9月10月のタイ・バンコク【2018年】

雨季終了→ハイシーズン!


サワッディーカー、バンコクナビです!日本では台風や残暑が大変なようですが、タイの9月は年間を通して最も降雨量が多い“ザ・雨季”な感じの一カ月。そして、10月は雨季が終わって乾季(少し涼しくて雨が降らない)という観光のハイシーズンに突入する付きです。祝祭日やフェスティバル、イベントなども多くなってくる時期でもあります。それでは早速、9月と10月のタイ・バンコクをご紹介します!

2018年9月・10月のタイ祝祭日



*タイの9月は、祝祭日・国民の休日は特にありません。

10月15日(月)プミポン前国王記念日(10/13土)の振替休日
ラーマ9世・プミポン前国王が逝去された日です

10月23日(火) チュラロンコーン大王記念日 (ワン・ピヤマハラート)
1968年に王位に就き、奴隷制を廃止し、中央集権化はじめタイの近代化に多くの功績を残したラーマ5世チュラロンコーン大王の逝去日です。ラーマ5世は、今もタイの人々から愛されており、レストランや商店などには、現在のラーマ9世と並んで写真が飾られている光景がよくみられます。チュラロンコーン大王記念日には、旧国会議事堂前のチュラロンコーン大王騎馬像の前で、大王の生誕日のテーマカラーであるピンク色のバラを捧げるイベントが開催されます。

9月・10月の天気予報



9月は、毎日のようにスコールが降り注ぎます。特にバンコクでは、朝や昼はカラッと晴れているのに、夕方から夜にかけて急に雨が降るというケースが多いように感じます。急な雨にも対応できるよう、屋外を旅する場合は折り畳み傘が必須です。日中は相変わらず暑いですが、朝晩に雨が降ると気温も少し下がるので、温度の変化にも気を付けましょう。
そして10月は、雨季が終わる月なので降雨量がぐっと減ります。年末に向けて過ごしやすい気候のベストシーズンが始まります。ちなみに、暦上雨季が終わるとされる「出安居(オークパンサー)」は10月24日(水)です。では、10月の天気予報です!


【バンコ ク(タイ中部)】
最高気温: 32 - 34℃ 
最低気温: 24 - 26℃
平均湿度: 75 - 85%
平均降水量:160 - 200 mm
降水日数: 12 - 15日





【タイ北部(チェンマイなど)】
最高気温: 31 - 34℃
最低気温: 22 - 24℃
平均湿度: 70 - 80 %
平均降水量:90- 120mm
降水日数: 9 - 12日

【タイ東北部】
最高気温: 31 - 33℃ 
最低気温: 22 - 24℃
平均湿度: 65 - 75 %
平均降水量:90 - 120mm
降水日数: 8 - 11日

【タイ東部(チョンブリなど)】
最高気温: 31 - 34℃
最低気温: 23 - 25℃
平均湿度: 75 - 85 %
平均降水量:190 - 230mm
降水日数: 14 - 17日

【タイ南部、東海岸】
最高気温: 31 - 33℃ 
最低気温: 23 - 25℃
平均湿度: 80 - 90%
平均降水量: 220 - 270 mm
降水日数: 16 - 19日

【南部、西海岸(プーケットなど)】
最高気温: 31 - 33℃ 
最低気温: 23 - 25℃
平均湿度: 85 - 95%
平均降水量: 300 - 400 mm
降水日数: 20 - 23日

9月・10月の注目トピックス:中秋節&菜食週間


9月24日(月)中秋節 ※休日ではありません
「中秋節」は、華僑の多いタイで街中が賑わうお祭りです。日本でいう「中秋の名月」「お月見」の日ですね。バンコクでは8月中旬頃から、有名ホテルやレストランがここぞとばかりに力を入れた多種多様な月餅がデパートなどに並びます。ドリアン入りやマンゴー入りなど、タイならではの月餅があるので、試してみて下さいね。

マンダリンオリエンタルホテルの月餅は高級感あふれてます(写真は去年のものです)

マンダリンオリエンタルホテルの月餅は高級感あふれてます(写真は去年のものです)

ハーゲンダッツも月餅を販売(写真は去年のものです)

ハーゲンダッツも月餅を販売(写真は去年のものです)



