フルーツ&変わり種!?シェイク特集

暑いときには、ひえひえ・とろとろのシェイクでクールダウン!基本のフルーツからタイならではのものまでシェイク飲み比べ!

サワッディーカー!バンコクナビです。
今日もまたバンコクにさんさんと降り注ぐ太陽の光を真に受けて、なんだか気だるい昼下がり。ふと気づけば「のど乾いたな…」。そんな時、目を閉じてまぶたの裏に真っ先に浮かんでくる飲み物は何ですか?ナビなら答えは断然シェイク!カラフルなフレッシュ・フルーツに氷を加えてミキサーにかければあら不思議、あっという間に、ひえひえとろとろのシェイクの出来上がり!
タイの人たちはシェイクが大好き。実はタイ人は、好きなものにはものすごくこだわる人たち。その情熱はシェイクのバリエーションの豊富さからも覗い知ることができます。
基本のフルーツシェイクから、あっと驚くあんなもの・こんなものミックスの上級編まで、ストローを片手に、ナビがとことんシェイクを飲み尽くしてきました!
 ● シェイクの頼み方ミニ講座
「シェイク」はタイ語で、『ナーム・パン』といいます。
『ナーム』は水。特定のシェイクを言うときは、この部分に材料の名前が入ります。例えば「スイカ」はタイ語で『テンモー』。なので「スイカシェイク」は、『テンモー・パン』となります。
では、以下に注文の流れに沿って簡単なタイ語をご紹介します。
女性は語尾に『カー』、男性は『カップ』をつけることをお忘れなく。ですます調の丁寧な物言いになります。

◎ 「○○シェイクをください」
= 『アオ・○○パン・カー(カップ)』
◎ 「○○と△△のミックスシェイクをください」
= 『アオ・○○・カップ・△△パン・カー(カップ)』
◎ 「○○シェイクに□□をトッピングしてください。」
= 『○○パン・サイ・□□・ドゥワイ・カー(カップ)』
◎ 「甘くしないでください」
= 『マイ・アオ・ワーン・ナ・カー(カップ)』
◎ 「ここで飲みます」
= 『ドゥーム・ティニー・カー(カップ)』
◎ 「持ち帰りにしてください」
= 『アオ・サイ・トゥン・ナ・カー(カップ)』
◎ (お店で飲む場合)「1杯(2杯/3杯)ください」
= 『ヌン(ソーン/サーム)・ゲーオ・カー(カップ)』
◎ (持ち帰る場合)「1袋(2袋/3袋)ください」
= 『ヌン(ソーン/サーム)・トゥン・カー(カップ)』
◎ 「いくらですか」
= 『タオライ・カー(カップ)?』

● シェイクによく使われるフルーツたち【日本語=タイ語】
【スイカ=แตงโมテンモー】
【パイナップル=สัปปะรดサッパロット】
【マンゴー=มะม่วงマムアン】
【バナナ=กล้วยクルアイ】
【ココナッツ=มะพร้าวマプラーオ】
【パパイヤ=มะละกอマラコー】
【オレンジ=ส้มソム】
【グァバ=ฝรั่งファラン】

基本編

フルーツシェイク1

まずは基本のフルーツシェイクから。シンプルでリーズナブルなフルーツシェイクならここ!世界中からの旅行者が集まるカオサンロードにやってきました。カオサンロードには屋台のシェイク屋さんがたくさん軒を連ねています。注文を聞くとすぐに、店員さんが手早くフルーツをカットし、シロップと氷と一緒にミキサーにかけること数十秒、袋にあけてストローをポンとさして一丁あがり!
店頭に並んだフルーツの鮮度が良く、ミキサーを頻繁に洗っているお店を選びましょう。それに、店員さんに愛嬌があることも、大きなポイントのひとつですよね!

スイカシェイク 20バーツ
【น้ำแตงโมปั่น】ナーム・テンモー・パン
基本中の基本、「スイカシェイク」、タイ語で『ナームパンテンモー』を持ち帰りで注文してみました。スイカの爽やかな甘みは、まさに夏を象徴する味です。乾いたのどにすいすい入って行きます。

バナナシェイク 20バーツ
【น้ำกล้วยปั่น】ナーム・クルワイ・パン
次はバナナシェイク。とろみがあって、本気でのどが渇いているときには向きませんが、ゆっくり飲むにはちょうどいいまったり感です。

トマトシェイク 20バーツ
【น้ำมะเขือเทศปั่น】ナーム・マクア・パン

珍しい!トマトのシェイク。小ぶりのトマトを惜しみなく4、5個投入し、ミキサーでシェイク、シェイク。最後にライムをぎゅっとしぼってできあがり。甘酸っぱくてさっぱり爽やか味。

