランニング
トレーニングの始まりは体のウォームアップから。ジムでお勧めしていうのがランニング。コースはジムを出発してナイハンビーチ前にあるランニングコースを走りジムに戻ってくるパターン。
途中には様々なお店が並んでいます。
途中には様々なお店が並んでいます。
途中には様々なお店が並んでいます。

途中には様々なお店が並んでいます。

ナイハンビーチのすぐ前にあるレイクを囲むランニングコースは走りやすそう。
ナイハンビーチのすぐ前にあるレイクを囲むランニングコースは走りやすそう。

ナイハンビーチのすぐ前にあるレイクを囲むランニングコースは走りやすそう。

ウォームアップには縄跳びも最適です。ジム内に流れる音楽に合わせてリズミカルに飛んで下さい。

2 ストレッチング
足、腕、首などを重点的にストレッチング。柔軟性のあるムエタイの技を取り組むには重要なトレーニングの一部です。
3 バンテージを巻く
拳を痛めないようにするためにバンテージを巻きます。巻き方が分からなくてもトレーナーの人が一から巻き方を教えてくれます。ストレッチングをする前にバンテージを巻いている人が多かったかもしれません。

4 シャドウボクシング
パンチ、キック、ヒジ打ち、ひざ蹴りなど目の前にあるミラーでフォームを確認しながら
シャドウボクシング。常時トレーナーが目を光らせているのでフォームの疑問点があったらいつでも教えてくれます。

5 ミット打ち
順番にトレーナーと一対一でリング上にてパッド・ワーク。トレーナーが「パンチ」、「フック」「キック」などオーダーしてくるので軽快なステップを踏みながらトレーナーのミット目がけてゴー!

6 サンドバック打ち
シャドウ打ちのようにフォームに気をつけながら衝撃が強いキック、パンチなどが
打てるようにサンドバックを相手に練習。

7 スパーリング&首相撲
「スパーリング」は実際の試合のように打ち合う実践感覚とテクニックの向上を目的にした練習。首相撲はムエタイ独自のヒザ蹴りやヒジ打ちのテクニックを受けた時に相手をうまく首をとって防御する攻防の一つです。

8 ウェイトトレーニング
トレーニングの最後はクールダウンに筋肉トレーニング。
上記の流れはあくまでも基本の流れなので日によって少々トレーニングが変更したり、ダイエット目的の女性はサンドバックまでのトレーニングなど個々の目的、体力によって練習内容は変わってきます。

子供、女性もWelcome!
強くなりたい子供たち、体重を落としたいガールズ、はてまて、最近メタボが気になるお父さんもウェルカム。自分の体力に合った無理ないメニューを作ってくれます。
ダイエット目的でジムに滞在していたフォーリンガールズ。日々、引き締まっていくのを実感したので帰国してからもトレーニングを続けようかと思っているそうです。
親子で初参加したフランス人家族。
親子で初参加したフランス人家族。

親子で初参加したフランス人家族。

無理ないプランで子供もエンジョイ。

無理ないプランで子供もエンジョイ。

いかがでしたか?「ムエタイ」「タイボクシング」と聞けばいがいに体育会系の男気溢れる格闘技というイメージが強いですが参加日数も自由自在、メニューもそれぞれの体力、目的にあわせて個別に指導してくれて女の子や子供も楽しんで参加できそうです。リゾートライフを満喫しながら本格ムエタイプチ・留学をしてみるもよし、タイの土産話の一つとして気軽に1回体験してみるもよし。タイでしか味わえない体験を自分スタイルでぜひ体感してみてください。以上プーケットナビがお送りいたしました。

記事登録日:2008-09-17

ページTOPへ▲

関連タグ: ムエタイ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-09-17

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供