スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

困った・不思議Q&Aスペシャル 交通事情編

気になるバンコクのあれこれ、お答えいたします!

サワッディーカー、バンコクナビです!初めてバンコクに訪れたときに一番驚いたこと・・・。それがバンコクの「交通事情」です。タイのスワンナプーム国際空港に到着しホテルまではタクシーに乗っていったのですが、タクシーの凄まじいスピードに驚き、長く延びた渋滞のようすに呆然としてしまいます。何度かバンコクを訪れたことのある方は経験済みかもしれませんが、まだビギナーの方にもわかりやすく『困った・不思議Q&Aスペシャル 交通編』をご紹介していきます!

Q. タイの道路は左側通行?右側通行?

マナーの悪いバイクの運転手は逆行してくるときがあるので注意

マナーの悪いバイクの運転手は逆行してくるときがあるので注意

A. 『左側通行』です!初めてタイで車に乗車する際に違和感無く乗ることができるのも、日本と同じ「左側通行」だからでしょう。大半の車が右ハンドルというのが一般的で日本と同じです。でも、ここで落とし穴!渋滞が付きもののバンコクの道路では隙間があれば反対方向にピューピュー走ってくるバイクが時々います。タクシーやバスに乗車する際には車の後ろだけでなく、前のほうにも気を配って乗り込みましょう。

Q. 横断歩道の信号が短い?

信号のせいで渋滞することも

信号のせいで渋滞することも

A. はい、そうです。バンコクの横断歩道の信号は赤、青と日本と同じですが、色が変わる時間がバラバラで気をつけていないといつの間にか赤になっています。また信号は青なのにバイクが走ってきたり、青信号に変わるのを待っている自動車が進んできたりと何かと危険です。旅行者のみなさんは歩道橋があればそちらを渡るようにして、なるべく横断歩道は渡らないほうがいいでしょう。

Q.  歩道は安全?

こんなに細い歩道も渋滞中だとバイクが走り去ることも・・・

こんなに細い歩道も渋滞中だとバイクが走り去ることも・・・

A. いいえ、絶対安全とは言い切れません。むしろ危険度が増す場合もあります。バンコクでは意外に自転車をあまり見かけません。自転車があまりないので安全化と思うのですが、実はそれより恐い脅威が歩行者を襲います。それが「バイク」です。特に一般道が渋滞になったときには前からも後ろからも渋滞を回避するために歩道を走行するバイクが増えます。歩行者が第一の歩道であるべきなのですが、マナーの悪い運転手が歩道を猛スピードで走り去ることも度々あります。普通に歩いている分には心配ありませんが、いつでも周囲に気を配って歩いていると危険を回避できます。

Q. タクシーはどこで乗る?

手を下にさげてタクシーを呼びます

手を下にさげてタクシーを呼びます

A. 「空車」であれば大抵の場所(※)で乗車可能です。タイに来て便利だな、と思えるのがどこにいても見つかる「タクシー」です!バンコクのタクシーは日本とは違い車体がカラフルな色になっているためどこからでも発見できます。フロントガラスの左側にあるライトが赤く光っていたら「空車」です。どのタクシーに乗っても同一料金ですが、稀に旅行者を狙ってメーターを作動させない悪質運転手がいますので、乗車の際はメーターが作動しているか確認してください。
※公共バスの停留所前や信号の手前では車の乗り降り禁止の場所があります。

Q. バスってどうやって乗るの?

停留所にぴったし寄って停まるバスがあるので道路には近付き過ぎないうように気をつけてください!

停留所にぴったし寄って停まるバスがあるので道路には近付き過ぎないうように気をつけてください!

A. タイ人にとっては日常の交通手段の一部である公共バスですが、旅行者にとっては少し難しい乗り物でもあります。タクシーと同じように停留所で乗車することを手を下におろして示すとバスが止まり乗り込みます。乗り込むと料金を徴収に来ますので、行き先を伝えて料金を払います。バスを降りる際はベルを押して運転手に伝えます。日本と違ってバスでもスピードも出すのでいつでも何かを掴んでいてください。また走行中であっても、降りる前にはバスが停留所で止まる前にドア付近で待機しなければならないので注意してください。

Q. 高速道路はありますか?

A. あります。高速度道路に乗る前に料金を払います。タクシーの運転手が金額を教えてくれるので、その通りに渡します。高速道路ではさらにスピードを出す運転手もいるので、しっかり掴まっていてください。

Q. 渋滞中に窓を拭いてくれた人に料金を払うべき?

A. 払っても払わなくてもいいです。渋滞中にタクシーに乗っていると、どこからともなく人が寄ってきて車のフロントガラスを拭いてくれたりします。ほかには花やお菓子を売りにきたりしますが、どれもご自身の気持ちですので買ってもいいですし、買わなくてももちろんOKです。

Q. タクシーにチップはあげる?

A. タクシーにチップ制度はありません。ですが、とても親切にしてもらったり、重い荷物を運んでくれた際などにお礼を込めてチップをあげたり、お釣りをあげたりするのはいいでしょう。しかしタイ人同士ではチップをあげるということはほとんどないので、特にチップをあげる必要はないようです。