10月9日(日)~10月17日(月)菜食週間 ※休日ではありません
「齋(ジェー)」と呼ばれる菜食習慣、ベジタリアン・フェスティバルです。タイ全土で行われ、中華系タイ人をはじめ多くの人々が身心ともに清めるために、肉や魚を 食べない菜食生活を送ります。ギン(食べる)・ジェー(精進料理)は期間中10つのルールがあり、これを守ると願いが叶い心身共に健康になるといわれています。期間中は、ヤワラート(中華街)を始め、街中の通りに菜食の屋台が並び、スーパーでも特別に菜食のカップヌードルなどの製品が置かれます。タイ人にとって、とても身近な菜食、ぜひ旅行者の方も参加してみてくださいね。ちなみに、ベジタリアン・フェスティバルの本場(?)、プーケットでは物凄い光景が見られます。詳しくは下のリンクをチェックしてみて下さいね。以下、菜食のルールです!



『齋(ジェー)』のルール
1. 身体を清潔に保つ
2. 台所を清潔に保ち、ギン・ジェーに参加しない人と器具など別々に使う
3. 期間中は白い服を着る
4. 肉体的にも精神的にもよくふるまう
5. 肉類を食べない
6. 異性と肉体の接触をしない
7. アルコールを飲まない
8. 喪に服している人は参加しない 
9. 妊婦は参加しない
10.月経中の人は参加しない

9月・10月のホットスポット:中華街


バンコクで、中秋節とベジタリアン・フェスティバルの中心地と言えばヤワラート(中華街)。この機会に、ヤワラートに遊びに行きましょう!日本の中華街よりも広く、多種多様な商売が見られます。金(ゴールド)を売買する、銀行ならぬ金行や、漢方薬や乾物のお店、そして屋台やレストラン!ヤワラートはバンコクの中でも、新鮮なシーフードが安く美味しく楽しめる街として有名なんですよ。
乾物が色々売られています

乾物が色々売られています

ドライフルーツもたっぷり

ドライフルーツもたっぷり

中華街といえば生ザクロジュース!

中華街といえば生ザクロジュース!

9月・10月のオススメお土産ショップ:サイアムディスカバリー


2015年にリニューアルしたお洒落デパート「サイアムディスカバリー」は、あの佐藤オオキのnendoが手掛けただけあって、ゴージャス感があるのにシンプルで機能性が高いのが特徴です。中でもオススメは、4階にある「Discover Thai」の一画。タイが誇るメイド・イン・タイランドの商品が、雑貨から日用品、食品やスパグッズなど揃っています。定番のタイ土産から、ちょっとセンスのいい一品があってオススメです。
女子心をくすぐタイ雑貨!

女子心をくすぐタイ雑貨!

タイ北部の民族雑貨も。欲しい!

タイ北部の民族雑貨も。欲しい!

トゥクトゥクの置き物。手のひらサイズです。

トゥクトゥクの置き物。手のひらサイズです。

フードコートも洒落てます。

フードコートも洒落てます。

タイ料理の素は、お土産に最適。

タイ料理の素は、お土産に最適。

“ザ・土産物”なタイ観光地Tシャツ。でもなんか可愛い!

“ザ・土産物”なタイ観光地Tシャツ。でもなんか可愛い!

9月・10月のイベント情報


9/13~16「フード・ワンダー・フェスト」(サイアムディスカバリー)
9/20~22「ビヨンドビューティASEAN・バンコク2018」(インパクト)
9/22・23「フィット・フェスト2018」(サイアムパラゴン
10/3~5「韓国エキスポ2018」(バイテック・バンナー)
10/25~28「アマリンBaby&Kidsフェア・セレクト」(バイテック・バンナー)
10/30~11/1「COSMEX 2018」(バイテック・バンナー)
*他にも、イベント情報が分かり次第、ナビの「最新ニュース」コーナーにアップしていきます。




いかがでしたか?中秋節やベジタリアン・フェスティバルなど、街を挙げたイベントやお祭りが盛り沢山のタイ・バンコク。遅い夏休みを取る方や、連休を利用して旅行を計画している方など、ぜひタイ・バンコクに遊びに来てくださいね。以上、バンコクナビでした!



上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-09-08

ページTOPへ▲

その他の記事を見る