閉店・移転、情報の修正などの報告

家庭料理のエキスパート ヘルシーメニューも充実 「和洋中」折衷のレストラン

サワディカップ バンコクナビです。アタマの中に「ふっ」と昔食べた懐かしい味が蘇ることってありませんか。お母さんが作ってくれたハンバーグ、グラタン、酢豚と言った国籍、ジャンルを問わない料理、すなわち日本人にとっての家庭料理は思い出したときに無性に食べたくなるもの。ところが中々そんな料理を出してくれるお店はみつからないのがタイと日本の違うところです。そんな貴重なお店、今回ランスワン通りでナビが見つけて参りました。

店名は長男からもらいました

お店の名前は『一馬』=『KAZUMA』、日本人オーナー田中 幸代(さちよ)さんにお店の名前の由来を尋ねたところ、ご長男のお名前とのこと。息子さんへの愛情がこもったお店とお料理ということが伺えます。家庭料理のお店を開いたいきさつは、お店のあるランスワン通りには日本人向けのアパート、コンドミニアムが多数あり、比較的単身赴任者が多く住んでいるため、カラダに良い、ヘルシーな家庭料理を食べさせてあげたいと思ったからだそうです。こういう「ちょっとした配慮」が嬉しいところですよね。
SUSHI BUFFETは今月一杯

SUSHI BUFFETは今月一杯

オープンは2009年7月

オープンは2009年7月

メニューは豊富

冒頭にも書きましたがお店のメニューは「和洋中」の折衷。ハンバーグ、スパゲティなどの洋食、お寿司、焼き魚、納豆、トン汁などの和食、酢豚、レバニラ、麻婆豆腐などの中華が渾然一体となって、正に家庭の食卓にあがる品がラインアップに上がっています。
特に食べたいものが無いときでもメニューを見ているうちに「これっ」という品が見つかる、そんなお店と言えるでしょう。さらに甘党は必見!「冷やし白玉ぜんざい」などの和デザートもありました。
定食系メニュー1

定食系メニュー1

定食系メニュー2

定食系メニュー2

甘味

甘味

お店の雰囲気はDining&Bar

メニューとお店の雰囲気は必ずしもマッチしないもの。要は雰囲気が良くて、美味しい料理が食べられるなら、それで充分ではないでしょうか。1階はテーブル席8、カウンターが12席以上、さらに2階には個室も用意されています。カウンターに座ればフレッシュな海鮮ネタが並んでいますので、夜お越しの方はお刺身で一杯、昼に来られた方は海鮮丼系でお腹を膨らませるのも良いでしょう。カウンターは「和」、テーブル席は「洋」、座る席によって両方が味わえるお店です。
白を基調とした明るい店内

白を基調とした明るい店内

和ダイニングと呼ぶに相応しいお店

和ダイニングと呼ぶに相応しいお店

カウンターではお酒を楽しみたいですね

カウンターではお酒を楽しみたいですね

海鮮ネタも豊富

海鮮ネタも豊富

本日のオススメ品

本日のオススメ品

おすすめヘルシーメニュー1

一馬が力を入れているのがヘルシーメニュー。食事のバランスが崩れがちなバンコクで、カラダに優しい上、美味しく頂けるオリジナル料理を開発しています。その名も「ヘルシーセット」、ご飯は日本の玄米ご飯で、白米もリクエスト可。お味噌汁、小鉢類は同じですが、メインは3種類あり1番手は「レンコンと豆腐のハンバーグ」です。食感、味はお肉に近く、表面は「カリッ」としていて中は「フワッ」、ソースはオリジナルの併せ味噌ベースと酸味を押さえ、甘味を加えたバルサミコベースの2種類。お好みで付け分けるのも良し、2つを混ぜてオリジナルブレンドを作るのも良し、実際に食べたところ、どちらもマッチングは◎です。ボリュームも結構あって充分満足感が味わえました。
ハンバーグ、小鉢3種、お新香、玄米ご飯、お味噌汁

ハンバーグ、小鉢3種、お新香、玄米ご飯、お味噌汁

玄米ご飯は香ばしく、ふわふわです 白米はリクエストしてください

玄米ご飯は香ばしく、ふわふわです 白米はリクエストしてください

ひじき、おから、人参のマヨネーズ和え カラダに良いものばっかり

ひじき、おから、人参のマヨネーズ和え カラダに良いものばっかり

おすすめヘルシーメニュー2

続いて2番手は「タイ」ではなく「鯛の蒸しもの ポン酢味」です。鯛は薄めの味付けで、蒸し加減は絶妙、「ふっくら」していて「プロの仕事」という感じです。添えられた「みぞれおろし」との相性が抜群で、あぶらっこい夕食を食べた次の日のお昼、最近胃が重くてなどという方には是非オススメしたい一品です。これは説明を沢山書くよりも「とりあえず食べてみて」という感想です。
絶妙の蒸し加減

絶妙の蒸し加減

みぞれおろしとの相性は抜群

みぞれおろしとの相性は抜群

おすすめヘルシーメニュー3

3番手は「車麩の煮物」です。車麩とは紐皮状のお麩を巻いてバームクーヘンのようにした「お麩」、オーナーさんの郷土名産だそうです。これをカツ丼のようにそばつゆ味で煮込んだ上、真ん中にタマゴをとじて仕上げます。食べる時はこの卵を崩し、火が完全に通っていない黄身を「つけだれ」のようにして頂きます。勿論タマゴは生食のできるものを使用していますので安心してお召し上がりください。おつゆのしみ込んだお麩とマイルドなタマゴのバランスが最高です。
かつとじの様に見えますがお麩です

かつとじの様に見えますがお麩です

箸で切り崩し、タマゴを合わせながら頂きます

箸で切り崩し、タマゴを合わせながら頂きます

楽しみ方自由自在

もし旅行者の方ならばタイ料理、中華料理に飽きたころ、ふっと入って「おふくろの味」を堪能してみてはいかがでしょう。タイ在住の方ならばランチタイム、あるいはゴルフの打ち上げに2階で宴会、これも楽しいですよね。食事もお酒も両方楽しめる『一馬』、ヘルシーメニューへのこだわりが他店と大きく違うポイントです。ランスワンの有名店となる日も近いのではないでしょうか。以上バンコクナビでした。
2名~4名はテーブル席でどうぞ

2名~4名はテーブル席でどうぞ

カウンター席もくつろげそうです

カウンター席もくつろげそうです

皆さん お待ちしてま~す

皆さん お待ちしてま~す

記事登録日:2009-11-16

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-11-16

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供