ゆったり午後出発 名物パッタイランチから始まるフォトジェニック名所巡り

閉店・移転、情報の修正などの報告

お昼ご飯は食べないでご参加下さい! ツアーはランチから始まります。野木坂46も訪れたパッタイ(タイ風焼きそば)の名店 バーンパッタイでランチを食べて、その後はフォトジェニックな名所を巡ります 最後は鉄道市場で解散!

サワディカップ バンコクナビです。2018年現在、乃木坂46がタイの観光大使を務めているのはご存知ですか?今回ご紹介するツアー、のんびり午後出発なのですが、絶対にランチを抜いてご参加頂きたいツアーなんです。
理由はツアー開始直後、乃木坂46が訪れたというタイ風焼きそば=パッタイ の名店でのパッタイランチからスタートするちょっと珍しいツアーだからです。それでは詳しく説明します。

ツアー集合場所と時間

こちらのツアー、集合・出発の時間は12時45分、集合場所は決められています。BTSスカイトレインのChit Lom(チットロム)駅下車、1・2・6番出口の方向へ進むと右手にインターコンチネンタルホテルが見えてきます。このインターコンチネンタルホテルと隣にあるショッピングモール“ゲイソーンプラザ”の間の道を入り約50メートル、「日本亭」というレストランの前が集合場所になっています。皆さんここに12時45分に集合して下さい。
※時間厳守ですので、BTSや地下鉄などの公共交通機関をご利用下さい。周辺道路は渋滞の名所です。
BTSチットロム駅下車

BTSチットロム駅下車

1・2・6番出口方向の改札を出て下さい

1・2・6番出口方向の改札を出て下さい

スカイウォークを直進30メートル

スカイウォークを直進30メートル

右手にインターコンチネンタルホテルが見えます

右手にインターコンチネンタルホテルが見えます

階段を降りて地上へ

階段を降りて地上へ

ゲイソーンプラザとインターコンチネンタルホテルの間の道を入ります

ゲイソーンプラザとインターコンチネンタルホテルの間の道を入ります

プレジデントタワー入り口

プレジデントタワー入り口

日本亭レストランが目印

日本亭レストランが目印

ツアースケジュール

こちらのツアー、概ね以下のスケジュールで運行されます。
12時45分:インターコンチネンタル・バンコク隣接、プレジデントタワー入口前集合・出発(時間厳守)
13時15分:バーンパッタイでパッタイの昼食(蟹、鶏、海老よりチョイス)
14時45分:ワットパクナム
15時30分:ワットトライミット(黄金仏寺院)
16時30分:メイクミーマンゴーで、マンゴースムージーをご賞味ください
17時30分:ワットサケット(黄金の丘)
18時30分:タラートロットファイラチャダー(鉄道市場)の写真スポットへご案内後、解散
※当日の天候・交通状況で変更となる場合があります。

パッタイランチ

ツアーのスタートはタイ風焼きそばパッタイの名店として2016年にオープンしたバーンパッタイでのパッタイランチからとなります。このお店、レトロな雰囲気の装飾で地元タイ人にも人気を博しています。
パッタイはエビ、カニ、チキンからお選び頂けます。
レトロな店内

レトロな店内

こちらはエビパッタイ

こちらはエビパッタイ

ワットパクナム

最初の観光地はSNSの普及に伴いここ数年で急激に人気を博したワットパクナム。正式名称はワットパクナム パシーチャルンと言います。人気の秘密は高さ80メートルの大仏塔5階にあるエメラルド色をしたガラス製の仏塔と天井に描かれた仏伝図にあります。その美しさは見る人を魅了し、写真に収めればインスタ映えすること間違いありません。
尚、ワット パクナムはれっきとした仏教寺院ですので、見学の方は服装にご注意下さい。肌の露出の多いかたは見学を断られる場合もあります。入れる・入れないと言うよりも「敬虔な場所」に行くという気持ちを表す服装でお出掛け下さい。
美しいと評判の天井画

美しいと評判の天井画

ガラス製仏塔の台座部分

ガラス製仏塔の台座部分

壁画も見事です

壁画も見事です

仏絵は全て異なる絵になっています

仏絵は全て異なる絵になっています

ワットトライミット(黄金仏寺院)

1953年、とある市内の廃寺取り壊しが決定しました。境内には仏像があったのですが、所々塗られた漆喰が剥がれ落ち、誰もこの仏像には見向きもしませんでした。
この仏像を運び出そうとしたところ、異常な重さでクレーンが故障、仏像は一晩野外に放置されました。するとその夜は雨と風が吹き荒れる嵐となり、翌日作業員が仏像に近づいて見ると剥がれた漆喰の隙間が黄金色に輝いているのを発見しました。
後の調査によるとこの仏像は700年~800年前のスコータイ時代に製作され、当時略奪の限りを尽くしていたビルマ軍から逃れるため、全身に漆喰を塗り普通の仏像であるかのようにカモフラージュされていたことが判明、純度は60%の金で出来ており、高さ3メートル、重さ約5,5トン、時価推定120億円以上とのことです。
この仏像のおかげか、ワットトライミットは商売繁盛を祈願する参拝客が途絶えることはなく、人気のお寺となっています。
参拝客が途切れることはありません