ココナッツシェイク 20バーツ
【น้ำมะพร้าวปั่น】ナーム・マプラーオ・パン
南国といえばココナッツ。ココナッツジュースと果肉、そしてコンデンスミルクでコクと甘みをプラス。果肉のつぶつぶがさくさくしていて面白い食感です。

フルーツシェイク2

続いてカオサンロード2軒目。種類の豊富さが売りのお店です。店先にはドラゴンフルーツやチャイニーズピアなど他にはないフルーツが並んでいて、道行く人の興味をそそっています。
値段は、1種類だと20バーツ、2種類ミックスで30バーツ、3種類ミックスで40バーツ、最高の4種類ミックスは60バーツです。

スターフルーツ+マンゴー 30バーツ
【มะเฟืองกับมะม่วงปั่น】マフゥアン・カップ・マナーオパン
スターフルーツのきれいな星型に魅せられて、思わず注文。スターフルーツと相性の良い組み合わせを聞いてみると、「アップルかマンゴーです」とのことで、ナビはマンゴーをチョイス。スターフルーツのさっぱり感とマンゴーのコクがちょうどよく混ざり合って、最後まで飽きずに飲めました。
店員さんがミックスの相談に乗ってくれるのも心強いし、手袋をはめて調理するのも、清潔感があって安心できます。プラスチックの容器ながら、ふちにスターフルーツを飾りつけてくれるのも心憎い!

サポジラ+ココナッツ 30バーツ
【ละมุดกับมะพร้าวปั่น】ラムット・カップ・マプラーオパン
お店の人おすすめというサポジラとココナッツのミックスを頼んでみました。サポジラは、茶色く丸い南国の果物で、干し柿のような素朴な味がします。甘みが強いので、砂糖はなし。ココナッツとのミックスは、サポジラの甘み+かすかな渋みと、ココナッツオイルのコクが同居する、なんとも不思議な味。2、3回飲めば病み付きになるかも知れません。

フルーツ・野菜ミックス

フルーツ・野菜ミックスシェイク 20バーツ
【น้ำผักผลไม้รวมปั่น】ナーム・パック・ポラマーイ ルワム
お次は、オフィス街シーロムから。目にも鮮やかな、フルーツとベジタブルのミックスシェイクを発見しました。キャロットベースに、トマト・パイナップル・グァバ・キウイ・メロン青りんご、ドラゴンフルーツまで入っています。健康志向のオフィスレディに大人気。これで20バーツは安い!
ヘルシー志向のお店をもう一軒シーロムから。その名も『オアシス』。
向かって右が、ニンジンとビートルート(食用根の一種で、日本名は火炎菜。上記中央写真の右側の野菜)ミックス(55バーツ)【น้ำบีทรูทใส่แครอทปั่น】ナーム・ビートルート・サイ・キャロット・パン 。苦味は全くなく飲みやすい味。
そして左が、“ジンジャー・レモン・アップル・パッションフルーツ”入りの、その名も「ジンジャー・デトックス」(50バーツ) 【น้ำจินเจอดีท๊อกส์】 。口当たりはアップルとパッションフルーツでこの上なく爽やか、後味に、ぴりりと舌の先に軽いジンジャーの刺激がありました。毎日飲めばきれいになれそう!

マンゴータンゴ

マンゴースカ 45バーツ
【แมงโกสกา】
サイアムにある、マンゴー専門のスイーツのお店。ここのマンゴーシェイクは、完熟マンゴーをふんだんに使ったとろとろのシェイクの下に、ふるふるのゼリーが敷いてあります。そして上にはごろごろのカットマンゴーがトッピング。食感、温度ともに変化が楽しめます。

バグ&ビー

同じくサイアムエリアの高級デパート、サイアムパラゴン内にある『バグ&ビー』のシェイク。

ルビーローズ 70B
【รูบีโรส】
見た目にもきれいな2層のシェイク。下に敷くゼリーの味は、オレンジ・グレープなどから選べます。ナビが選んだのはオレンジ。ベリー系のシェイクは、氷がざらざらしていることが多いのですが、これは氷がしっかりと砕かれていて、なめらかでさっぱり。

マンゴーマーベル 85B
【แมงโกมาเบิ้ล】
青りんごゼリーの上にマンゴーシェイク、その上に雲のようなふわふわホイップクリームが浮かびます。さっぱり、甘ずっぱいシェイクとクリームを自分で調節しながら混ぜ合わせて飲めます。たまにストローを下まで差し込んで、つるつるの青りんごゼリーをほおばれば…。ナビの口元は緩みっぱなしです。