Q. タクシーは何人乗り?

A. 各自動車の乗車可能定員数と同じだけ乗ることができます。でもバンコクでよくみかけるのが、人数オーバーにも関わらず乗り込む学生や若い人の姿です。前座席に1人のところを2人、後部座席に3人のところを5人で乗るなどメチャクチャです。規定の定員数しか乗ることができませんので、悪い手本を真似しないようにしてください。また、車種によって4人以上乗ることのできるタクシーも少ないですが一応あります。

Q. 渋滞は何時頃がピーク?

A. 大体、朝の通勤時07:00~09:00、帰宅時17:00~20:00までがまず毎日渋滞しています。しかしこれもまた大体で、朝夕でなくても一台車が故障して停まっているだけで大渋滞を引き起こすのがバンコクの道路です。また道によって慢性的に渋滞を引き起こすところもありますので、バンコク内でいつ渋滞に遭遇しても諦めるしかありません。

Q. 渋滞を回避する方法は?

A. 車での移動の場合は「ない」、と考えていただくといいでしょう。もし一度も渋滞にあわなかったとしたら相当な幸運の持ち主です!バンコクの渋滞を避けるためには単純に「車に乗らない」ということです。なるべく電車(BTS、MRT)を利用して、車での移動は必要最小限に抑えることです。また朝夕の車はまず渋滞するのでそのときは車に乗らないようにします。

Q. モータサイ(バイクタクシー)ってどうなの?

A. タイ人にとっては移動の足です。渋滞が悩みの種でもあるバンコクの道路ですが、いつものことだと慣れているタイ人や、タイ人と同じような生活を送る外国人の人々はモータサイを毎日使っています。料金が交渉制ですが渋滞中の車と車の間をすーいすい進んでいけるため時間に終われている人や待つのが嫌いな人にはあっています。それでもヘルメットも被らずぐいぐいスピードを出すので事故を多いとか。旅行者はなるべく乗らずに安全な交通手段を選んだほうがいいでしょう。

Q. MRTやBTSも混む?

日本と同じく通勤帰宅時間は特に混みます

日本と同じく通勤帰宅時間は特に混みます

A. はい、時間帯によって混雑します。MRT(地下鉄)もBTS(スカイトレイン)も日本と同じで朝の通勤時と帰りの帰宅時には大変混雑します。日本のように駅員さんが車内に押し込むというようなことはありませんので、満杯になったら次の電車に乗らなければなりません。MRTは二重扉になっていますがBTSは安全扉のような柵がありませんので、混雑時には人ごみに押されないように十分注意をしてください。ちなみにスワンナプーム国際空港からバンコク市内を結ぶエアポート・レール・リンクも通勤帰宅ラッシュ時は混み合いますのでご注意ください。

Q. MRTにもBTSにもプリペードカードがありますか?

A. あります。旅行者のための一日パスや、チャージ式のカードなどがあります。学生割引のカードや、30日乗り放題のカードもあります。MRTやBTSをよく利用する方はカードを持ち歩いていると便利です。時間によって駅内は混みあうためチケットを買うのも時間がかかる場合があります。

Q. 駐車場はどこにでもある?

隙間が無いほど埋まる駐車場

隙間が無いほど埋まる駐車場

A. 駐車場がないところもあります。人気のある店でも駐車場がない場所もあります。また料金制の駐車場というのはほとんどなく、大体が店の近くに路上駐車をします。タイは車社会でもある国ですので駐車の仕方も工夫が必要です。バンコクにきて初めてみたときに驚いた駐車方法があります。車がビッシリ駐車している目の前に横付けしてさらに車を止めるのです。では「先に止まっていた車はどうするのか?」ということですが、これはさらに驚きです。横付けした車はサイドブレーキを予め緩めてあるので、車を出したい人は前に停まっている車を手で押してスペースを作り、その開いた隙間から車を出します。駐車場が十分でない代わりに工夫をして車を停めているのですね。

Q. 車のナンバーが赤いのはなぜ?

A. ナンバーが赤い車は新車です。たまにナンバーが赤くなっている車を見かけます。これは「新車」であるためで3ヶ月間が過ぎると通常の色に替えるそうです。

いかがでしたか?バンコクの交通事情は日本とは異なる点が多く、ためにイライラするような状況にも遭遇するかもしれません。少しでも交通事情について知り、便利に行動できるように工夫してみてください。
関連タグ:交通事情

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-12-01

ページTOPへ▲

関連記事

困った・不思議Q&Aスペシャル 買い物編

困った・不思議Q&Aスペシャル 買い物編

気になるバンコクのあれこれ、お答えいたします!

困った・不思議Q&Aスペシャル 宿泊編

困った・不思議Q&Aスペシャル 宿泊編

気になるバンコクのあれこれ、お答えいたします!

困った・不思議Q&Aスペシャル 観光関連編

困った・不思議Q&Aスペシャル 観光関連編

気になるバンコクのあれこれ、お答えいたします!

困った・不思議Q&Aスペシャル 食事編

困った・不思議Q&Aスペシャル 食事編

気になるバンコクのあれこれ、お答えいたします!

困った・不思議Q&Aスペシャル 生活編

困った・不思議Q&Aスペシャル 生活編

気になるバンコクのあれこれ、お答えいたします!

その他の記事を見る