参拝客が途切れることはありません

純度60%の金で出来た仏像 輝きが違います

純度60%の金で出来た仏像 輝きが違います

メイクミーマンゴーでマンゴースムージー

位置的にはワットアルンの対面にあたる場所にあるマンゴースイーツの専門店”メイクミーマンゴー”でスムージーを頂きながら暫しの休憩です。勿論美味しいスイーツが他にも沢山ありますので、ご自身で注文して頂くことも可能です。
マンゴースムージー

マンゴースムージー

マンゴースイーツ専門店

マンゴースイーツ専門店

ワットサケット(黄金の丘)

このプーカオトーンは1860年代、当時の王様ラマ3世がアユタヤ王朝時代に築かれたアユタヤのワット・プーカオトーンを模して作らせ、4世、5世と3代の王が80年以上の歳月をかけて完成させたと言われています。ラマ5世の時代には2度に渡りお釈迦様の遺骨である仏舎利が納められたそうで、仏教徒にとっては非常に重要な場所となっています。
仏舎利は300段以上ある階段を昇った頂上の仏塔内に安置されており、参拝に来た客たちが張る金箔で飾られています。また階段の途中には沢山の鐘があり、参拝者はこの鐘を鳴らしながら山を登ったり降りたりします。
※ワット・サケットでは344段の緩やかな螺旋階段を登って頂上の黄金の丘(ワット・プーカオトーン)まで行きます。ご自身のペースでお上りいただけますが、体力に自信のない方や体調が悪い方などはご自身でご判断ください

タラートロットファイラチャダー(鉄道市場)

夕方6時を過ぎて最後に訪れる観光地はタラートロットファイラチャダー(鉄道市場)、写真のように夜景がとても美しい場所です。モチロン夜市ですので夕食を食べたり買物を楽しんだりすることも出来ます。
ツアーはここで解散となります。
※雨天の場合はタラートロットファイラチャダーのライトアップがされていなかったり、訪問を取り止める場合もありますので、ご了承下さい。

解散後の自由行動で・・・ナビの提案

ツアーの解散は恐らく写真のエスプラネード付近になると思います。実はこのエスプラネードの中にはトリックアートで有名なアートインパラダイスがあるんです。真っ直ぐホテルには帰らずに、トリックアートでインスタ映え写真を撮りまくってから帰られては如何でしょう! ここで撮った写真は間違いなくSNS映えしますよ。
見るだけの価値は充分にあります

見るだけの価値は充分にあります

素晴らしいトリックアートの世界

素晴らしいトリックアートの世界

お帰りは地下鉄が便利です

お帰りの際には地下鉄タイランドカルチャーセンター駅が直ぐ近くにあります。モチロン皆さんが泊まられているホテルの場所によりますが、スクンビットにもシーロムにも乗り換え無しで行ける安全な公共機関を利用しましょう。以上バンコクナビでした。

記事登録日:2018-10-11

ページTOPへ▲

スケジュール

時間と内容
12時45分:インターコンチネンタル・バンコク隣接、プレジデントタワー入口前出発
13時15分:バーンパッタイでパッタイの昼食
14時45分:ワットパクナム
15時30分:ワットトライミット(黄金仏寺院)
16時30分:メイクミーマンゴーで、マンゴースムージー
17時30分:ワットサケット(黄金の丘)
18時30分:タラートロットファイラチャダー(鉄道市場)の写真スポットへご案内後解散
※当日の天候・交通状況で変更となる場合があります。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2018-10-11

利用日
大人 子供

関連記事

ワット パクナム

ワット パクナム

インスタ映えする寺院として有名になった美しい天井絵画を持つワットパクナム 個人で行くなら朝から午後2時頃までがベスト

鉄道市場ラチャダー(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

鉄道市場ラチャダー(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

タイで一番人気のナイトマーケット。国際色も豊かで、タイ人の若者から社会人、観光客などで賑わっています。月曜以外は毎日営業!

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

高さ3メートル、全重量5.5トンの金で鋳造されている座像が祀られた「黄金仏寺院」は連日参拝者が訪れる有名な寺院です。

プーカオトーン(ワットサケット)

プーカオトーン(ワットサケット)

バンコク穴場スポット、黄金の山、ワットサケート内プーカオトーン山に登れば150年前の風景が見えるかもしれません