上級編

続いてタイ・シェイクの本領発揮。上級編です。

オレオ・ゼリーシェイク

タイ人はオレオクッキーが大好き。シェイクも大好き。ゼリーも好き。ということで全部まとめてシェイクにしちゃえ、という大胆この上ないシェイクを、シーロムにあるタイローカルな雰囲気のお店で見つけました。ゼリーの種類は、アップル味、ラズベリー味と様々、組み合わせはあなたの舌に委ねられています。

オレオ&緑茶ゼリー 25バーツ
【น้ำโอริโอปั่นใส่วุ้นชาเขียว】ナーム・オリオー・パン・サイ・ウン・チャーキアオ
ミルクベースのシェイクの中に、オレオの甘みとココアのほのかな苦味、そして緑茶ブームの波に乗って登場した緑茶ゼリーの渋みが渾然一体となっています。一口飲んで材料を判別できたら拍手!味付けはタイローカルらしく、かなり甘め。ナビは半分も飲めませんでした。

ete(イーティーイー)

スクンビット通りのナナエリアにあるアイスクリームとシェイクのお店です。イチゴのシェイク『ピンク・トルネード』や、スイスチョコレートを使った『ダークナイト・サイクローン』など、ここのシェイクはとにかくネーミングが可愛い!

バナナアーモンド 75バーツ
【บานานาอัลมอน】
バナナアーモンド味のシェイクです。フレークアーモンドが香ばしい。でもバナナの香りがちょっと人工的かな?

スノーホワイト 75バーツ
【สโนว์ไวท์】
ヤングココナッツを使ったシェイクです。好き嫌いの別れるココナッツですが、ここのシェイクはココナッツ臭さがなく、飲みやすい味。

ベイビーハンク 75バーツ
【เบบี้แฮงค์】
ラムレーズン味。ほのかなラムの香りとレーズンの芳醇さがマッチ。アイスクリームとして食べるよりもさっぱりして、暑いときには○。ナビはこれが一番気に入りました。

クール マウンテン 75バーツ
【คูลเมาเท้นต์】
チョコミント味です。チョコ味のなかにかすかにミントの香りが。強いて言えば、パンチがない。ミントの風味がもう少し強くても良かったかも。

学生食堂のシェイク

シェイクは若者の飲み物、おいしいものは学生に聞け!ということで続いてナビがやってきたのは、タイの名門、チュラロンコーン大学の学生食堂。まずは教育学部のスタンドです。ここの名物は、シリアルのトッピング。

ココアシェイク・チョコシリアルトッピング 25バーツ
【น้ำโกโก้ปั่นใส่โกโก้ครั้นช์】ナーム・ココー・パン・サイ・ココー・クランチ
ココアのシェイクにチョコレート味のシリアルがトッピング、さらにフレッシュクリームをしぼり、とろーりチョコでデコレーション。さすが学食のシェイクだけあってココアシェイクがちょっと水っぽいのですが、それが逆に見た目で想像したこってりさを裏切ってくれて、飲みやすいお味。シリアルのサクサク感が口の中が冷えすぎるのを助けてくれます。

ヤクルトシェイク・星形シリアルトッピング 22バーツ
【น้ำยาคูลปั่นใส่จอนนี่สตา】ナーム・ヤークー・パン・サイ・ジョニースター
ヤクルト味のシェイクがあるのも、タイならでは。甘酸っぱいヤクルトに混じる氷の粒が爽快です。シェイクの水分が多いので、シリアルがすぐふやけてしまうのが玉にキズ。
続いては経済学部。向かって左端のお店になにやら珍しいシェイクがあるとか…。

M150シェイク 17バーツ
【น้ำเอ็มร้อยห้าสิบปั่นใส่ปีโป้】ナーム・エムローイハーシップ・パン・サイ・ピーポー

最後の最後でついに出ました!タイの栄養ドリンク『M150』を使ったシェイク!カップゼリーを2個入れてもらってミキサーへ。「栄養ドリンクのシェイクなんて」と正直期待してなかったナビ、一口飲んで開眼!そのまま飲むとくどく感じる甘みが、氷と混じることですっきりした甘さに。口の中で踊るゼリーの感触も面白い。ナビ、はまってしまいました。完飲後は、心なしかパワーアップ!チュラ大の学生さんも、これを飲んで勉学に励んでいるのでしょうか?

いかがでしたか?
シェイクと一口に言っても、そのバリエーションは千差万別。とにかく好きなものをミックスして飲んじゃおう!という楽しいタイのシェイク、あなたもお気に入りの味を見つけてください!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2006-10-18

ページTOPへ▲

その他の記事を見る